LINEが新規上場決定!LINEは赤字会社だったんですね。さて申し込む?

LINE新規上場

【追記2016.7.14】LINEがアメリカで上場しました!公募価格に対して28%のプレミアムがつき、そのあとは公募価格の3割を超える値段で取引されています。これは、東証の上場も期待できますね!<ここまで>

LINEの新規上場は、3度目の正直で上場が決定しましたね。東証が承認しました。

上場日は7月15日(金)です。いよいよ、今年最大の注目株の上場です。おそらく東証1部への上場となるでしょう。

早速、財務情報などをチェックしてみました。売上1,200億円というのは今までニュースなどでも出ていたんですが、・・・LINEは赤字会社のようです。

スポンサーリンク

LINEの新規上場情報

LINEは赤字だった!

LINEは、2015年決算では1,200億円の売上に対して、76億円の純損失となっています(その前の期は、42億円の黒字)。

LINE利益

意外にも、お金を稼げていないんですね。損益計算書を読むと、従業員の給料や決済手数料・ライセンス料が大きくウェートを占めています。

ちなみに、決済手数料・ライセンス料は300億円支払っています。スタンプ等の販売をしていくのに支払う手数料は思いのほか大きいんでしょうかね。

財務は大丈夫?

純資産÷資産で分かる、いわば会社の健全性を読む指標・自己資本比率ですが14%と低い数字でした。キャッシュ(現金及び現金同等物)は336億円と豊富にあるように思いますが、短期負債が430億円あります。

個人的には一番重要と思っている利益剰余金は▲192億円と全然よくないですね。パッと見た財務診断では、財務は万全とは言い難いようです。

キャッシュフローで重要な営業活動によるキャッシュフローは、69億円のプラスとここはいいですね。営業キャッシュフローまで赤字だと、LINEダメじゃんの疑念が更に膨らむところでした。

上場日はいつ?

7月15日ですブックビルディング期間は、6月28日から7月8日の期間です。この間に申し込む必要がありますね。この日までに、証券会社の口座を開設しておくとLINEの新規上場株を艇に入れるチャンスを得ることができます。

証券口座の開設は、マイナンバーの控えを求められたり、面倒な部分もあります。しかし、持っておくとIPOに参加したり、資金移動を無料にするツールにも使えるので、持っておくと何かと便利ですよ。

LINEは赤字でも申し込む?

LINEは赤字会社で財務がめちゃくちゃいいわけでもないです。LINEの利用者は2.18億人と日本人口の倍くらいの人が利用しています。でも、ここ最近は利用者も伸び悩んでいますね。私もLINEは、ほとんど使わなくなっています。便利なんだけど、ほかの代替手段も多いですしね。

LINE2億人

  • LINE 2億1,840万人
  • Twitter 3億2,000万人
  • Facebook 15億9,000万人
  • Instagram 4億人

ほかのTwitterやFacebookなどのSNS銘柄と比較したときには、売上規模もLINEは小さいですね。

前期だけが赤字というのであれば、さほど問題ないでしょう。今後の成長をどう作っていくか、そのビジョンを明確に出してほしいなぁーと。

株価が上がっていくのは、期待だけではなく、利益をきちんと出し続けることができる会社だと思います。期待先行の企業の株価は厳しいものがあります。

例えば、Twitterは赤字続きの会社ですが、Facebookは広告売上が好調です。

両社の株価ははっきりしています。ブルームバーグで調べてみました。

LINE(ツイッターとフェイスブックの株価)

青線がフェイスブックで、黄色線がツイッターです。

ツイッターの株価は右肩下がりですが、フェイスブックは利益とともに順調に右肩上がりです。美しいですね。

申込はします

今後、安定して利益を出すことができれば、株価も順調に上がっていくでしょう。今回の新規上場では、期待を込めて申し込んでおこうと思います。

幹事会社はこちらです。

  • 野村證券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券(カブドットコム証券委託)
  • ゴールドマンサックス証券
  • JPモルガン証券
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • SMBC日興証券
  • SBI証券
  • 東海東京証券 
  • マネックス証券

カブドットコム証券マネックス証券など主要なネット証券会社は口座を開設してLINEの新規上場に臨みましょう。

思ったよりも利益水準の低い事業なんですね。今後、広告やLINEモバイルなどが寄与してくれればいいですね。

今年最大のIPOLINE」がついに上場です。7月15日が待ち遠しいですね。

想定価格は2,800円~3,200円(28万円~32万円)となっています。上振れしましたね。やっぱり、期待は大きい!

【追記①】2,900円~3,300円に仮条件引上げ!なかなか強気ですね。

【追記②】3,300円、東証一部上場に決まりました!

時価総額6,900億円です。今年最高の上場案件となりました。

では。

LINEの上場は48%も上がりました!!

無料通話アプリを提供するLINEが日米に上場しましたね!日本では東証1部に上場し、公開価格3,300円に対して、初値は4,900円と公募価格を48.4%を上回って上場しました。初値...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly