結婚するまでにどのくらい貯金しておくべき?貯金なしでも結婚はできるけど・・・

By: Purple Sherbet Photography

結婚した直後に全然お金がなくて、忘年会やら飲み会などキャンセルしてたあのみじめさは今となっては懐かしい思い出です。

結婚するにはお金がかかりますよね。

どのくらいの貯金があればいいと思いますか。

これから結婚される方は、貯金しておくに越したことはありません。

貯金がないから結婚しないというのも変かもしれませんが、結婚までの貯金額はお金との付き合い方にも関わるのかなぁと振り返るとそう感じます。

By: Purple Sherbet Photography

スポンサーリンク

結婚にはお金がかかる!

結婚するとかなりお金がかかります。

婚約指輪、結婚指輪、結納、前撮り、結婚式・披露宴、二次会、新婚旅行、新居への引っ越し、家具家電などの生活用品・・・ 代表的なものだけでもすごいお金がかかりました。

大手結婚情報誌ゼクシィによると、結婚式にかかる費用は平均333.7万円

婚約関連に相場160万円。式後のイベント費用(新婚旅行など)に相場70万円

新生活にかかる費用は相場78万円

合計すると、641.7万円

我が家も毎回ゼクシィ買って読んでましたわ。 600万円以上ものお金、そう簡単に用意できるものではありませんよね。

ご祝儀で結婚式費用は賄えない

結婚式費用はご祝儀で賄えるよ。

結婚式をする前は、友人知人からそのように聞いていたので、そんなものなのかなって思っていました。実際は、ご祝儀で賄えるどころ相場100万円以上の持ち出し。

もちろん、挙式内容や招待する人数にもよるとは思いますが、ご祝儀をあてにした結婚式はちょいと危ない橋であることは知っておいたほうがいいかもしれません。

新居への引っ越しにもお金がかかる

我が家が結婚を決めたときの二人の貯金額は280万円くらいでした。妙にリアルですね。まぁそのくらいです。 はい、全然足りませんでした。お金。

我が家の場合は、結婚式をする1年前に新居に引っ越しをしました。

このときに敷金や引っ越し代などで約60万円くらいの出費。220万円からのスタートです。 そして、1年間二人で必死こいて貯金をしました。

新居は賃貸で家賃も7万円くらいのところ。固定費を抑えて、貯金できるようにしました。 なんだかんだで結婚式をする前には500万円近い貯金ができていたと思います。

予備資金も用意しておこう

それでも、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居引っ越し時には買えなかった家電の購入などをすれば、お金はすっからかんになりました。

結局、家具を買うお金はほとんど残っていなかった状態。 我が家がこのときに思ったのは、貯金のない恐怖です。

お金を使った楽しみがすぎると単なる恐怖しかなかったのです。

貯金がないということ事実が行動の選択肢を狭めました。

どこに行くにもお金はかかりますが、我慢の連続でしたわね。

最低でも50万円くらいの貯金は残しておくべきだと思います。

お金の問題は常についてくる

結婚して家庭を持つと、お金の悩みは常についてきます。

お金、お金って言うのもアレですが、避けては通れない話です。

我が家はお金のことは真剣に考えます。 保険かけるのにもめちゃくちゃ調べますし、住宅ローンを借りるときもめちゃくちゃ調べました。FPに保険の相談をしたこともあれば、自分でFPの資格も取りました(2級だけど。1級は実務経験必須なので無理)。

結婚前に貯金ゼロ・・・さまざまな理由はあるかと思いますが、それははっきり言ってお金の管理能力を鍛える必要があります。

貯金がすべてではないにしろ、わずかでも貯金はしていくべき。 貯金は生活をするためのクッションのような存在。

何かあった時に対応できるのも、貯金です。現金です。

結婚当初にお金がなくなった時からの決意

結婚した後には、家計危機宣言たるものを勝手に言っていましたが、お金がなかったので飲み会とかは参加しないようにしていました。

そのくらいギリギリの生活だったんですよね。 今思うとこれはすごーく情けなかったです。 だから、貯金はしっかりしよう。 結婚式はある意味お金のことを考えるうえでとても重要なイベントでした。

独身時代は本当に貯金黄金期。

貯金の貯め時ってある?貯金黄金期である独身時代から積立貯金癖をつけていこう!
積立貯金をしていますか?それを継続できていますか? できてるよ!と即答できた方は、素晴らしい!!積立貯金額を増やす方法を考えていこう。 今日は独身だけど全然貯金できないやって人...

今だからこそ思う準備の大切さ

当時はどのクレジットカードが節約に強いか、どうやって家計を運営していけばいいのか、全然わかっていませんでした(今も分かっているとは言いませんが)。

今だったら、楽天カードは便利だよねなど分かったりもしていますが、お金に無知だったと思います。

でも、振り返るとそれはお金を作っていくというスタートに遅れていることなんだな、って思います。

今では、就活をしていたときに投資信託の話をしていた同僚は、すごいなと感じます。当時、投資のことはちんぷんかんぷんだったので、投資信託って何?という記憶だけが残っています。 貯金がなくても結婚はできます。

投資信託の勉強をして、今人気のセゾン投信を活用し始めました。

でも、貯金があって結婚するほうがいいに決まっています。 最低でも結婚前に300万円。夫婦になる二人で貯めておくべき数字かな、と。

イベントごとは楽しい。でも、お金もかかる。 だったら楽しむために貯めてやりましょう。 コツコツ貯金をしていく癖がつけば、苦労は小さくなります。 初心に戻って、我が家もコツコツ貯金を積み上げたいと思います。ただ、貯金だけの生活にはならないように注意も必要。 バランスよくするのが人生を楽しむために必要なこと。

今になってそう思います。

では。

3年で貯金500万円をするために我が家が実践したたった一つのこと
こんばんわ。ジンです。 今年も残すところ、いよいよ残り1カ月ですね。年初に立てた貯金目標は達成しそうですか。 我が家は・・・ごにょごにょごにょっとそれは年末に記事にしたいと思い...

コメント

  1. ボバ より:

    北海道は本州と異なり会費制の為、会費=料理で全て消え去り完全なる持ち出しで結婚式を行う事が殆どです。
    私も結婚するまでは散財するダメ人間だったので結婚で僅かな貯金も使いきってしまった苦い思い出が有りますw

    ジンさんの仰る取り、結婚は式だけでなく、引っ越しや家具などその他の出費がかさみますよね(゚A゚;)
    300万円。私もそれぐらいは必要だと思います。

    • ジン より:

      ボバさん

      北海道は会費制なんですか。初めて知りました。持ち出し必須なのですね。
      地域によっても結婚式も違いますね。

      結婚式・・・たまにしなくてあのお金は貯めてたほうがよかったんじゃないかって思うときあります。
      ま、やってよかったですけどね。大金飛びますね~。

  2. 浪人 より:

    結婚も子育ても全て自分が望み決断した事。
    自分が望んだ事で悩んだり、優先的にお金を使えるのは恵まれている。
    とても幸せな事です。
    一度の人生、そういう生き方が出来る事に感謝しないといけないですね。

    • ジン より:

      浪人 様

      いい言葉です。一度の人生、後悔したりすることもあるけれど、感謝を忘れずに生きたいです。

  3. モコ より:

    今どきの30代は財布の紐が固いと思っていましたが・・・
    総額約640万も掛けるんだ、すごい金額ですね。

    モコ、モコ夫も超現実主義なので、
    披露宴と新婚旅行に費用は掛けず、そのかわり新生活に重点を置いたかな、
    同時、私が嫁入り道具として持参した家具類は今も全て使っています。
    ちなみに・・・・新婚旅行は「県内二泊三日の旅」でした(笑)

    そうですね、やはり結婚前に300万、
    できれば500万位貯蓄してあると良いな~

    • ジン より:

      モコ さん

      ご無沙汰しております。
      新生活に重点を置く。すごく賛成です。私自身はそのほうがいいと思います。提案しましたが却下されましたが。
      結婚式はお金かかりすぎなんですよね。その分、次の生活に充てるほうがいろいろとプラスな気がします。
      式をすること自体は良かったですけどね。

  4. しらいゆうき より:

    結婚に640万も掛かると言っても、自前で用意している人はどれくらいいるんですかね?

    以前も話しましたが、私の知り合いでも、60過ぎた人が、結婚した娘の車代・任意保険・果ては高速代まで負担しています。

    ズボラ代表としては、「貯金なんてなくてもいいのでは?」と思ってしまいます(*^_^*)

    ちなみに私は貯金100万ぐらいでした。

    結婚に当たって使った金額は・・・何十万かです。

    • ジン より:

      しらいさん
      確かにそうですね。高速代までってどこまで甘やかしているんでしょうね。
      そうすることで、金銭感覚を養えないってのが分からないでしょうね。