mineoを使っておすすめできる10ポイント。auユーザーならmineo一択でもいいくらい

mineo(マイネオ) Green and White Mobile Product Flyer-min

我が家はauでしたが、通信費を抑えるためにmineo(マイネオ)を利用しています。

mineoを始じめたことで月5,000円以上の通信費の節約を実現できました。1年目は割引キャンペーン利用で月6,000円以上節約できています。

年間60,000~72,000円ですからね。家族旅行に行ける金額です。そのため、旅行を年1回増やすことができました。

auを利用しているときは、価格以外はとくに不便もなかったのですが、通信料の高さになんだかもやもやした気持ちを持っていました。

一方で格安SIMというのは知っていたものの、不安がありました。

実際使ってみると、もっと早く変更しておけばよかったと思えるくらい快適です。何より安いです。

今なら、2018年1月19日から5月8日まで6か月間毎月900円割引の100万回線ありがとうキャンペーン実施しています。≫ マイネオを今すぐ見てみる

スポンサーリンク

mineo(マイネオ)をおすすめする10のポイント

使ってみて感じたmineo(マイネオ)のおすすめポイントを10個まとめてみました。

mineoおすすめ 10ポイント
  1. 通信費(携帯料金)を安くできる(月1,310円~)
  2. ドコモ・auの回線に対応している
  3. 店舗があるので相談しやすい
  4. 家族契約で安くなる
  5. 余ったデータ容量を翌月に繰越できる
  6. 最低利用期間・解約違約金がない
  7. フリータンクで月1GBまでもらえる
  8. 有料オプションが少なく分かりやすい
  9. mineoでんわで通話料も安くなる
  10. キャンペーンがお得

個別に見ていきましょう。

通信費が安い

マイネオ 5000円節約

まずは、何よりも格安SIMの魅力である価格の安さです。

音声通話付きプランでも、月3GB でも1,510円にしかなりません。

格安SIMは、音声通話のないデータ通信のみのプランもありますが、キャリアから移行する場合、音声通話付きでいいでしょう。

下記はauプランの場合の料金。docomo回線を利用するdプランもほぼ同じです。⇒mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)料金

私は3GB以上は毎月コンスタントに使っていたので、6GBプランにしました。

それでも、月2,190円で済むのでずいぶんと安いです。

ちなみに、基本データ容量は、毎月25日までであれば、無料で変更が可能です。

大手キャリアを利用する場合は、留守番電話など標準的なオプションを付ければ月6,000円以上払っていることが多いと思います。

それを半額以下にすることができるのは魅力ですね。

docomo回線のデュアルタイプ(dプラン)は、若干高くなっています。

マイネオ36 ドコモ料金プラン

mineo dプラン

月5,000円の節約は大きいですね。家計に余裕が生まれます。

≫ auのiPhone6からマイネオにMNPで乗り換え体験談。月6GB利用でも5,000円の節約に。

ドコモ・auの回線に対応している

格安SIMの多くは、ドコモ回線を利用しています。

mineoはドコモ回線とau回線にも対応しているので、auユーザーも気軽に乗り換えすることができますね。

実際、私はauユーザーでしたので、格安SIMを検討した際にはほぼmineo一択という感じでした。

他キャリアの回線の場合、「SIMロック解除」という手続きが必要ですが、auを使っている端末であればau回線をそのまま使うので、SIMロック解除という手続きが不要となります(ドコモ端末はdプラン)。

au(Aプラン)とdocomo(Dプラン)の違い

mineoを利用する場合、auとdocomo回線の両方を使うことができますが、mineoを運営するケイオプティコムは関西電力系の会社で、KDDIと固定電話などで連携しています。

そのため、au(Aプラン)のほうがDプランより安くなっています。

AプランとDプランの違い

  • 音声通話付きのデュアルタイプ Aプランのほうが毎月90円安い
  • SMS料金が無料(dプランは月額130円)
  • 割り込み通話が無料(dプランは月額200円)

一方、auプランはデザリングができませんが、dプランは可能です。

テザリングしたことないので我が家はauプランで問題なしでした。

店舗がある

格安SIMは自分で手続きをするので不安がつきまといます。

そんなときに店舗ショップがあるといいですね。

我が家がmineoにした理由の一つに、「店舗で相談できる」というのはとても魅力的でした。

マイネオ39 店舗

出典:mineo

実際は自分で簡単に手続きができましたので、店舗に行くことはありませんでしたが。分からなければ店舗に行こうと思っていました。

店舗に行く際には予約をしていくと、待ち時間を短縮できます(結構混んでます)。

自分でする手続きは、SIMカードが届いたときの様子を画像付きでまとめていますので、参考にしてみてください。

≫ auからマイネオ移行で年6万円も節約(月6GB)。SIMカードが届いた後の手順解説

家族契約で安くなる

mineoには「家族割」というシステムがあります。

月50円割引が受けられるものです。たった50円ですが、年間にすると600円です。夫婦なら月100円×1,200円の節約になるので、地味にうれしいですね。

あとは、「複数回線割引」があるので、タブレットや2台持ちの場合にも安くなります。手持ちのiPadを使ってみようと思います。

余ったデータ容量を繰越できる

mineo(マイネオ)IMG_7239-min

余った通信容量を翌月に繰越することができます。使うまで全然知りませんでしたが、正直かなりうれしいシステムです。

通信容量は繰り越した容量から先に利用されるのもうれしいですね。無駄がありません。

私は6GBプランなので余裕を持っていますが、月4GB使っても、2GB繰越されるので、サラに余裕を持っています。何気にこのサービスはありがたい。

最低利用期間・解約違約金がない

mineoは最低利用期間がなく、解約違約金がありません。

このため、手持ちの端末で試してみるということもできますね。

ただし、利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)が必要です。

※ 13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)。

フリータンクで月1GBまでもらえる

mineoには、「フリータンク」という独自システムがあります。

要は、余った通信容量を寄付して貯めることができるサービスです。このフリータンクから最大1GB/月をもらうことができます。

マイネオ38 フリータンク

これはあくまで、ユーザー同士の助け合うものです。

また、このほか家族間で容量を分かち合える「パケットシェア」、友達とできる「パケットギフト」もあります。

マイネオ40 パケットシェア

出典:mineo

有料オプションが少なく分かりやすい

キャリアの場合、いろいろとオプションが複雑で分かりにくいのも難点です。

いまオプション入ってくれると安くします。3か月後に解約してもらえれば無料です・・・なんてことはよく言われましたが、忘れるとそのままお金かかっちゃいます。

mineoはオプションもシンプルなので、必要なものだけつけるというのがいいですね。

例えば、留守番メッセージというサービスは、留守番電話で文字で確認できるサービスです。こうした新しいサービスにも対応してくれていますね。

mineoでんわで通話料も安くなる

キャリアでもあるかけ放題プランですが、マイネオでも月額850円で10分かけ放題プランがあります。

我が家は、月850円分も通話することがないので、「mineoでんわ」を利用しています。50%OFFの通話料なので、お得ですね。

マイネオ37 電話プラン でんわ

通話品質はどうなの?というところですが、キャリアのほうが品質はいいように感じます。

ただ、気にするほどでもありません。ちゃんと聞こえますし、ちゃんと伝わります。

キャンペーンがお得

mineoはキャンペーンもお得です。

私も月900円割引(1年間)というキャンペーンがあったので、キャリアの解約料を支払ってでも替えた方がお得だなと思って、mineo(マイネオ)にすぐさま申し込みました。

基本料金の割引キャンペーンを実施しているときはチャンスですね。

mineoのデメリット

mineoに限らずですが、格安SIMのデメリットは通信が込み合う時間帯は遅くなることです。

体感で感じるのは、平日昼12:00~13:00、夕方18:00~19:00です。休日は全く気になりません。

ただ、遅いといっても普通に使えます。「ちょっと遅いかな?」と感じるくらいなので、使っていて全く気になりません(動画を見るワケでもないので)。

ちなみに格安SIMで混雑時でも安定して速度が出るのがワイモバイルUQモバイルです。

auユーザーであれば、au回線が使えるUQモバイルですね。2018年1月15日に総務省で開かれた携帯市場に関する有識者会議では、マイネオなどからサブブランドであるワイモバイル(ソフトバンク)とUQモバイル(KDDI)に対する不満が出たそうです。

正午から午後1時に主要格安スマホの10倍の速度が出ているようです(ちなみにその速度を実現しようとすると、高額になってしまうそうですので、安価でその速度を提供している2社に対して不満が出ているんですね)。

auユーザーなら迷わずmineo(マイネオ)がおすすめ

mineo(マイネオ)のおすすめポイントを10個上げてみました。

mineoおすすめ 10ポイント
  1. 通信費が安くなる(月1,310円~
  2. ドコモ・auの回線に対応している
  3. 店舗がある
  4. 家族契約で安くなる
  5. 余ったデータ容量を繰越できる
  6. 最低利用期間・解約違約金がない
  7. フリータンクで月1GBまでもらえる
  8. 有料オプションが少なく分かりやすい
  9. mineoでんわで通話料も安くなる
  10. キャンペーンがお得

通信費を抑えることができて、サービスもいいmineo(マイネオ)に変えて満足度はかなり高いです。

毎月プランを変えることもできるので、容量が多すぎたり、少なすぎたりすると翌月以降調整することができますね。当月対応は、フリータンクやパケットシェアということもできるので、柔軟な対応ができます。

通信費(携帯料金)を抑えたい、家計に余裕を作りたいという方は、迷わず、格安SIMを利用してみましょう。

mineoであれば、「最低利用期間なし、解約違約金なし」(MNP転出は費用負担あり)なので、使っていない手持ちの端末で試してみるというのもいいですね。

mineo(マイネオ)は使ってよかったです。

ではでは。

今なら、2018年1月19日から5月8日まで6か月間毎月900円割引の100万回線ありがとうキャンペーン実施しています。≫ マイネオを今すぐ見てみる
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly
スポンサーリンク