引越代はここまで下がる!見積もりを比較するときは訪問してもらおう!

photo credit: TheMuuj via photopin cc

ジンです。 新築マンションに引っ越しを予定しているジン家では引越業者を決めないといけません。

2月3月と言うのは引越業界ではいわゆるピークにあたりますので、人の手配、車の手配の関係もあるので早めに抑えておく必要があります。 後、早めに抑えておいて引越のことを荷造り以外考えたくないってのもありますが。 引越業者の営業ってすごいね・・・・。引越業者との闘いをまとめました。

こんばんわ。ジンです。 昨年、我が家は新築マンションを購入しました。 その時には色々悩みました。なんせ初めてのことでしたので、手探り状態。 そんな中で我が家が購入前に確認した...

photo credit: TheMuuj via photopin cc

スポンサーリンク

引越業者の見積もり比較

新築マンションに引っ越しをする場合は、「幹事会社」といって1社の引越業者がマンション販売業者から指定されています。 あまりに複数の引越業者が入ると大変なので、幹事引っ越し会社を決めている訳です。

我が家もお金があるほうではないので、少しでも引越代は抑えたい・・・と思い、幹事会社を含めて3社から見積もりを取ることにしました。

我が家の荷物(大体)

見積もりを比較するうえでの条件はつぎのとおりです。荷物量で引越代は大きく変わるので、参考になれば。 夫婦二人と赤ちゃんなのでそれほどないです。築30年のボロマンションですし。

ダイニングテーブル
ベッド
ベビーベッド
冷蔵庫
洗濯機
テレビ
エアコン
衣類(押し入れ2つ分)

まぁ、大体ですけどこんなもんです。え?質素?お金ないですからね。 あとは生活できるだけの食器や扇風機、ホットカーペットなどもありますが省略。 自分で梱包する一番安いプランです。業者に手伝ってもらうプランはやっぱり高くなります。

一番安いプランの2,3万円は高くなるって。

訪問見積もりの所要時間(目安)

引越見積もりサイトもありますけど、一応そこで値段を見てみて、我が家は訪問見積もりを選択しました。 実際に運ぶ荷物を見てくれないと、見積もりってできないと思いますしね。

訪問して見積もりの時間は、3社とも大体同じで約1時間くらいです。 流れとしては、

①部屋を見る→②引越内容の説明→③見積もりの提示といった感じです。

見積もりのちょいお得

引越業者によりますけど、訪問見積もりをするとお礼をくれます。お礼と言ってもお金ではないですよ。お米とか洗剤とかです。ちょっぴりうれしいですね。契約するわけでもなく、ただ見積もりとるだけなのに。

訪問見積もりの最大の利点とは?

PPW_nigurumawohakobuminicyua500

訪問見積もりの場合は、その場で見積もりを出してくれますので、その場で値下げ交渉が可能です。今回、3社したわけですけど引越業者同士の攻めと言うか結構すごかったです。あんまり詳しくは書かないほうがいいと思うので書けないけど。

今回は大手3社(うち1社は東証一部上場)で見積もりを取っています。

3社それぞれ居合わせているわけではないですが、A社はこうでしたーB社はこうでしたーって話をするので、最後のC社が一番情報が入って見積もり金額が下がりやすいですね。 こんな感じでした。単位は円です。

1回目

業者 見積金額
A社 128,000
B社 95,000
C社 152,000

2回目 A社は2回目以降交渉せず。

業者 見積金額
A社 128,000
B社 90,000
C社 102,000

3回目 C社の下げが半端ないですね。B社の金額を伝えるとその場で上司に確認とって、見積もりを下げていました。

業者 見積金額
A社 128,000
B社 85,000
C社 84,000

4回目 ダンピングすごいね!B社にC社の金額を言ったらさらに下がりました。  

まだ下がるの?!  

3回目の値段提示のときにもうこれ以上無理とか言ってたのに無理じゃなかったのね。

業者 見積金額
A社 128,000
B社 75,000
C社 84,000

幹事会社以外が狙い目

幹事会社以外の引越業者は、本来ならば回ってこない仕事なので結構下げてくれます。 ちなみに、上記ではB社が幹事会社です。A社は連絡することが面倒くさくなって、C社と交渉をしていたわけですが、その場で何回も上司の確認をとっていました。

ジャックスカードでお得に!

ジャックスカード

また、ジャックスカードをお持ちの方は下記の引越業者を選ぶとお得なキャンペーンやっています。 見積もり時にジャックスカードでの支払いを伝える必要があります。

クレカ払いできる説明を受けなかったので我が家は後から言いましたけどダメでした。不親切~。

対象の引越業者は、サカイ引越センター、アート引越センター、ハート引越センターが対象で引越料金が20%OFFになります。

クレジットカード払いができることろを利用するのがいいですね。

dカードリクルートカードが還元率も高くて人気です。

引越業者の営業ってすごいね

引越の営業って大変だなぁって目の当たりにしました。営業はなんでも大変ですけどね。 ちなみにジン家が選んだのは、C社です。  

えっ?一番安いB社じゃないの?

価格だけを見るとB社ですが、配送の車がすべて自社であることや、運送保険(正式な名称は忘れましたが運送業者が必ず入る保険ではなくて家財に掛ける保険)があるC社にしました。

引越の事故率(物の破損など)は業界全体で5件に1件、20%もあるらしいです。

C社は200件に1件らしく、損保から保険加入が認められているということ。 ジン家が払う掛け金は1,000円で200万円まで引越による破損などが補償対象です。

あとは、値段だけで選んでしまうと安かろう悪かろうってなってしまうと嫌だなって。 私も経験ありますけど、値段が安すぎるとそれだけしか払ってもらってないからねってちょっと力が入らないことってあります。あってはならないけど、悲しいかな人間のサガです。

ん?? 営業と現場は違う??

お、おぅ。引越の場合はそうやったね。 もう決めちゃいましたわ。 話聞くの疲れたー。

では。

引っ越し代はクレジットカード払いでポイント貯めましょう。

リクルートカードを申し込んでみる

dカードを申し込んでみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. 凄い交渉ですね(@_@;)

    私はあまり値下げ交渉はするのもされるのも嫌いなので、値下げ交渉された時点で、半分断る体制になります(*^_^*)
    一方で、値切ることもあまりありません。

    A社を外されたのは何か理由がお有りなんでしょうか?

    私は何度も居住場所を変えていますが、引越し業者に引越しを依頼したのは20年以上前です。
    その後も、9回も引っ越ししましたが、一度も業者は使っていないです(*^_^*)

    ひょっとするとこちらの方がサプライズですか?(*^_^*)

    • ジン より:

      しらいさん

      いや、ほとんど交渉してないです。多分、元々の値段がこのくらいだったのかと思われます。

      A社は大手ですけど、連絡取るのが面倒だっただけです。各社お互いの良し悪しを知ってて、悪い点を言ってました。

      すごい引越の多さですね。私は3回目くらいです。一度も業者を使ってないって、えーサプライズですよ!すごい!

  2. すいません。
    誤解がされたようですが、業者を使っていないのは、最後に引越し業者を使ってからの9回の話です。
    ほとんど移動のたびに処分したものが多く、宅急便を併用しました。
    それ以前に家具らしいものが無かったという点もあります。

    それ以前も5回引越ししていますので、都合14回のお引越しです(*^_^*)

    >各社お互いの良し悪しを知ってて、悪い点を言ってました。

    これは問題ですね(;一_一)

    業界自体が硬直化しているのかもしれません。

    某石材業者が建築業界は自社のメリットを宣伝して仕事を取るのに
    石材業界は他社の欠点を上げて仕事を取ろうとすると嘆いていました(*^_^*)

    • ジン より:

      しらいさん
      なるほど〜。そうだったんですね。今は引っ越しの準備で時間もお金もなくなってます(泣)

      引っ越し業者の営業はすごかったです。

      業界業界の慣習てあるんでしょうね。
      うちも家具は少ないですが衣類が多いので面倒です。