あえて100円、200円高い物を買う。年を取るとともに変わるお金の使い方。

By: Pictures of Money

お金の使い方って意識されたことはありますか。

最近、私は「お金の使い方」にちょっとしたこだわりを持つようになってきました。こだわりと言っても、面倒くさいことではありません。

お金の感性って言葉に置き換えてもいいかもしれないんですが、お金を使うときにどんな感情で、どんな満足感を得ることができるか、そういうことって考えたことありますか。

日々、節約節約・・・ってなると心が窮屈になってしまいます。我が家もそんな時期を過ごしましたが、結局、満足するお金の使い方をすることが家族にとって幸せなんだろうって思っています。

スポンサーリンク

お金は単なるツール

お金って不思議な存在で、心を支配しちゃう恐いものでもあり、心を豊かにするプラスのものであったりします。お金のことで夫婦喧嘩をすることもしばしば。

でも、お金は単なるツールなんですが、その使い方次第で心の満足感が全然違うことに気づいてきました。

結婚前のお金の使い方

結婚前、つまり独身のときですけど、給料などのお金は完全に自由です。ただ、私は貯金もしたかったので貯金をし続けていました。

月給は21万円くらい。手取りでは17万円くらいだったと思います。そこから貯金をしようと思うと、必然的に節約しないといけない状況だったんです。

当時は、「お金を増やす」という考えよりは「お金の支出を減らす」という意識が強かったと思います。強かったというよりは、それしか考えがなかったんです。

例えば、500円でのランチ。そこには満足感を得るというよりも、安いからという理由で安いお店を利用したり、コンビニでパンを買ったりしていました。

結婚後のお金の使い方

結婚をしてからは、更に「貯金」をしないと!結婚後のDINKS時代は貯金黄金期です。

このときにどれだけ貯金できるが大事!と、思い貯金を精一杯がんばっていました。収入が夫婦二人で年収約700万円~800万円。手取りでいうと600万円前後といったところでしょうか。

この時のお金の使い方も、独身時代と変わッていなかったと思います。

でも、少しずつお金の使い方が変わってきます。

それは、自分以外のパートナーの考えや意見が入ってくるからです。悪いことではなく、夫婦という家庭を回すための家計、夫婦のお金の使い方が生まれてくるからなんですよね。

夫婦の財布はひとつにするか、別にするかでもお金の価値観、使い方は違ってきます。我が家は一つの財布。その財布を見るために家計簿アプリを使っています。

無料の家計簿マネーフォワードという家計簿アプリが人気です。CMになったりしています。アンケート調査では、90%以上の満足度を得ていますね。利用者も300万人を突破。わたしもその一人。

マネーフォワード

昔だと夫と妻の口座を一目で見るツールなんてなかったですが、今ではいろんなアプリもあって便利ですね。

子どもが産まれた後のお金の使い方

「夫婦だけ」から「子ども」が生まれると、これまた、お金の使い方が変わってきます。

びっくりするくらい変わります。生活もそうですが、お金もまさにこども中心となります。良くも悪くも、子どものためにお金を残そう、使おうという意識が働きますからね。当然のことです。

子どもが生まれてから、お小遣いも見直しました。

夫は月2万円→1万円、妻は月3万円→2万円に減額です。減額した分はこども貯金ですね。

自分たちが自分たちのために使うお金ってのは、正直減っているんだと思います。

精神的に満足感を得るお金の使い方を意識しよう

AdinaVoicu / Pixabay

だからこそ、最近はお金の使い方にもちょっとこだわるようになってきました。

ごはんを外で食べる際にも、「お腹が満たされる」ということだけではなくて、「精神的な満足感を得る」ことも重視しています。

その際に100円、200円高いくらいなら高いほうを選択します。もし、それが精神的な満足を得るのであれば、という条件付きですが。

1,000円で中途半端に満足するなら、あるいは、不満が残るなら、あえて1,100円のものにお金を出すという感じです。

後で不満が残るお金の使い方になると、1,000円損している感覚です。1,100円の100円を増すことで、「1,000円」に価値が生まれるならあえてその選択を取るんです。1,000円はたとえの話ね。

衣服でもそうです。安すぎると結局すぐダメになるんですよ。だったら、多少高くても長く使えるものを買います。冬になるとアウターは、その年その年の流行りがいっぱいありますね。

でも、私は少々高くても5年10年と長く使えるものを買います。いわゆるド定番というやつです。流行りすたりなんてありません。長く愛され、売れ続けるには意味があるんです。

節約と逆行しているのでは?

単純な「支出」ということであれば、高い物を買うことは節約とは逆行した行動です。

何がなんでも高い物を買うわけではなく、いいものをお金を出そうということ。節約は大事です。買わなくてもいいものにお金を使ったりすることってありますよね。

セールだから、買っておこう。今しかないから買っておこう。

それは、本当に必要なものか。

まず、この見極め大事です。欲しい!と思ったら1週間待ちましょう。それでも、ほしかったら本当に欲しいものです。

いいものかどうかの判断

欲しいと思ってもすぐに買うのではなく、それが価格以上の商品かどうかという判断が必要です。この判断がうまくいけば、精神的な満足を得ることができます。

「買った満足」だけで終わると、家で眠っちゃう物になってしまいます。

そうならないためにはある程度経験がいるんだと思います。無駄使い、意味のない商品の購入、お腹を満たすだけの食事・・・。

こうした経験は無駄なわけではなく、これらは満足いくお金の使い方を覚えるためのステップなのだと思います。

100円高くても、満足感が得られるならそれは正解

満足感を買え!

これだと思うんですよね。究極のお金の使い方。人生を、心を豊かにするお金の使い方。

お金は単なるツールですが、そのお金を使って人生や心は豊かにすることができます。

お金の使い方ひとつで人生は変わる。

節約やお金を使い過ぎないこと、貯金をしていくことはとても大事なのですが、そのほかにも大事なことがあるんでは?って、最近思っています。

自分がお金を使うときには、そのお金で何を得ようとしているのか、よく見極めることだよ。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. 佐藤 より:

    自動車を手放すだけで、大きな額を節約できますよね。
    あんなの、維持費のカタマリですもんね。

    • ジン より:

      佐藤様
      車は思い出を作ってくれるものだと思います。でも、そのための対価はあまりにも大きいです。
      私は車を保有していません。維持費高すぎです。カーシェアにするだけでも、かなり節約できますね。