お金は習慣がモノを言う。社会人になる前に知っておくべき3つのこと

3月も半ばが過ぎ、もうすぐ4月です。4月になれば新社会人の方々が入社してきますね。わが社も例年、新入社員が入ってきます。

社会人になると給料がもらえます。今までは、学生という立場ですので、お金を払って授業を受けていたわけですが、今度はお金をもらう番です。労働の対価として、お金をもらうわけです。仕事では、いろんな経験を積むことができますが、失敗してでもお金がもらえるすてきなところです。

失敗はあなたの財産となります。積極的にいろんなことにチャレンジしていきましょう。

さて、社会人になったらお金のことを考える機会も増えてくると思います。特に、給料の使い道は頭を悩ますものですが、知っておくことでお金を減らさないこともできます。

スポンサーリンク

お金は習慣がモノをいう

厚労省の調査によると、大卒の新入社員の平均は200万円~230万円。月額手取りでは17万円ほどです。このお金を最大限、有効に使っていきたいものです。

家計簿をつけて10年以上になりますが、お金の使い方というのは習慣によるものが大きいです。この習慣に対して、お金を払ってしまうと、莫大なコストとなります。

例えば、缶コーヒーを毎日飲む習慣がある人は、1日120円、1か月3,600円にもなります。年間にして4.3万円。そのほか、習慣になりやすいものは、容易に想像がつくと思います。なかなかやめれないものです。この習慣に対するコストは想像以上に大きな金額を支出することになるので、頭の片隅においておきましょう。

絶対にやってはいけないこと

-shared-img-thumb-N112_sukejyurucyouseicyu_TP_V

お金のことで絶対にやってはいけなことがあります。

それは、お金を借りないこと、リボ払いを利用しないこと、お金を貸さないこと。

この3つです。

お金は借りるな

クレジットカードでもキャッシング機能がつけることが条件のカードもありますが、お金を借りることは覚えてはいけません。

例えば、30万円を借りた場合、それを24ヶ月で分割して返済すると、4.5万円も利息を支払う必要があります。30万円預けても、300円くらいの利息しかつかないのに、お金を借りるとあまりにも高い利息を支払うことになります。

キャッシング

これが複利というものですが、欲しいものがあっても、まず自分で貯めてモノを買うという習慣を身に着けたいところですね。

お金を借りてもいいのは、住宅ローンくらいです。それ以外は、借りるべきではないと考えています。

リボ払いはするな

クレジットカードは便利です。現金を持たないで買い物ができるので、ホントに便利です。上手に使えば、ポイントがもらえるので家計の一助にもなります。

ただ、クレジットカードが家計の一助になるのは、分割払いやリボ払いを利用しないことが条件です。一括払いを強く強く推奨します。

リボ払いは、毎月の支払額を一定にできる制度です。例えば、30万円の買い物をしても、毎月5,000円ずつ返しますという支払い方法が可能です。

リボ払いは、毎月の返済額を抑えることができますが、トータルで見ると手数料負担が大きくなって、あなたの使えるお金が減ってしまいます。

リボ払い

リボ払いをしなければ、買えないほどの買い物は見送る選択肢をもっておきましょう。

30万円の買い物を10,000円のリボ払いでした場合、5万円ほど手数料負担が発生します。わざわざ30万円の買い物を35万円で買っているようなものです。

リボ払いを含む分割払いは、毎月決まって出ていくお金(固定費)を増やすことになるだけです。欲しいものは、お金を貯めて買う。まずは、この習慣を身につけましょう。

お金を貸してはいけない

お金を貸して返ってこないと嫌な気持ちになりますよね。返してくれとも言えないかもしれません。お金は人間関係を壊してしまう恐ろしいパワーを持っています。

上手に付き合えば、人生を豊かにする最高のツールですが、使い方次第では、ギスギスした時間を作ってしまいかねません。

私自身、お金を貸したことはありません。お金を貸した友人の話を聞いたことが借ります。その友人は、昔からの付き合いだからということで、少額を貸したそうですが、借主は何人もの人から少額のお金を借り、返済しなかったようです。

もちろん、その人のまわりから友達がいなくなったのは自然なことでした。お金を貸すというのは、非常にパワーがいるものです。あなたのお金はどこにも貸さない。それは決めておきましょ。

給料の範囲内で生活しよう

新社会人 お金

貰ったお金の範囲内で生活する。

これさえ守っていれば、お金の習慣は自然と身に着きます。やってはいけないこと3つのうち、借金やクレジットカードのリボ払いなどは、このことが守れていないことになるので、貯めるよりも使う癖がついてしまいます。

物欲は育ち始めると、どんどん膨らんでしまうもの。気を付けたいですね。

私が13年前に戻って、新卒の自分にひとつ言うならば、手取りの2割貯金を続けましょうといいたいです。17万円×20%=34,000円が毎月貯金すると1年間で40万円も貯まります。ボーナスも含めれば、2年間で100万円の貯金も可能な数字です。

2割貯金をすすめるのは、社会人2年目以降は住民税がかかってくるからです。バッファーのような存在になるので、2割貯金を続けていれば住民税がきても、1割以上貯金できるはず

住民税の負担で、赤字!となるのを防げます。

新社会人となった初めての給料は、どのように使われましたか。 額面からいろいろと差し引かれて、手取りってこんなに少ないんだ・・・って思った方も多いかもしれませんね。記憶を辿ると、わ...

今回は、お金のルールでやってはいけないことを中心にまとめさせてもらいました。

そのほか、貯める方法、使い方に関してはこちらの記事を参考にしてみてください。

この春から新社会人になられる方はもうすぐ入社式ですね。 中にはもう一足先に新社会人になられている方もいるかと思います。 わたしも随分と昔に新社会人になりました。そのときから「お金...

では。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly