労力をかけた節約はストレス浪費につながる!節約は固定費でするのが一番。

By: MIKI Yoshihito

一時期、節約に凝ってた時期がありました。

手っ取り早くお金を貯めるには「節約」だと思います。支出、お金が出ていくほうを抑えるわけですね。

でも、私は節約はもろ刃の剣でもあると思っています。って我が家だけかもしれませんが。

節約をすることでお金は貯まることは貯まるのですが、ストレス、不満もありました。労力をかけすぎてたからなんです。

そこで、簡単に節約してしかも長続きする。これが一番、楽ちんなんです。

あなたの節約は労力によるもの?それとも、賢い節約?

By: MIKI Yoshihito

スポンサーリンク

節約するために労力をかけ過ぎない

こまめに電気を消すとか、電気代の安い時間態に洗濯機を回すとか、労力による節約を否定するつもりは全然ありません。もちろん、それも大事。ウチもこまめに電気は消すし、食洗器も夜中に回すし、節約しようという意識は持って生活しています。

例えば、安い食材を探すためにスーパーをはしごする。って、ウチもやっていたんですが、労力をかけた節約の事例として、これは典型的な例だと思います。

スーパーはしごによる食材の節約ってどれくらいになりますか?結局、時間の浪費、移動による体力消耗、などを考えると全然節約につながらない可能性もあります。

頑張った分のご褒美にジュース買ったりしませんか?ちょっと甘い物・・・・

がんばってはしごした結果、数百円節約できて、それ以上に支出してしまう・・・

それでは何のための節約か分かりません。

労力による節約は続けるのがしんどい

労力による節約は続けるのがしんどかったりします。毎回、毎回がんばらないといけませんからね。

はい、我が家も節約疲れによるストレス発散消費が出ました。そう何か月も続くものじゃないんですよね。

その時気づきました。

これって・・・身を削った節約だなって。最も大切な時間を切り売りする節約はやめよう!!

もっと他にやりたいこともある!!節約ばっか嫌だ!!!

我が家は、労力に頼った節約はやめることにしました(まったくしないわけではもちろんないですが)。

ホントの節約は入り口で決めることができる

労力による節約の金額は、正直大きいものではありません。それよりも、何かを決めるときの「入口」で節約できる方法を選んだほうが大きな金額を節約することができます。

たった1度の判断。そう決めるときの入り口で決めてしまえば、あとは節約も長続き。労力知らず。良いことづくめ!ということで、事例を挙げてみます。

保険の見直しをしてみよう

生命保険に入っている人は多いと思いますが、職場に来た保険外交員に薦められるがままに契約した・・・って方はいませんか。

ホントにその生命保険は必要ですか。例えば、医療保険。

保険って支払えないくらい大きな出費のために活用するためのものだと思っています。1日5,000円とかそんな小さな金額のためにあるものではないと考えているので、我が家は医療保険には加入していません。

最強の医療保険である健康保険に対して、毎月保険料払っていますし、追加の医療保険って必要性はかなり低いと思います。

photo credit: 401(K) 2013 via photopin cc 医療保険に加入していますか? 新聞の広告欄やCMにもよく報道されていますね。「1日5000円...
昔から医療保険は不要というスタンスを取っています。 周りでは医療保険に加入している人が多いので、話を聞いていると、「やっぱり入っていた方がいいのかな」と心が揺らぐときもありますが...

また、死亡保険や年金保険でも保険をかけ過ぎている場合もあります。

FPによる保険相談などで第三者に見てもらうと、自分が知らなかった、あるいは、気づかなかった指摘をしてもらえます。そして、保険の見直しができれば月に1万円くらい節約できる可能性もありますよ。

FPによる保険の見直しで、節約できるかも・・・

クレジットカード払いを活用しよう

また、通信費、光熱費など毎月、必ず出ていくお金はクレジットカード払いをしておきましょう!口座引き落としなんてもったいないことです。

どうせ払うのなら、ポイントがもらえるクレジットカード払いがお得です。

三井住友VISAカードリクルートカード、年会費無料で還元率1%と高い楽天カードなどポイントを使って商品がもらえるクレジットカードや、キャッシュバックのあるクレジットカードなど固定費を支出するだけでポイント貯めるのって楽ちん過ぎる節約ですね。

最初に設定すれば、あとは何もしないで済みます。

クレジットカードの引き落とし口座にしておけば、引き落としされるたびに楽天スーパーポイントが貯まる楽天銀行の口座を開設して、クレジットカード引き落とし専用口座としておくとポイントも貯まってお得ですよ。楽天ユーザーなら特にお得ですね。

リクルートポイントって意外と使い道ありますね。使ってますか? というのは、前回、nanacoチャージ用にリクルートカードを作るべきか検討をしていました。 結果的には、リクル...
楽天カードは持っていますか?楽天カードは、年会費が無料で、還元率が1%と高い還元率と一般的なクレジットカードの2倍の還元率。しかも年会費無料です。。また、キャンペーン入会をやってい...

このまえ、新聞を読んでいたら楽天カードイオンカード(WAON一体型)は持っている人多いみたいですね。スーパーで利用している人が多いのかなぁ。

新聞代

日経新聞を購読している方であれば、丸三証券の口座を開設するだけで月に8,000円もする日経テレコムを無料で利用することができます。

詳しくはこちらに書いていますが、月々5,000円近い節約をすることができますね。

新聞って何を読まれていますか。そもそも読んでいますか。 最近、新聞読まないって方も多いのかなって思いますが、私は新聞を読むのが好きなのでずっと新聞を購読しています。日本経済新聞で...

新聞って読まない人も多いんですが、私は毎日欠かさず読んでいます。通勤時間が長いので新聞があるのとないのとでは、その時間の過ごし方が違ってきます。

住居費を抑える

住居費は支出の中で最も大きいので、これを見直すのが一番効果があります。絶大です。昔、とある本でレスラーが家を買うために公園で寝泊まりした(家賃ゼロ円)って話を読みましたが、究極の例ですね。合理的。

もちろん、そこまではできませんが、家賃や住宅ローンを見直すだけで毎月大きな金額を節約できます。しかも、一番効果が大きい!!

「イオン銀行」は住宅ローンも取り扱っているってご存知ですか。イオンを日ごろから利用されている方は、イオン銀行やイオンカードを持っている方も多いとは思いますが、住宅ローンもあります。...
住宅ローンの検討に住信SBIネット銀行を入れていますか。 これから住宅ローンを借りる、あるいは、借り換えを検討しているあなたは色々と勉強もして、調べられていると思います。 そん...

労力をかけない節約

毎月、固定で必ず出ていくお金の支出はメンテナンスがしにくいという反面、一度決めてしまえば継続的に節約できますよね。

賃貸だったらか必ず契約する前に家賃交渉はすべきですし、とにかく毎月かかるお金に敏感になることは大切です。

スーパーはしごなど労力をかけた節約に効果がないわけではありません。でもね、もっと楽な節約ってあります。ちょっと見直しをすれば長く続く節約です。

ちょっとでも貯金をしたい。でも、労力をかけ過ぎたりストレスを溜めすぎたりすると、なんのための節約か分からない。

だから、我が家は決めています。

お金のメリハリが大事。

だから、節約に労力をかけ過ぎないこと。面倒くさいですし。労力をかけるのはお金がかかっているんです。それに気づいたとき、無理な節約はやめました。

毎日に疲れないためにも、お金のことを忘れる日があってもたまにはいいのではないでしょうか。

では。

【節約につながるクレジットカード】

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly