マイナンバー制度が始まると副業がバレやすいってホント?

新聞でもマイナンバーの文字は見ない日はないくらいマイナンバーのことは取り上げられていますよね。日経新聞は10日にわたり特集を組んでいました。

マイナンバーは、私たちも企業側も使う番号となるわけですが、対応をしている企業も少ないようです。これでホントにマイナンバーちゃんと稼働するのかなって思いますが。

さて、ブロガーにとってマイナンバー制度が始まると少々やっかいかもしれません。その理由は?

スポンサーリンク

マイナンバー制度とは?

国民一人一人に12桁の番号が付与されます。これが、今年の平成27年10月から。10月以降マイナンバーが記されたカードが送られてくる予定です。なくしてはいけないですね。

また、平成28年1月から社会保障、税、災害対策で使用することになっています。

マイナンバー2

マイナンバー制度の導入の目的は3つ。

  1. 所得などを正確に把握(不公平をなくす)
  2. 行政手続きの簡素化
  3. 行政機関の作業効率化

となっています。一番は、所得などを正確に把握することでしょうか。税金や社会保険料の徴収を強化するというのが目的ですね。自営業とサラリーマンでは所得等の正確性が違うともいいますからね(ホントのところは知りませんが)。

マイナンバー記載のカードを持っていけば、児童手当の申請などで住民票や源泉徴収票などの必要書類を添付する必要がなくなります。申請側は楽ちんになりますね。逆に怖いけど。

源泉徴収票にマイナンバーが記載される

マイナンバー制度が始まると源泉徴収票にマイナンバーが記載されます。

源泉徴収票を作成しているのは企業側なので、マイナンバー記載の源泉徴収票を企業は税務署に提供することになるようです。

正確に把握することで違法状態をなくすってのが制度の趣旨ってことですな。

会社に副業はバレる・・・?

ブロガーは気になるところですが、実際のところはどうなんでしょう。

あくまで、「税や社会保障の不公平をなくすこと」が制度の趣旨なので、会社に副業をバラすのが制度の目的ではありません。ということは、今まで通り、年間20万円以上になったら確定申告で住民税の納付を「普通徴収」にしておけば問題ないのかなぁって思ったりします。

ただ、マイナンバーの導入により今まで以上に正確性は高まりますので、バレやすくはなるのかもしれません。

企業側は給料による所得を正確に把握していますので、住民税の金額が高い場合「他に所得があるのでは?」ってわかってしまうということです。それが、確定申告で「普通徴収」にすることでバレにくくなるということですね(確実ではないようです)。

実際のところは分からないけど、きちんと確定申告しようってことですね(というかしないとダメですが)。

この記事が分かりやすいですよ。ASPからの支払調書が出されないので、今まで変わらないんじゃないかなと思います。

「マイナンバー制度がはじまって、アフィリエイト収入がバレるって聞いたけど、本当なの?」マイナンバーで副業の収入が丸裸になると、雑誌などでは特集が組まれたこともありましたが、ほとんどの場合、マイナンバー自体のせいでバレやすくなることはありませ

マイナンバーで個人情報は漏れないの?

マイナンバーは企業側でも扱います。企業側には個人情報を漏えいさせた場合、厳しい罰則規定も設けられるようです。でも、罰則規定って抑止力にはなるけど、事後の制裁です。

漏れてしまった個人情報はどうしようもないです。

企業が個人情報を漏えいした場合よりはるかに多くの個人情報が漏えいする可能性もあるわけです。ベネッセの個人情報漏えいが記憶に新しいですが、ベネッセ被害者としてはちょっと恐いなぁって印象があります。

使いやすさ、何に使うか、この点はどんどんPRされてますが、個人情報守ります!!ってもっとPRしてほしいですね。

制度面とシステム面の両方から個人情報を保護するための措置

を取るようなので、かなり厳格な管理はされるようですが。

所得と税の把握をどのようにするか

所得と税金を正確に把握していくマイナンバー制度。それがどんなアプローチでされるのか、ちょいとアンテナを貼っておきたいなぁという感じです。

今の知っている情報では、今まで通り、確定申告をすれば今までと同じで変わらないて印象を受けています。

そのほかの情報についても収集しておきたいと思っています。

マイナンバーが始まると、確定申告もより簡素化されそうですね。

何か情報があれば追記したいと思います。

こちらに書きました!

参考 マイナンバー制度が始まるらしいけどなにしたらいい?まずは絶対に知っておきたい2つのこと

いよいよマイナンバー制度が始まりますね。でも、マイナンバーが始まったらどうなるの?って気がしますね。あんまり私には関係ないんじゃあって思っている方もいるかもしれません。いいえ、あな...

でわ。

マイナンバーの今後の流れ

  • 2015年10月 12桁の番号通知がスタート
  • 2016年  1月 行政機関への申請にマイナンバーが必要になり、個人番号の入ったカードの交付が始まる
  • 2017年  1月 ネット上で税金や年金記録が閲覧できる個人ページの運用が開始
  • 2017年  7月 自治体で情報照会が本格化し、行政手続きに提出書類負担が減る
  • 2018年  1月 預金口座にマイナンバーを任意で登録できるようになる
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly