年120万円の投資が非課税に。NISA(ニーサ)のデメリットを踏まえて、使うことにしたその理由とは。

NISA 株式投資

今まで少額非課税制度、いわゆるNISA(ニーサ)の口座を開設しているものの使ってきませんでした。それは、NISAのデメリットが気になっていて二の足を踏んでいたからです。

ただ、最近よくよく考えるのとデメリットを大きく見過ぎていたのかな、と思い始めています。配当や売却益に20%も税金がかかります。

それが非課税になるメリットも大きいので、それを活かした方が今後は良さそうです。

NISAのメリットを活かそうと思った理由、そして、NISAで投資したい銘柄を備忘録的にまとめておきます。

※所得税には復興所得税が別途かかりますが、記事の中では割愛しています

スポンサーリンク

NISAのデメリット

NISAのデメリットは、主に2点です。

○損益通算が使えない

○非課税期間満了後、特定口座へ移すとき

株価は日々動いていますので、買い値を下回ることもあります。下回った状態で、売却すると損失を確定することになるわけです。この損失は、確定申告をすることで、ほかの株式売却益と利益を相殺することができるんです。

これが、損益通算という制度。

20万円損を出していて、別の銘柄で20万円利益を出していれば、利益を出した時にとられる所得税20%が戻ってくるのです。

NISAでは、これが使えません。

NISA

また、特定口座に移すときには、その時の時価で移行します。100万円で買った株が、移行時に60万円であれば、60万円とみなされるわけです。そのあと、100万円に値を戻したところで売却した場合、NISAでなければ元の値段に戻っただけなので税金は当然かかりません。

ただし、NISAで購入した銘柄の場合は、非課税期間満了後に特定口座に移ったとき、60万円になっていますから、100万円との差額40万円に対して税金(20%)がかかってくるのです。

これはなんだか納得できないところです。買い値で売ったのに、税金取られちゃうわけですから。

➡ NISA(ニーサ)のデメリットが気になって、イマイチ活用できていない。デメリットちゃんと知っていますか?

NISAのメリット

一方、NISAのメリットは、売却益や配当に対してかかる所得税20%が非課税になること。

譲渡所得税

譲渡所得税NISA

投資元本が年間最大120万円までですが、20%の所得税が非課税になるメリットは思いのほか大きいです。夢物語ですが、パズドラで大ヒットしたガンホーは1年で150倍になりました。100万円投資していれば1億5,000万円。所得税3,000万円が非課税ですからね。そんな投資はできませんが。

さきほどデメリットのところで話した非課税期間終了後、特定口座に時価で移動するのは、5年後です。

政府広報オンラインに分かりやすい図があります。

NISA

そのあとも、非課税にする方法もあるようですが、原則、特定口座に移行させると考えておくといいでしょう。

NISAを使おうと思う理由

長期間、期間を考えずに投資したい。そう思っていたので、NISAは不向きだと考えていました。

ただ、自分の場合、基本的に長期保有で損切りを考えないとすれば、損益通算ができないことをそこまでデメリットに考える必要はないのではないか、と思い始めています。

また、非課税にできる。これは、確実のメリットです。損切りするかしないかは将来の話であって、絶対に損をするわけでもありません。それよりも、配当に対する非課税を確実に享受できる選択肢をとってもいいだろう。そういう思いです。

NISAデメリットは、非課税期間が終わったあとに特定口座に時価で移管されること。これに対しては、ある程度やむなし。

100万円を投資して5割も下がるような株には基本的に投資しない。NISAを使うのは、配当がいい会社と考えているので、値動きが荒い銘柄は考えていません。

例えば、100万円を投資して、80万円に下がった時点で特定口座に移管したとしましょう。この場合、差額の20万円×20%=4万円が無駄に税金を払う可能性があります。配当利回りが4%の企業であれば、5年間で20万円。20万円×20%=4万円で結局税金を払っているのと一緒ですが、値下がりした状態で移管するかどうかは不明です。

将来のことは分かりません。

確実に非課税メリットを取りに行くほうが、いいと考え直しています。

NISAで投資したい銘柄

ということで、NISAで投資したいと考えている銘柄を備忘録的にまとめておきます。年間120万円まで非課税のメリットがあるので、目標は120万円です(そこまで投資余力は無理そうですが)。収入源を増やしたいという思いで、配当の良い会社です。

➡ 5年後に実現したい!理想の家計簿を図解してみる

GMOクリック証券でチャート図表示。

三井物産(8031)

三井物産

久しぶりに株価は1,300円前後となっており、配当利回り5%前後と高利回りです。業績は右肩下がりで、減損損失を計上するなど思わしくはありません。ただ、原油価格がこれ以上値下がりする可能性のほうが低いでしょうし、今後も原油をはじめとする資源ビジネスは需要があると思っています。

2016年2月19日の日経新聞のインタビューに、三井物産の松原CFOが答えていましたので、載せておきます。

Q)年間配当は64円の計画で配当利回りは4%台後半に達します。業績悪化で減配の懸念はないですか。

A)減損は資金流出が生じないため、株主還元の原資となるキャッシュの問題はない。- 一部略 - 配当性向に機械的にこだわらず継続性を重視して配当に回していく。

財務を見ても今の配当は維持できそうですし、下がったとしても三井物産自体が魅力的な会社なので、NISAでの買い付けを実施したいと考えています。

三井住友フィナンシャルグループ(8316)

三井住友フィナンシャルグループ

日銀のマイナス金利導入で、銀行株は軒並み値下げをしています。銀行業は好きですし、収益性・安定性・配当と魅力的な三井住友銀行を中心とする三井住友フィナンシャルグループは、魅力度がググンと上がっています。

効率性には定評のある同社ですが、底値を狙わず、底辺で投資できればいいかな、と思っています。

それほど資金があるわけではないので、今のところはこの2社を考えています。

NISAを開設したい証券口座は?

NISA口座は、証券口座の開設と合わせて口座を開設する必要があります。NISA口座の魅力は、一部の証券会社で売買手数料を無料にしていることです。

主要な証券会社の一覧をまとめました。

証券口座 手数料10万円 20万円 30万円 米国株
SBI証券 無料 無料 無料 あり
マネックス証券 無料 無料 無料 あり
楽天証券 無料 無料 無料 あり
松井証券 無料 無料 無料 なし
カブドットコム証券 買付無料・売却は97円 194円 270円 なし
SMBC日興証券 135円 194円 270円 なし
岡三オンライン証券 106円 216円 378円 なし
野村証券 150円 324円 324円 なし

基本的にはNISA口座を開設するのであれば、売買手数料が無料のところがいいと思います。メイン証券がすでにある場合は、資産管理の手間も踏まえて検討が必要ですね。

私は、SBI証券を使っていますが、米国株も取り扱えて種類が豊富なのがマネックス証券です。使いやすさでも、この2社は使いやすいですね。

焦らず、じっくりと配当の高い企業に投資をして収入源を増やしていきます。

では。

※投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly