長期投資の極意をカリスマに学ぶ。デイトレせずにこれからものんびり投資を続けてお金を増やす。

未来からお返し ひふみ投信-min

その昔、デイトレとまでは言いませんが、短期投資で儲けて、調子に乗ってその数倍の損を出したことのあるジンです。こんばんわ。家族には内緒です。

さて、購読している日経ヴェリタスに「長期投資の極意」たる特集が組み込まれていました。

長期投資をしている人では、ウォーレン・バフェットが有名ですが、そのほかにも何人か紹介されていました。

そのうちの一人が、私も積立投資をしている「ひふみ投信」の社長・藤野英人氏も登場していました。自分が投資している先が紹介されるとうれしくなるもんですね。

長期投資をする際の銘柄選びはどうしていく?

スポンサーリンク

長期投資の銘柄選び

特集で組まれていたのは、次のポイントです。


  • オンリーワン事業で経営されているか
  • 伸びるテーマを着目しているか
  • キャッシュは嘘つかない。資本効率を見抜く

愚か者でも経営できる企業

「愚か者でも経営できる企業」とは、バフェットが言った言葉ですが、50年経っても欲しいと思う商品を作っている企業への投資の重要性を説いていますね。

他の企業マネできない、オンリーワンともいえる技術やブランド力を持っている企業が好まれますね。代表的なのは、コカ・コーラやP&Gなどがそうですね。

日経ヴェリタスでは、そうしたオンリーワンの技術や高い市場シェアの製品を世に出している企業がまとめられていました。

駅の売店でも売っていますので、ぜひ購読してみてくださいね。

⇒ 日経ヴェリタスの購読

私は、自転車部品で圧倒的シェアを持つ「シマノ」や全自動製氷機でトップシェアを持つ「ホシザキ」、建機や自動ドアには欠かせない部品を作っている「ナブテスコ」などが好みです。

10倍株を見つけよう

いわゆるテーマを見据えた株式投資。

当たれば大きいですね。過去には、エムスリーやスタートトゥデイなどの高成長株を発掘した方が執筆されていました。

こうしたテーマ株は、なかなか見つけるのが難しいですよね。

私が今注目しているのは、四季報を読んでいていいなと思ったのが「エス・エム・エス(2175)」という介護士や看護師向けの転職仲介を事業にする会社です。

高齢社会が到来している日本では、介護に関するテーマは欠かせないように思います。

キャッシュは嘘をつかない

geralt / Pixabay

「キャッシュフロー(現金収支)」が重要。まず見るのが、現金の動きですね。不正のしにくい会計処理です。

投下資本キャッシュフロー(CROIC)、フリーキャッシュフローを自己資本と有利子負債の合計で割って算出するもので、効率的なお金を稼ぐ力を表す指標です。

この指標は初めて知りましたが、今後はこうした指標も見ていきたいと思います。

ヤフー(4689)やスタートトゥディ(3092)などが高いCROICを弾き出しています。ZOZOTOWNを運営するスタートトゥディはホントにあらゆる面ですごいですね。

未来からお返しを信じて投資

長期投資で成功しているひふみ投信の運営会社社長の藤野英人さんの記事もありました。

投資とは、未来にエネルギーを投入してお返しをしてもらうこと

私もこの方の投資方針に興味を持ち、共感できたので、昨年からひふみ投信で積立投資を始めました。

Pickup! ひふみ投信で積立を開始。時間を味方につけた投資で果実を得よう

「株価は毎日変動をするけれども、会社の中身が変動しているわけではない。会社の価値を発見して、投資をしていこう」という言葉にはとても勇気をもらうことができます。

買った株の株価が気にならない人はいません。でも、デイトレにでもない限り、毎日気にする必要なんてないんですよね。

投資を通じて、のんびりお金を増やす

ひふみ投信は、インデックス投信と比較してコストは割高です。今はインデックスであるTOPIXと比較して、圧倒的にパフォーマンスは優れています

ひふみ投信 2017.1

今後もこれまでと同様に、パフォーマンスが生まれるかは誰にもわかりません。それでも、私はひふみ投信に投資を続けていきます。

自分の感情をコントロールしてこそ投資

目の前に必要なお金を投資で増やして、賄おうという発想はいただけません。

投資をするからには、その変動に耐えうるお金で、のんびり構えて投資をすることが私には合っています。

デイトレもどきは、私は自分で自分の感情をコントロールすることができませんでした。

”株価”という秒単位で動く数字に心を捉われ、意味もない行動を起こしてしまった自分が過去にいるからです。その過去と同じ経験を二度としたくありません。

だから、私は余裕資金で、のんびり投資をするスタンスを続けていきます。

「最も良い方法は、いつでも放っておけるだけのお金で株を買い、何があっても持ち続けること。」

ファンドマネージャー、ピーター・リンチの言葉です。

株式投資は楽しいです。毎月積立をしていきたいという方には、ひふみ投信がおすすめですね。

生活費を準備できたら、まずはコツコツと積立投信をしていくのもいい選択肢ですね。まずは、経験することが大事です。

ではでは。

≫ ひふみ投信の口座を開設してみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly