クロネコヤマトメンバーズに入ろう!再配達をグッと減らせる秘訣がここにある

クロネコヤマト

宅配便業界が悲鳴を上げている。あまりにも多すぎる荷物の量に、社会問題化し、連日ニュースで流れていますね。

ネットで注文すること機会が増えたので、我が家も宅配便、主にクロネコヤマトさんにはお世話になりまくっています。

何が問題かというと、「不在」が多すぎるってことなんですよね。

我が家はこの2年間ほど、ほとんど不在連絡票を受け取っていないんです。

不在連絡票は、宅配便業者も受け取る側もストレスですよね。クロネコヤマトが提供してくれるクロネコメンバーズを利用するだけで、グッ!と不在連絡票を受け取る確率が下がりますよ。ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク

ネット取引は急増⇒宅配便も急増

AmazonLOHACO楽天市場ZOZOTOWNなどネットで注文することって、多いですよね。我が家も、ネット注文が多いですが、便利なんですよね。

でも、これだけ、宅配便の限界が来ている状況を考えると、「ワンクリックする向こう側」で働くひとたちを想像することも大事だなぁと思ってきました。

経済産業省「電子商取引に関する市場調査」によると、EC市場は右肩上がり。それも、急拡大しているような状況です。

クロネコヤマト 宅配便1

資料:経済産業省「電子商取引に関する市場調査」より作成

また、国土交通省「平成27年度宅配便等取扱個数の調査」によると、宅配便取扱個数もどんどん上がっているんです。

まちでクロネコヤマトや佐川急便などを見かけないことはありません。

クロネコヤマト 宅配便1

資料:国土交通省「平成27年度宅配便等取扱個数の調査」より作成

絶えず、モノが運ばれているような状況なんですよね。

いまはテレビや新聞などで連日のように報道されていますが、国土交通省は早い段階から警報を鳴らしていました。

宅配の再配達の削減に向けた検討の 進め方について(国土交通省)H27.6.5」※PDF において、労働力不足や宅配便単価の下落をアナウンスしていました。

再配達による社会的・経済的損失を明らかにすることを目標にしています。国の役人ってすごいね。

運輸業はそうした激務の割に、賃金が低いことも問題視されていますね。

厚生労働省 賃金構造基本統計調査2015

資料:厚生労働省「賃金構造基本統計調査2015」より”35~39歳””東京都”で抽出し、作成

私と同年代で年収を比較すると、一人当たりの賃金が最も高い東京都でさえ年収500万円に満たない水準となっています。

クロネコメンバーズに入ると、受け取る日時の変更が楽!

クロネコメンバーズ クロネコヤマト

再配達は、宅配便を運んでくれる業者と私たち受け取る側の意思疎通がなかなかできないことで多くなると思うんです。

再配達率は、20%近いと国交省の調べでは分かっていますが、実際はもっと多いのではないでしょうか。

我が家もクロネコメンバーズに入るまでは、午前中など日中に持ってこられることが多く、受け取れないことが多かったんです。平日は、2人とも働いているので、受け取れないんですよ・・。

不在連絡票を見て、連絡をして、また来てもらう・・・。もう、これがストレスで。連絡するのが面倒くさかったりしますよね。

クロネコメンバーズに入ったことで、そのストレスから解放されました。

≫ クロネコメンバーズ

クロネコメンバーズでできることをざっくりと言うと、

●受け取る日時を事前に伝えることができる

●荷物を受け取る前にメール連絡が来る

●そのときに、受け取る日時を指定することができる

Myカレンダーサービスで設定しておこう

クロネコヤマト2017-03-16_22h47_31

Myカレンダーサービスを利用すると、曜日ごとに受け取る時間帯をあらかじめ指定しておくことができるんです。

我が家の場合は、共働きで平日の日中は家にいませんので、夜の時間帯に設定しています。土日は、午前中という形で指定しているんです。

クロネコヤマト2017-03-16_22h47_31

こうして設定をしておいても、荷物が実際に送られてくるときには、事前にメールが来るので、その際に日時を変更することもできます。

クロネコヤマトのアプリを使おう

クロネコヤマトIMG_4603-min

クロネコヤマトのアプリをダウンロードしておくと、再配達や事前に来る荷物の連絡などを見ることができます。

クロネコヤマト2017-03-16_23h56_25

荷物が来る前には、アプリで通知をしてくれるので、見逃すことはほぼありません。

クロネコヤマトIMG_4603-min

その際に、「受取日・時間帯・受け取り場所」を変更することが1度だけできます。

クロネコヤマトIMG_4603-min 

我が家はマンション住まいで、宅配ロッカーがあるので、宅配ロッカーに入れてもらうようにしています。指定日時に万が一、在宅できていない場合も荷物を置いてもらえるからです。

「日時指定したのに不在かよ・・・」ってストレスを与えたくないですからね。

パナソニックの実験では、戸建てに宅配ボックスを導入すると、再配達率は49%から8%に減少したようです。

日経新聞のアンケート調査によると、再配達をしない取組みとしては、「外出しないようにする」「コンビニでの受け取りを指定」などが上位を占めていますが、こうした回答を見ていると『クロネコメンバーズ』のサービスがまだまだ周知されていないと感じました。

コンビニで受け取るって何気に不便です。

家まで持って帰らないといけないですからね。

受け取る日時を指定して不在連絡票を受け取らない努力を

事前に受け取る日時を指定するだけで、ググッと再配達してもらうことが少なくなりました。

たったこれだけなんですが、お互いにとって、すごくいいシステムだと思うんです。

ネット取引は今後も増えていくでしょうから、荷物を運んでくれる宅配業者ともwin-winとなるような配慮も必要ですね。

ちなみに、クロネコメンバーズに入っておくと、荷物を送ったり、受け取るごとにポイントがもらえて、商品と交換できますよ。

Amazonを利用する方は、ぜひクロネコメンバーズを使ってみてくださいね。とっても便利ですから。

結局、再配達が多すぎて、送料が値上がったり、再配達料金が設定されたりすると、消費者である私たちのデメリットになるわけです。それも不在が多すぎることから生まれてしまうことですよね。

今の送料を維持できるように、できるだけ再配達にならないように努めることが、私たちにとってもメリットになりますからね。

ではでは。

Pickup! クロネコメンバーズって入ってる?Amazon利用者なら絶対入っておくべきだよ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly