資産運用にはできるだけ時間をかけないのも一つの方法だと考え始めた

資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産運用はしていますか。

株式投資、投資信託、FX、不動産投資、お金を増やす方法はたくさんありますが、そのほとんどを知らないし、実践もしたことないって方も多いのではないでしょうか。

私の職場では資産運用の話をする人はいません。ただ単にお金の話だからしないのか、あるいは、やったことがないからかのどちらかなと思います。

資産運用=リスク、元本割れという印象が強いのかもしれません。

でも、日銀はインフレを促しています。もう躍起になっていますよね。

インフレになれば預金はどんどん目減りしていきます。そのときにいわゆるリスク資産を保有しておくことがリスクヘッジになるのかもしれません。

でも、考える時間もない!って方も多いですよね。そんなことに時間を費やしてる暇はない。もしかしたら時間をかけなくてもいいんじゃないかって最近思えるようになってきました。

By: Andreas Poike

スポンサーリンク

資産運用のキーワードは「時間」

ちょっと数年前までは、株式投資や投資信託の勉強を熱心にしていました。かなりの時間を費やしたのではないでしょうか(といっても1日数時間というレベルではない)。

有価証券報告書(企業の決算報告書)を読むのが好きで色々と読みましたし、投資本も読み漁っていました。

でも、結局のところ、時間をかけたからって投資成績が上がるわけではないんですよね。これは私だけかもしれませんが。時間をかけずに、ある程度でこの企業いいんじゃない?くらいで投資したほうが結果が出たりします。

ま、これは判断の難しいところではありますが。

時間をかけること

だからといって、時間をかけることが悪いわけではないんです。

でも、忙しいサラリーマンが企業の決算報告書を読みまくっても限界はあるわけです。それよりも、時間をかけるべきなのは投資本を読むことではないかな、と最近思い始めました。

特に、先人たちの一つ一つの言葉を自分の投資経験に置き換えて、振り返ってみると、あーこういうことだったのか、ってのが分かります。

投資本は自分の経験を踏まえて、警告してくれている

投資本には成功方法よりも失敗した経験が多く書かれていたりします。

それは、まさに投資家読者への警告。同じ失敗するなよーって言ってくれている。

そう思えてなりません。

時間をかけないこと

金融の商品っていったいいくらあるんだろうっていうくらいありますよね。

新聞の株式一覧や投資信託一覧だけでも数えきれないくらいあります。

正直、それを選別するのはかなりの労力を必要とします。

でも、冒頭に書いたように時間をかける=投資成績が上がるわけでは決してないんですよね。かけることで上がる反面もあるとは思いますが、必ずしもそうとは限らない。

だったら、もう好きな企業、好きな投資信託ととことん付き合う覚悟で投資すべきなんじゃないだろうか。

例えば、投資信託でいうと販売手数料が無料で、信託報酬も低いセゾン投信が有名だったりしますよね。

セゾン投信の利回りは上昇!貯金以外の選択肢として持っておく投資方法とは?
久々に投資の話です。 最近、投資の方針お考えています。 投資って言うと敬遠する方も多いとは思いますが、お金を増やしていこうと考える場合には外せない選択肢です。預金金利だけでお金を増やすことはなかなかできません。 かといって、投資をする

セゾン投信の投資先である、インデックス投資の雄・バンガード社はここ4,5年で過去最大の資金流入があったようです。日経新聞のインタビューでそう答えていました。日本の運用資産も順調のようで、2014年の1年間でなんと60%も増えたようです。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、2015年5月下旬に1,000億円を超えて、その人気の高さが伺えますね。

一度、決めた投資方針は貫いてみる。

振り返りに時間をかけすぎないことも必要なんではないでしょうか。

スポンサーリンク

のんびり投資もいいのかも

今年は、もう半分終えたというのに一度も株式投資をしていません。ここ数年では初めてです。この前のギリシャ危機のときに久しぶりに買い注文は出しましたが、結局買えませんでした。

リターンを逃してしまう。

この恐怖観念により高値掴みした経験は誰もがあるのではないでしょうか。

今はそんな焦りはありません。上がるならどうぞ。そんな感じです。

焦らない投資。時間をかけない投資。

そういうのんびり投資が成果に結びつくのではないかなぁと思っています。

あと、資産運用以外にやりたいこと、時間をかけたいことって他にたくさんあります。

これが一番大きいかも。

でわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント