お年玉って贈与税の対象なの?気にする必要もないけど、改めて調べてみた。

お年玉 贈与税 子どものお金
スポンサーリンク

お年玉をもらう立場から、あげる立場になって久しいです。

毎年、三が日には「お年玉」に関する記事を書いているので、今年もお年玉ネタ。

ところで、私が子供のころには、お年玉で10万円以上をもらう猛者がいましたが、そうした子どもってほかでもお金をもらう機会が多いと思うんです。

お年玉って贈与税はかかるのでしょうか?

スポンサーリンク

お年玉に贈与税はかからない?!

贈与税の対象外という考え

贈与税がかからない場合は、国税庁が示してくれています。

贈与税は、原則として贈与を受けたすべての財産に対してかかりますが、その財産の性質や贈与の目的などからみて、次に掲げる財産については贈与税がかからないことになっています。

引用 国税庁

そのひとつに「年末年始の贈答、祝物」という表現がありますね。

No.4405 贈与税がかからない場合

8 個人から受ける香典、花輪代、年末年始の贈答、祝物又は見舞いなどのための金品で、社会通念上相当と認められるもの

引用 国税庁

これをみる限り、一般的に認められるであろう金額(社会通念上相当と認められるもの)であれば、贈与税の対象外と言えそうです。

お年玉の相場は、年齢×500円というのがあるので、2歳のわが子であれば1,000円です。(我が家のルールでは、小学校に上がるまでは1,000円ですが)。

このくらいの金額であれば、「社会通念上相当」と言えそうですね。

110万円までは非課税

ちなみに、お年玉で100万円上げる!!という場合。

100万円は「社会通念上相当」と言えないでしょうね。

総務省「家計調査」の1月1日の贈与金の平均支出額は7,500円程度となっています。100万円となると、平均支出額の100倍以上の金額はさすがに・・・って感じです。社会通念上相当とは言いにくいですよね。

ちなみに、贈与税の対象となっていても、年間110万円は非課税です。

結果的には、非課税ですが、贈与税の対象外なのか、贈与税の非課税枠110万円を使うかは大きな違いですね。

贈与税の非課税枠を使ってしまうと、ほかの贈与がある場合に税金がかかりやすくなってしまいますね。

贈与税の非課税枠とは?

ちなみに、勉強がてらに、子育て世帯に関係しそうな贈与税の非課税項目がありますので、知っておくと良さそうです。

No.4405 贈与税がかからない場合

2 夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者から生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの

引用 国税庁

子どものために、生活費や教育費を払ってあげるのは、当然、贈与税の対象外ってことです。当たり前ですね。文房具、交通費などもそうです。

ただ、大学生活の生活費として渡しているのに、それを別の用途に使ってしまっているときは、贈与税の対象となるみたいですね。

参考  国税庁「扶養義務者(父母や祖父母)から「生活費」又は「教育費」 の贈与を受けた場合の贈与税に関するQ&A 」PDF

スポンサーリンク

お年玉の貯金方法

お年玉

お年玉は貯金されますか。

まだまだ我が家の場合は、2歳と小さいので、全額貯金にしています。コツコツ貯金をすることが、大きくかかる教育費への唯一の対抗術かと思っています。

そして、今は私の妄想でしかありませんが、小学校に上がれば、「お年玉を使った金銭教育」をしていきたいと思います。


  • お小遣い帳をつけてみる
  • お年玉で買い物をする
  • お年玉を貯める→翌年のお年玉と合わせてほしいものを買う

などです。

金銭感覚って子供のころの体験と、親のお金の貯め方、使い方で養われます。お年玉とお小遣いは、子供の「おかね感覚」を身に着けさせるのにとってもいい機会ですね。

お金の教育は、学校ではしてくれません。

だからこそ、親の責任は重いものでもありますが、楽しくやっていきたいですね。

ではでは。

子どものお金
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント