転職も視野!?人事異動の内示を受けて「今」考えるべきこと

By: Alex Barth

この時期になると多くの会社で人事がガガガッと動くときではないでしょうか。

人事移動の内示がありました。

ちょっと前の記事で異動届を出したことをさらりと触れていたのですが、私にも人事異動の内示がありました。

もう、これは自分でもびっくり内示。ちょっとこれはひどい?!

人事異動の内示を受けて「今」考えるべきことを整理しました。

By: Alex Barth

スポンサーリンク

サラリーマンは人事がすべて

組織の中にいると右を向けと言われれば右を向かざるを得ないのがサラリーマンの悲しいところ。そうです。どんな人事異動の内示も基本的には拒否することができません

明日から例えば、北海道に行け!と言われれば行かないといけないのです。

人事異動の内示が出る前は、社内はもうアイツはどこにいくんじゃないか、昇進するのか、もうふわふわした雰囲気になります。わたしは昇進も人事も興味がないので、毎年この時期もタンタンと仕事をしていたわけですが、

「ちょっと、ジン。来てくれるか」

おっ!別室に・・・

これって人事異動の内示か・・・?!

内示を受けて衝撃が・・・

人事異動の内示を受けて衝撃を受けました。まさか、私には縁もゆかりもないわと思っていた部署です。

部署って色々あるとは思うのですが、中枢部門ってあると思います。要は社長に近い部署です。

私に出された人事異動の内示が・・・・

えっ!!??

思わず耳を疑いましたね。

そうなんです。まさしくそこです。

管理部門は初めてですが、管理部門の中でも中枢の中枢

おいおいおい。マジか。

ノー天気でテキトー精神で過ごしてきたのになぜ?

どの会社にも社内の動きがうまい人っていると思うんです。仕事もできて、社内の人脈も豊富。将来の幹部候補。私は社内の動きがてんでダメなやつでして(興味がないので)、仕事がうまくまわればいいや、部下が育てばいいやっていう思いしかないんです。

管理部門に行く人は、大体社内の動きも人脈もある人が務めているので、私には絶対にないと思っていたのです。

もしやエリートコースってやつ?!

自分がエリートだなんてまったく思っていませんしエリートコースってのは冗談ですが、仕事はまぁ前向きにそこそこ全力にやってきました。

そんな部署へなぜか私に白羽の矢が当たりました。白羽の矢って言っていいのかわかりませんが。

なぜなら、そこはえらく精神的にもしんどいところらしいです。会う人会う人に「ご臨終」って言われました。上司や上の方から栄転と言ってくれますが、同僚から「さぁ大変だよ。病まないように」って声ばかり。

どんなどこよ・・・。

すごーーーく不安です。

正直な気持ち。わたし、出世とか興味ありません。人並み以上に仕事はしますが、上を見て仕事をしたことは一度もありません。いかに仕事を前に進めることができるか。そのためにしか頭使いません。

異動することによって一番の不安

我が家にはこの4月から保育園に入る11か月の子どもがいます。親ばかですが、すごくかわいいです。この4月から保育園送迎も始まりますし、夫婦協力してやっていこうと思ってた矢先のこの人事。

ついについに保育園の申し込み結果が来ましたっ!! 待ってましたよ~。 我が家は共働きなので、我が子を保育園の入園させることを望んでいました。けど、世間では待機児童の問題もあります...

今度の部署は自分でスケジュールを組むことができません。要は会社の決定方針に絡む仕事ばかりなので、役員の都合や現場の都合に合わせて調整をしていく仕事のようです。

長時間労働必須

だそうです。保育所送迎も育児参加する時間もとれそうになさそうなんです。

これが一番嫌です。

子供が生まれて1年間で大事にしてきたこと

私はこの1年間、子供が生まれてきてから子供との時間を第一に考えてきました。

自分の父親が仕事人間で30代で年収1,000万円とか稼ぐ人だったので、仕事人間でした。ほとんど育児なんてしていないのです。時代が時代なので仕方がない部分もあると思いますが、私は育児の時間を絶対作るという強い思いで過ごしてきました。

ほぼ毎日のように始発電車に乗って定時には帰るスケジュールをこなし、赤ちゃんをお風呂に入れることを日課にしていたのも子どもとの時間を大切にしたいから。

通勤時間が1時間以上かかるので赤ちゃんのおやすみタイムを考えると、定時に帰らないとなかなか赤ちゃんとの時間を作ることができません。触れ合う時間が多いほど、愛情も湧くし、信頼も作っていけるように思います。

相方の負担も悩み

我が家は共働きですので、育児休暇が終わり職場復帰します。親も近くにいないため、子どもが頼れるのは私たち親のみです。今回の異動でわたしがどれだけ育児時間を確保できるかわかりません。

場合によっては、過大な負担が相方に行くことになります。今まで分担してできたことができないからです。

日経新聞の社説に書いていましたが、「少子化の原因の一つ」には「男性の家事・育児が少ないこと」があるそうです。家事・育児参加をするためには長時間労働の是正が不可欠です。

なんだか残業している、長時間働いている人が仕事できるって風潮ないですか。

「ジンさん、早く偉くなって仕事をスピーディーにこなして帰る人が偉いって風潮にしてください」

こんなこと言われました。偉くなるかは別として、こういった風潮は是正していきたいものです。

転職もちらり

家事・育児の時間を増やしたいと考えるともっと通勤時間を減らすことのできる会社に転職しよう。そう思っていることもあります。具体的な動きは全然していませんが、34という年齢を考えるともう全然若くはありません。

通勤時間が長いって結構負担です。毎日のことですから。子どもが生まれてから余計に思いました。何かあった時に帰るのに1時間以上・・・。長すぎます。

今回の異動も通勤時間がこんなに長くなければ喜ばしいことかもしれません。

こんばんわ。ジンです。いきなりですが、転職を考えたことはありますか。また、実際に経験したことはありますか。このブログを読んでくれている方は私と同じ年代も多いので転職を考える人は少な...

気持ち新たに新生活を

ただ、冒頭にも書きましたがサラリーマンは人事がすべて。拒否することなんてできません。

私は激務に、相方は職場復帰、子どもは保育園に。

それぞれ新しい生活が始まります。

家事や育児、家族のことをのぞけば、今回の仰天人事にはびっくりはしておりますが、やってやろう、勉強しよう、という気持ちは強いです。根がポジティブなので、なんでもこういうときは前向きに考えます

これって成長機会だわ。そう思うと新たな仕事も頑張ろうと思います。

30代半ばでの仕事としてはこれからのサラリーマン人生を考えると、経験しておいていいことかなって思います。

ジンです。 気づけばわたしは今年35になります。 30代もちょうど真ん中に来てしまいました。 気持ちはまだ30代前半ですけど、もう中盤。立派な中年です。 年明けにブックオフ...

あなたには人事異動の内示がありましたか。

私はもう気持ちを切り替えました。家のことは不安ですが、この成長機会をガッツリものにしたいと思います。

気合い入れると空回りするのが私なので、ゆるりとガツガツやります(笑)

うーーん。ブログ書く時間がなさそうなのが残念だな・・・。

ブログものんびり続けます。

でわ!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly

コメント

  1. おめでとうございます。

    >仕事もできて、社内の人脈も豊富。将来の幹部候補。

    そういう人間をあえて外す戦略もありますね。
    会社がうまくいっている時は、そういう戦略を取らないですから
    会社が岐路に立っているのかもしれません。

    >私は社内の動きがてんでダメなやつでして

    社内の動きが見える人間は、それに合わせようとするので、
    目新しい考えは出ないものです。
    それに現実をそのまま感じ取る能力にも欠ける。

    新規事業を展開しようと考えている時などは
    そういう人間は外すのがセオリーでは?

    ブログを拝見する限りでは、ジンさんは管理部門には
    適しているように思いますね。

    現状分析力とそれを説明する能力どちらも十分だと思います。

    >社内の人脈も豊富

    こういう人は一般には管理部門に置かないのではないですか?

    むしろ、社内から距離を置く人間のほうが適任ですよ(*^_^*)

    • ジン より:

      しらいさん
      ありがとうございます。不安な気持ちは大きいですが何とかやっていこうと思います。
      おっしゃるとおり、私は現場の人間だったのでそのあたりの感覚を必要としているのかもしれません。事業畑だったので、社内の動きには鈍いですがそういった感覚を取り入れようとしているのかもしれません。どちらかというと管理部門とはぶつかっていく感じだったんですが(笑)
      これもまた、私の成長機会ととらえ、会社の成長機会にもつなげていきたいと考えています。
      いつもありがとうございます。うれしい言葉です。本当に助かります。