楽天カードでApple pay(QUIC Pay)が使える!ポイントも貯まるのでメインカードにいいかも

楽天カード QUIC Pay Apple pay Apple watch iPhone 楽天カード
出典:楽天カード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

電子マネーは、事前にチャージしておく前払い式と、クレジットカードと同じようにチャージ不要の後払い式の2通りがあります。

私はチャージするのが面倒なこと(自動チャージはあるけれど)、チャージした金額は使ってもいいお金と勘違いしてしまいそうなので、後払い式の電子マネーを好んでいます。

この後払い式の電子マネーは、iDQUICPayの2種類です。

メインカードにしたいと思っている楽天カードがあります。光熱費をはじめとする固定費の引き落としクレカの変更の手間を敬遠して、まだメインカードにできていない我が家です。

また、この後払い式の電子マネーが使えないことも重い腰をあげることができていない要因のひとつでした。

何気なくQUICPayのサイトを見ていると、

楽天カードでもQUICPayが使える!

ではありませんか。ちょっとした興奮を覚えました。知っていました?

QUIC Payは、Apple payでも使える電子マネーです。

スポンサーリンク

Apple payを利用すれば、支払いストレスフリー

楽天カード QUIC Pay Apple pay Apple watch iPhone

出典:楽天カード

我が家は、iPhone X、iPhone8プラス、Apple Watchを持っているので、Apple Payを利用できる店舗は、100%Apple Payを利用します。

キャッシュレスの方が財布を出す手間も省けますし、支払いもスムーズです。

記録もマネーフォワードで勝手に記録されるので、家計簿もつけることさえ不要です。

Apple Payは、iDとQUICPayの両方が使えます。あとSuicaも使えますね。

Suicaへのチャージの際に、楽天カードを利用しても、楽天スーパーポイントは貯まりません。この点はややデメリットですね。

以前はSuicaへのチャージでも、楽天ポイントは貯まっていたようですが、2017年11月以降はポイント対象外となっています。

買い物の際にストレスフリーで支払いができるので、とても気に入っているApple Pay。

そのApple Payで楽天カードが使えるのであれば、楽天カードの魅力がグンと高まりますね。楽天Edyもありますが、都度チャージが手間で利用を敬遠していました。

Apple payであれば、iPhoneやApple watchで簡単に支払いができて、なおかつ、楽天スーパーポイントが貯まるので、効率よく貯めることができます。

QUIC Payが使えるお店

iPhoneX Apple pay QUIC Pay

Apple payに登録すると、QUIC Payを利用することができる楽天カード

QUIC Payが使えるお店は多いです。

コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミマなど)、タリーズコーヒー、ココカラファイン、マツモトキヨシ、ユニクロ、マクドナルド、ツタヤ、ロフト、イオン、イトーヨカドー、すき家、ガスと、エネオス、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、エディオンなど

公式 QUIC Payが使えるお店を検索する

Apple payが使える楽天カードのブランド

楽天カードのカードブランドは、3種類。

  • JCB
  • Mastercard
  • VISA

いずれのブランドでも、Apple payを使うことができます。

私がブランドを選ぶなら、Mastercardです。理由は、ちょっと偏っていますが、コストコで利用できるからです。

コストコは、オリジナルカードを除けば、Mastercardブランドしか使うことができません。

VISA・Mastercardは楽天ペイも利用できる

楽天カード 楽天ペイ

また、iPhoneにダウンロードできる楽天ペイも利用できるブランドです。

VISAとMastercardブランドが使えます。

楽天ペイは、QRコードを提示して、簡単に支払いができるサービスです。

QRコードによる支払いは、中国のアリペイで広がりましたが、楽天ペイやLINEペイ、d払いなどで使えるようになっています。

楽天ペイで支払うと、楽天スーパーポイントが0.5%付与されるのも魅力的ですね。

公式 楽天ペイについて調べてみる

スポンサーリンク

キャッシュレス!支払いが楽になる

楽天カードでApple payが使えるのは知りませんでした。

Apple payが使えるのであれば、楽天カードは結構最強な気がします。

ポイントの貯まりやすさ、使いやすさは楽天ユーザーであれば、もうご存知かと思います。

私は、楽天スーパーポイントは、楽天証券での投資信託購入や楽天ふるさと納税に使っていきたいですね。

特に、楽天証券では楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)の積立をしているので、ポイントで購入できれば家計からの拠出が減ることになります。

  • Apple pay(QUIC Pay)に対応!キャッシュレスに使える
  • 楽天ペイで0.5%ポイント付与
  • 貯まったポイントは、投資信託の購入やふるさと納税(楽天ふるさと納税)にも使える

改めて、楽天カードは魅力的なクレジットカードだと思いました。

あなたも持っていなければ、この機会に作っておきましょう。

ではでは。

\\楽天カードを見てみる//

今ならポイントアップですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天カード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント