還元率50%の返礼品は1月31日で終了へ。収入がある人はふるさと納税で節税しよう

ふるさと納税 50%還元 〆切 ポイント制・商品券
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふるさと納税のなかでも人気の高い日本旅行ギフトカードが1月31日で終了します。

寄付額の50%分のギフトカードがもらえるので、正直かなりお得です。

収入がある方であれば、税控除を受けられるので、実質的にはかなりお得に手に入れることができるわけです。

ふるさと納税は直接的な節税策ではありませんが、返礼品があるので、実質的な節税方法と言えます。

初めてのふるさと納税をされる方に、ふるさと納税の魅力をまとめています。

総務省の通知があり、旅行券は「自治体を訪問し宿泊すること」を条件としたものはOKとする方向性ですので、日本旅行ギフトカードは今だけ(1月31日まで)です。

スポンサーリンク

ふるさと納税の還元率50%とは?

ふるさと納税は自治体に寄付することを言います。

自治体が寄付をしたお礼に返礼品を送ってくれるのですが、

この寄付額に対する返礼品の額を還元率(または返礼割合)と言います。

返礼品の金額 ÷ 寄付額 = 還元率(または返礼割合)

還元率が高いほどにお得なわけですが、総務省の通知で還元率は30%までと決められており、多くの自治体が30%の範囲内で返礼品を用意しています。

一部の自治体ではそれを超える返礼品を用意していましたが、返礼品の競争が激しくなり、総務省が問題視したため、2019年に法改正する運びとなっています。

このため、今後は還元率3割を超えるような返礼品は無くなっていくことが予想されます。

日本旅行ギフトカードは、還元率5割と20%も高いので、かなりお得ですね。

日本旅行ギフトカードの返礼品を今すぐ見てみる

ふるさと納税で知っておきたい「税控除」の話

ふるさと納税をすると、確定申告またはワンストップ特例により、税控除を受けることができます。

寄付額のうち、2000円以外は税控除されます。

ふるさと納税 限度額 上限額 税金控除

例えば、20,000円の寄付をした場合、

日本旅行ギフトカードであれば、50%分の10,000円分の返礼品を手に入れることができますね。

2000円で10,000円分を手に入れたことになるので、実に5倍のリターンがあるというわけです。

実質的な節税にもつながります。

還元率が3割であったとしても、お得な制度であるのは間違いないので、ふるさと納税は積極的に利用しておくのがいいですね。

ふるさと納税の税控除の仕組み

改めて、ふるさと納税の税控除の仕組みを解説します。

ふるさと納税は確定申告の「寄附金控除」により税控除を受けることができます。

ふるさと納税 上限額

出典:総務省HP

いわゆる基礎控除や所得控除と同じように、課税所得を圧縮することができるので、課税所得を小さくできます。

このため、寄附金控除額×税率が安くなる税金です。

ただし、住民税の所得割の2割までという上限がありますので、いくらでも控除されるわけではありません。

年収によって、控除される上限額があるわけです。

当然といえば当然ですが、払っている税金以上に控除はないということです。

計算式はややこしいですが、シミュレーションサイトを利用すると、把握することができるので便利です。

次の記事では、各ふるさと納税サイトのシミュレーション機能について解説していますので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

ふるさと納税を家計に取り入れよう

ふるさと納税の魅力は、「返礼品」と「税控除」です。

税控除を受けることで、実質的な負担は2,000円ですので、それ以上の返礼品をもらえれば、お得というわけです。

10,000円寄付すれば、元は取れる計算ですので、ハードルは低いですね。

株主優待よりも、株価の値動きなどのリスクがないのも魅力です。ほぼノーリスクと言っていいですね。

1月31日までの限定でお得な返礼品です。

日本旅行ギフトカードは、有効期限がないので、いつでも使えます!

≫ 日本旅行ギフトカード【還元率50%】の返礼品を今すぐ見てみる

また、同じ和歌山県高野町では、世界のアウトドアブランドのキャンプ用品やファッションに使えるオンラインギフトの返礼品が登場しています。

≫ Orangeオンラインギフトクーポンを見てみる

iPadやApple watchと言った返礼品も残っているので、今だけのチャンスですね。

iPadは寄付額15万円と高額ですので、年収が800万円~900万円を超えている方限定ですが、実質2,000円で手に入れることができますね。

≫ iPadやApple watchの返礼品を見てみる

繰り返しになりますが、1月31日までのラストチャンスですので、この機会を使ってふるさと納税をしてみましょう。

ではでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ポイント制・商品券
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント