収益アップ?SimplicityでGoogleアドセンスのレスポンシブ広告を設置する方法

blog

ジンです。

このブログはアクセスがトーンダウンしています。引きつられてアドセンス収益はアクセス以上にダウンしています。

これだけのためにやっているわけではありませんが、やっぱりアドセンスの収益はモチベーションを維持する一つの要因であることは間違いありません。

さすがにこれだけ下がってくると、何か対策しなきゃやばくない?!って思い立ち、phpやらcssやらまったく分かっていない私がアドセンスの広告をちょいと変更することにしました。やったことは2つです。

私と同じようにAdSenseが右肩下がりだと参考になるかも?!
By: Takamorry

Google アドセンスの収益は劇的にダウン!

以前、調子に乗って「アドセンスで稼ぐコツ」なんてものを書いたわけですが(今となっては恥ずかしい・・・)、そのあと順調に伸びた後、この2か月は日経株価と真逆の動き、まさに水直下に下がっています。

 

アドセンスの規約は厳しく管理画面のキャプチャも一発アウトの可能性もあるのでキャプチャを載せることができませんが。

参考Google アドセンスの禁止コンテンツ

確認すると、うん、すごい下がりようだわ。

やっぱりテンションダウンする!(一つの要因)

ってことで、いろいろと調べた結果、レスポンシブ広告を導入することにしました。コードいじったりとかしなきゃいけないのかなって思っていて今までしていなかったのですが、Wordpressテーマ「Simplicity」を使っているとおもくそ簡単なことが判明!

レスポンシブ広告をやってみる

前々からグーグルさんからは「レスポンシブ広告すると収益上がるかもよー!」ってメッセージが出ていたのですが、それをようやく実践。

レスポンシブ広告とは、

 利用可能なスペースに合わせてサイズを自動調整。レスポンシブ広告コードを使用すると、ページ レイアウトに合った広告ユニットのサイズが自動的に指定されるので、コードがシンプルになり、時間も労力も節約できます。広告ユニットの親コンテナの幅に基づいて必要なサイズを動的に算出し、その幅に最適な高さを決定します。引用:レスポンシブ広告ユニットについて

要はレイアウトによって、広告のサイズを変えてくれるってことです。

今までは、

  • PC 336×250
  • スマートフォン 300×250

だったのを、

  • スマートフォン 336×250

にもなるようにしました。っていうかレスポンシブ広告にするとデバイスに合わせて勝手にやってくれます。

アドセンスのホーム画面で「広告の設定」→「新しい広告ユニット」→「推奨」→「レスポンシブ広告」と順にクリックして、コードを取得すればOKです。

Simplicityで広告の設定

WordPress「Simplicity」を利用している方であれば、コードを貼り付けるだけで完了です。はい、簡単。

WordPress管理画面から「外観」→「ウィジェット」を選択。

simplicity

「広告 300×250」にレスポンシブ広告のコードを貼り付けるだけでよいのです。

simplicity2

楽ちんですな。コードを貼り付けるだけです。

時代はスマホファースト!

simplicity3

うちのブログは、大体6割近くの方がスマートフォンから読んでくれています。

まさにスマホファーストですね。そして、スマートフォンでも大きな広告を設定すればいいのかなって。

い)目立つことは正義
ろ)大きいことは正義
は)多いことは正義

参考記事Google AdSenseだけで家族を養ってきた僕が、今までやってきたブログ運営術をガチで解説するよ

実際のところ、大きくなって効果が現れるかは分かりませんが、先人たちの経験通りやってみようと思います。

広告の許可とブロック

レスポンシブ広告の設定ともうひとつしたことが「広告のブロック」です。

CPCもCTRも下がっていますが、CTR対策がさきほどのレスポンシブ広告

CPC対策が「広告のブロック」です。

CPCとはクリック単価のことで、CTRとはクリック率

設定方法は簡単。

アドセンスのホーム画面から「広告の許可とブロック」→「一般カテゴリ」と進めばあとは簡単にブロックできます。

広告のブロックというのは、広告を表示させないようにすること。ある特定のカテゴリはうちのブログと関連性がないので、ブロックしちゃいましょうって方法です。初めて見ましたが、なぜこんなカテゴリーが・・・ってのがありましたので、そちらをブロックしました。

効果があるかは・・・?

効果が出るかは時間を経過しないとわかりません。ただ、こういうのはA/Bテストの繰り返しだと思っています。

何度も何度も検証していく。

ブログの面白さの一つにこうしていろんなことをチャレンジすることがあると思ってます。

疑問に思ったことを調べて実践する。何事もこの繰り返しかな、と。その過程も楽しめればいいですね。

何もかも順風満帆だとつまらないですよね?(←負け惜しみ?)

また、1、2ヶ月したら結果を報告したいと思います。

でわ。

blogWordPress
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

返礼品で注目なのが『Apple watch』です。
iPhoneユーザーであれば、ぜひ持っておきたいアイテムです。
私もApple watchを使ってから生活の利便性が格段に上がりました。
何より「Apple pay」が使えるので、支払いがスムーズです。
Suicaが使えるので、切符を買う手間がなく、改札もスムーズです。SuicaはJR東日本管内以外でも使えます。
ランニングされている方や健康管理したい方にもピッタリの時計です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント