貯まらない家計がグンとお金を貯めるために守りたい5つの法則

お金 満足 

「なかなかお金が貯まらない」。そんな家庭は多いと思います。毎月カツカツ・・。

我が家もカツカツ・・・です。

そんな我が家も結婚5年で貯金1,000万円以上を作り、そのあとも貯金はゆるやかに増え続けています。

実は、20代半ばのころ、お金が貯まらない家計でした。そこから猛烈にお金に関する本を読み漁りました。多分、20冊以上は読んでいます。家計、お金、投資、節約、そうした本は読む冊数が増えてくると、同じようなことを書いている・・・ってわかっていても読んじゃいます。

そんな根っからお金のことを考えることが好きな私ですが、実は面倒くさがり屋でどんぶり勘定です。

そんな私が心掛けている5つのこと。貯金を増やし続けるために、大事なことだと改めて感じています。

スポンサーリンク

貯金をドーンと増やす5つのこと

収入を増やそう

お金 満足 

収入があればあるほど、お金は貯めやすいですね。

当たり前のことですが、「給料増えないわ~」で手を止めるのではなく、どうすれば収入を増やせるのか。

収入を増やすことは簡単ではありませんが、「やってみる」スタンスが大事です。結果が出るかどうかはわからなくても、まずは始める。

と言っても、私は失敗続きです。続けているからこそ、黒字になっているのかなと思いますが、「知る」→「やってみる」のは案外大事。

支出を減らす

支出を減らすことには、ストレスを伴います。

私が提案したいのは、固定費に過度にお金をかけないこと

住宅ローンや家賃といった住居費がもっとも高額な支出ですが、底にお金をかけ過ぎると家計はまわりません。というか、「生活苦しいな・・」って感情が芽生えます。

これは、マイナス感情のループに入るので、手取り収入25%以下というのが安全域です。額面ではなく手取りです。年収で考えないでください。

我が家は、19%くらいです。下げ過ぎると、それだけ家計の余力は生まれますが、住宅の質も低下するので、バランスが大事です。

あとは保険。保険は、月々数千円未満で入ることができるので、つい入ってしまうこともあるかと思います。それがいくつも保険に入ると、大きな出費になります。

独身であれば保険は不要ですし、医療保険は基本的に入る必要はないです。健康保険という最強の保険に加入しています。

民間保険をまず考えるのではなく、公的保険の内容を知り、会社の福利厚生を知り、それでも不足という思うのであれば、入るべきですね。我が家は、医療保険には入らず、死亡保険にのみ入っています

ストレスを減らす・逃がす

お金 満足 

お金を貯めるのは、収支だけではない!と最近強く思います。

精神論になって申し訳ないですが、ストレスを減らすということでお金は貯まります。

ストレスを溜めると発散費用というお金が出て行くので、お金が無駄に減っていきます。

私は、これを勝手に「心をすり減らす消費」と呼んでいます。

と言っても、ストレスは溜まるものなので、ストレスを溜め込まない・逃がす方法を自分のなかで知っておくことが大事です。

その選択肢が「お金で解決すること」だけしかないと、どんどんお金は減っていきます。

以前、私も経験がありますが、ストレスが溜まるとネットで買い物をしたり、お菓子をたくさん買ったり、どんどんお金に対してルーズになっていきました。

お金が出て行くという新たなストレスも生んで、まさに負のループの始まりです。

本を読む、ランニングをする、ブログを書くなどお金のかからない方法をすることで、消費に頼らないストレス発散ができました。お金で解決する選択肢しかないのは危ういのです。

必要なものは必要なときに買う

買い溜めって経験ありませんか。

あるいは、いまセールだから買っておこうと思って買うことってないですか。

気付きました。

買い溜めって「なかったらどうしよう」という不安から来るものですが、無駄に買ってしまうことがあることに気付きました。

代表例が食材です。

「とりあえず買っておこう」ではなく、『ホントに買っておくべきか』と一歩考えるのがベターですね。

企業と同じで、在庫を持ちすぎると不良在庫になっちゃうわけです。

覚えやすいように、できるだけ買うものは決めておくといいですね。わたしは、Amazonの定期便などを利用して、勝手に来る状態にしています。

お金の満足感

お金 満足 

貯金が1,000万円を超えて、お金を減らしたくない、この数字を下回りたくないと思ってから、支出に対する満足感を重視するようになりました。

先月、おいしいうどん屋さんに家族でランチに行ったんです。

支出は2,500円くらい。とっても満足できる出費。これがファーストフードなどで同じお金を払っても、満足度は私のなかでは低いです。

払って良かった。

お金を使って良かった。

そう思う支出を考えるようになっています。

お金の満足度を上げると、不思議と「満足度が低い(と思う)ところには、お金を出さない」という意識が働くので、使い方も上手になっていきます。

≫ お金の満足度を上げる使い方。使ってもいいお金を作ると貯金も増える。

質の転換

実は、我が家は急激な残業減などもあって、給料収入は減っています。

ちょっと苦しいときでもあります。

これは転換期。

そう前向きに捉えて、いまは我が家のお金の質の転換を図っています。

具体的には、貯金を配当利回りの株へ置き換えています。配当収入を増やす作戦です。確実に毎年配当がもらえる企業の株を買うことは、我が家の収入を底上げしてくれます。

そして、収入の口を増やすという二重の効果があります。

お金を貯めるには、行動が必要です。


  • 収入を増やす、収入の口を増やす
  • 固定費にお金をかけ過ぎない
  • お金をかけないストレス発散法を知る
  • 必要なものは必要なときに買う。買い溜めしない
  • お金の満足感を高めることを意識する

我が家はこの給料減を乗り越えて、質の高い家計を作っていきますぞ~。

≫ 子どもの貯金を増やす手段。毎年、配当が増える企業にお金を預けるという考え。

≫ 米国株投資の5年計画。配当2.5倍をめざして筋肉質の家計を作るぞ。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly