ひふみを凌駕する「SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ」というアクティブファンド

SBIジェイリバイブ ひふみ投信 Punch Warriors-min 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

積立投資は、買うタイミングを考えずに済むので、楽ちんです。長続きしやすい。

投資は長く続けることで、複利効果が出てくるのでとにかく続けたい。

投資信託を勉強すると、低コストで、市場平均と同じリターンが出せる「インデックスファンド」への積立が良いというのがほとんどの人だと思います。

私もインデックスファンドへの積立投資をしていますし、銘柄選択も買うタイミングも考えずに、ただ積み上げていくだけと手間いらずです。

それでして、銀行預金では到底得られない利益を出せますしね。

インデックスファンドよりも高いリターンをめざすアクティブファンドは、毎日かかってくる信託報酬というコストが高いです。

おまけに当然ですが売買手数料(※)もかかってくるので、実質的なコストはインデックスファンドの10倍くらいあるファンドもあります。※販売手数料ではない

ただ、それでもアクティブファンドを中心に積立投資をしています。

人気が高いひふみ投信にも積立をしていますが、そのひふみ投信を凌駕するSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブもなかなかいいですよ。

スポンサーリンク

過去10年でリターンの高い投資信託(ファンド)

投資信託を調べる際には、モーニングスターというサイトが便利です。

モーニングスターで、過去10年リターンの高かったファンドを調べてみると次のようになっています(2017年12月31日現在)。

モーニングスター10年年率リターン

順位ファンド名会社名カテゴリーリターン(10年、年率)純資産額(百万円)
1DIAM 新興市場日本株ファンドアセマネOne国内小型グロース28.71%15,806
2SBI 中小型割安成長株F ジェイリバイブ 『愛称:jrevive』SBIアセット国内小型グロース20.29%33,068
3大和住銀 日本小型株ファンド大和住銀国内小型バリュー17.85%13,907
4J-Stockアクティブ・オープン大和住銀国内小型バリュー17.75%4,590
5MHAM 新興成長株オープン 『愛称:J-フロンティア』アセマネOne国内小型グロース15.57%31,757
6日本新興株オープン日興国内小型グロース15.20%17,368
7JPM ジャパン・テクノロジー・ファンドJPモルガン国内小型グロース14.93%3,836
8スーパー小型株ポートフォリオ三井住友国内小型グロース14.49%1,257
9SBI 小型成長株ファンドジェイクール 『愛称:jcool』SBIアセット国内小型グロース14.46%38,144
10スパークス・M&S・ジャパン・ファンド 『愛称:華咲く中小型』スパークス国内小型バリュー14.30%24,280

SBIジェイリバイブは2位の成績ですね。

ちなみに1位のDIAM 新興市場日本株ファンドと9位のSBIジェイクールは、純資産額が増加したこともあって、新規での買い付けができません

購入できるファンドでは、SBIジェイリバイブが最強ということです。

アクティブファンドは、資産が大きくなりすぎると、運用も難しくなるという性質があるようですね。この点は規模の経済が効くインデックスファンドとは違ってきます。

圧倒的リターン!SBIジェイリバイブ

モーニングスターでは、ファンドの基準価格データをcsvでダウンロードできます。もちろん、各投資信託のサイトでも提供されています。

SBIジェイリバイブと人気のひふみ投信、セゾン資産形成の達人ファンド、日経225のインデックスファンドとを比較してみました。

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ ひふみ投信4

強い・・!! 

 

それも圧倒的に・・!!!

 

ひふみ投信もパフォーマンスの良い投資信託ですが、純資産額では10分の1程度のSBIジェイリバイブのほうが圧倒的にパフォーマンスは優れています。

SBIジェイリバイブのリターン

  • 過去1年 62.11%
  • 過去3年(年率) 31.00%
  • 過去5年(年率) 40.76%
  • 過去10年(年率) 20.29%

インデックスである日経225(ニッセイ日経255インデックスファンド)と比較すると、そのすごさが分かります。

ニッセイ日経255インデックスファンドのリターン

  • 過去1年 20.96%
  • 過去3年(年率) 10.92%
  • 過去5年(年率) 18.67%
  • 過去10年(年率) 5.63%

毎日、新聞などで報道される日経平均株価もこの1年は好調でしたが、はるかに上回るリターンをSBIジェイリバイブはたたき出してくれていますね。

信託報酬は1.8%程度とインデックスファンドの9倍くらいありますが、十分なリターンを出しています。

スポンサーリンク

SBIジェイリバイブの投資方針

株価下落×財務の良い企業

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券8Sモーニングスター出典

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(請求目論見書)

発行上限が1,000億円となっています。現在の純資産額は400億円ほどですので、残り600億円集まると打ち切りですね。

そのSBIジェイリバイブは、株価が下落した銘柄のなかから、財務の良い企業に投資をしています。

 

株価が下落した銘柄から財務安定性に優れ、業績も安定しており、わが国の経済社会に貢献すると考えられる企業の株式に厳選投資します。

投資顧問会社であるエンゼルジャパンが個別に直接面談した企業のなかから、投資をしています。直に会って得られる情報も踏まえた投資をしているということですね。

毎月80社以上の面談しているようです。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI証券

定期調査のされていない企業

SBIジェイリバイブは、東証1部上場企業の投資が7割ですが、東証1部といえでも大企業ばかりではありません。

規模の小さな企業は調査されることも少なく、実に4割の企業は定期調査がされていないようです。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(2017年10月販売用資料)

つまり、埋もれている企業が多くあるということですね。

SBIジェイリバイブはこうした小さくてもキラリと光る企業の見抜く力があるといってもいいかもしれません。

厳選50社への投資

また、そのなかでも50社程度に集中的に投資をしています。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(2017年10月販売用資料)

財務も良く業績が良くても、株価は下がることがあります。

投資家の期待以上の業績でなかったり、全体的に下げ相場のときなど割安に放置されているときを狙っているんですね。

個人だと落ちるナイフはなかなか拾いにくいですが、そうしたときがまさに投資のチャンスだと言えます。

長期保有はしない

長期保有するよりも、株価が割高になったときには的確に利益を確定し、銘柄を入れ替えています。

3年間持ち続ける(割安であり続ける)というのは、なかなかないという裏返しですね。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(2017年10月販売用資料)

割安で手に入れたのであれば、利益がでたときにきちっと確定して利益をモノにしているというのが伺えます。

対TOPIX 10勝2敗

SBIジェイリバイブの設定当初は、TOPIX(配当込)よりも成績が悪かったSBIジェイリバイブですが、リーマンショックのあった2008年以降は10戦10勝です。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(2017年10月販売用資料)

アベノミクスのあった2012年以降は、加速度的にリターンをあげており、好調なTOPIXよりもさらによいパフォーマンスを出してくれていますね。

投資効率をみるシャープレシオは、2.62と圧倒的に高いです。

投資信託 SBIジェイリバイブ 岡三証券

出典:SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(2017年10月販売用資料)

効率よく投資し、リターンを出しているファンドの証ですね。

長期で高いリターンを獲得する割安株

また、SBIジェイリバイブのように割安株への投資は、長期で運用を続けることで高いリターンを生み出してくれています。

スポンサーリンク

インデックスファンド+@に

インデックスファンドを基本として、それだけでなくアクティブファンドへの投資も選択肢に入れてみることも大事かもしれませんね。

私は機械的に投資するインデックスファンドの良さは分かりつつも、人が介在した投資、人の判断で投資しているファンドにも投資してみたいと思いアクティブファンドにも積立しています。

≫ 積立投資では、やっぱりアクティブ投信を選択から外すべき?!

事前にどちらがいいかは分かりませんし、好みもあると思います。

いずれにしろ、積立投資は資産形成にとって大きな役目を果たしてくれるので、万人におすすめできる方法と言えますね。

SBIジェイリバイブは、SBI証券など証券会社で積立投資できます(ちなみに積立発注できるのはSBIジェイリバイブⅡ)です。

SBI証券(iDeCo) では、iDeCoでも投資できるので、積立先として選んでいます。

ではでは。

≫ SBI証券に資料請求してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント