選挙で考える来年の投資方針。2015年、未(ひつじ)は株価が伸びない?!

photo credit: Profound Whatever via photopin cc

ジンです。

来年の投資方針は決めていますか?今日は衆議院選挙で予想通り、自民公明で3分の2議席以上確保したようですね。

先週は日経平均株価は700円近くも下落して、NYダウも700ドル下がったのでちょっと弱腰になってきましたね。日銀緩和効果は50日が賞味期限とも言われるので、今回もやっぱり下げてきたか…という感じでしょうか。

「安いときに買って、高いときに売る」ってのが相場の鉄則なので、この下げはチャンス?「アノマリー」と呼ばれる経験則ってたくさんありますけど、先日、日経新聞に書いてあった記事をちょっとご紹介。

もしかしたら、投資方針に影響を与えるかもよ!?

photo credit: Profound Whatever via photopin cc

スポンサーリンク

2015年は経験則を調べて投資!?

干支で見る経験則

20141214 日経株価

出典:日本経済新聞朝刊2014年12月13日

来年2015年・未(ひつじ)ですが、「未辛抱」という相場格言があるようです。1949年以降の十二支別の年間騰落率を見ると下から4番目という低さだそうです。

2014年・牛(うま)は下から2番目の低さですが、今年は順調に株価は上げていますね。途中下げてたときもあるけど。

アノマリーから見ると今年は良い意味で外れています。

曜日で見る経験則

曜日別でみる経験則はブラック・マンデーに象徴されるように「月曜日の株安」が有名だそうです。米国株との関係だそうですが、金曜日も売りがでやすいようです。

日経記事によると、今年(2014)に限ると実は実は月曜でも、金曜でもなく、木曜日が一番下げがきつようです。

20141214 日経株価2

出典:日本経済新聞朝刊2014年12月13日

私はなんとなく水曜が下がる印象を持っていたのですが、水曜は一番上がる曜日!だそうです。水曜日に買うと損をする確率が高くなる!?

月別で見る経験則

よく言われるのは「5月に売れ!(セル・イン・メイ)」ですね。私の何となく経験では、2月、5月、10月は相場が弱い印象を持っています。

逆に1月は「1月効果」と言われて株高が演出されやすい。つまり、投資するには適さない月。あーそうですね、今年の1月に買った株が大失敗でしたわ。

1月効果が来年も活きるとなると、今がチャンス!?経験則だけで判断してはいけませんね。

大納会で見る経験則

2年前の衆議院選挙のあと株価は上がり続けていますね。2012年、2013年と大納会で年初来高値をつけて、今年2014年も大納会で年初来高値をつければ大納会3連騰と初記録です。

今日の選挙で安定政権が出来上がりましたので、株価にもいい影響をもたらすのかもしれません。政治が不安な国は株価も低調ですからね。ロシアとか、ギリシャとか。

そう考えると、安定政権は発足されるほうがいいってことですね。

ジンの投資方針・2015年

photo credit: Gage Skidmore via photopin cc

photo credit: Gage Skidmore via photopin cc

今回の選挙やアノマリーなどを見て、ジンの2015年の投資方針を発表します。

と言っても大したことではございません。

損を出さないこと。

ハイ、これに付きます。お金を減らさないようにすることが一番です。

2013年2014年と大失態の年でした。でも、もう同じ過ちは繰り返しません。2012年までの投資方針に戻します。

しばらくは投資は控えることになると思いますが、元に戻してのんびりいきます。

2012年までの投資方針

2012年までの投資方針は、結構シンプルなものです。たったの2つです。大きく儲かることはありませんが、大きく損をすることもありません。いや、今まで続けていれば大きく儲かっていましたね。タラレバですが。

①積立投資

ひとつは、積立投資です。セゾン投信に投資をはじめてからずっとしていましたので、ドルコスト平均法が効いてやっぱり相場が上がりだすと、リターンも出してくれやすいです。しかも、損切りなんて不要ですからね。

分散投資はセゾン投信がやってくれる!ドルコスト平均も有効!
「一つのカゴにすべて盛る「なという投資の格言がありますけど、実感してますねーそれわ。一つに集中すると値上がりが大きいとリターンも大きいけど、 リスクも大きい!下がるときは一直...

②割安企業に投資

何を持って割安か?って言うのを語り出すとそれはそれで難しいのですが、一言で言うと利益水準からみて株価が安いか?です。財務諸表を眺めるのが結構好きなので、そこから興味のある企業は他の資料も読んだりします。

利益が伸びている企業と言うのは、大体株価も高いですが、全体的に売られるときってありますよね?全員売れーー!!ってとき。そういうときは、だれもが売るのでその企業の利益とかどうでもよくなっています。

みんなが売るから売る。

そういうときに買います。みんなが売るから買う。下がっているときに買うことは勇気がいるので、その勇気をもたらせてくれるのが下調べです。

とまぁ、ジンは失敗もよくしています。まわりで投資の話をする人はひとりもいませんので(相方のお母さんくらい)、本か自分の経験くらいが相談相手です。2012年まではそこそこ利益も安定していましたので、やっぱりその方針が一番!と思えるわけです。

安定政権は株価に影響!?

photo credit: geerlingguy via photopin cc

photo credit: geerlingguy via photopin cc

今日の衆議院選挙で政治はしばらく安定するかなと思います。いわゆる長期政権ってやつですね。

長期政権でわたしが記憶にあるのは小泉政権くらいしか知りませんが、その時は株価は上がっていましたね。

政治がすべてではないにしろ、不安定な政権よりは安定した政権にこしたことはありませんので、来年も相場が上がることを期待しつつ、今日のニュース速報を見ておりました。

投資は失敗がつきものですが、それを次につなげることが大事ですね。なんでか同じ過ちを繰り返してしまうので、少し距離を置いて投資にのめり込まないようにしていきます。今はのめり込むことははまずないですがね。

がんばるぞ!

では!!