ストップ高!保有銘柄がなった時に改めて考えておくこと

photo credit: cloois via photopin cc

おはようございます!ジンです。まだ、火曜日かぁーーって思っていませんか?はい、わたくしです。

昨日は保有株が久しぶりにストップ高になっていたようです。なんだ、ジン儲かってるじゃん!って思った方、ご安心ください(←何に?)。いえいえまだまだ遠いです。含み損解消の道のり。はるか先。

ストップ高って言葉は株式投資をしない方にはなじみの薄い言葉だと思いますが、ストップ高銘柄は大きく儲かるよって思っちゃいけないってことを知ってもらいたいと思います。

photo credit: cloois via photopin cc

スポンサーリンク

保有株がストップ高になって考えること

ストップ高とは?

そもそもストップ高ってなんなのさってことですが、

株価が値幅制限まで上がることをいいます。一日のうちに上がる株価の上限が決まっているんですね。

例えば、1000円で取引されている株は今日は1500円まで!って決められています。この値幅上限である1500円まで値上がりすることをストップ高と言います。略してS高とかも言われますね。初めて、S高って文字を見たときは???でしたけど。

ものすごく買われる場合は、値幅上限まで行くことが多いですね。

ストップ高になるとものすごく儲かります。まぁ、なかなかそんなにうまくいくことではありませんが。

最近上場したFFRIがストップ高になっていました。IPO上場後はストップ高になる株式も多いですね。

ストップ高銘柄

photo by yahoo ファイナンス

ストップ安とは?

ストップ高とは逆に、株価が値幅制限まで下がることをストップ安といいます。S安とかも言われますね。私も何度か経験しております。

先ほどの例でいうと、1000円の株価が今日は500円まで!って下限が決められています。ですので、どんなに大量の売りが出ても500円までしか値下がりしないということです。翌日になると値幅下限は切り下がります。

値動きが激しい

ストップ高になったからといって浮かれることは決してありません。逆に、ストップ安になったからといって動じることもありません。はぁーとため息はでるけど。

株式投資をしていると、安値で購入できた株がストップ高になると大きく儲けることができますが、ストップ高になるような銘柄というのは、値動きが激しいことが多いので、下手に手を出すと大やけどを負うことになります。火傷負ってるの私ですけど・・・。

ストップ高=いい企業とは限りません。今日はストップ高でも明日はストップ安かもしれません。投資の王道は安く買うことです。

紙くず経験

株式投資は値上がり益を享受できると、結構簡単に稼げる一方でその逆も当然あるわけです。

その一つが予期せぬ上場廃止です。

その昔、エルピーダメモリといってDRAMでは世界シェア1,2位を争うようなメーカーが日本に上場していました。リーマンショック後に国の金融支援を受けた会社で、国もこの会社の技術は守らないと!って思えるくらいの会社だったわけです。上場していましたってのは、上場廃止になったから今は上場していません。そう、倒産したんです。

まさか、ジン、そんな株持っていなかったよね?

いや・・・・

その、まさかです!

初めて訳も分からず買った個別株がエルピーダメモリです。100株10万円くらいで購入しました。

それが、上場廃止になり紙くずになりました。倒産します!って記者発表した当日は大量の売り注文が出て売買が成立せず、そして東証は値幅制限を撤廃(←こんなこともあります)し、いくらでも売ってよし!の状態になりました。ストップ安なんてなくなった日です。

いくらで売れたと思います?

3円です。

目が天ですよね。ホントです。

10万円で買った株が、3円で売れました。

99,997円の損失!!

株こえーわ!って、いきなり思った経験でした。このことは、家族に内緒ですがこのブログは家族に言っているので、今日は家に帰るのが怖いですね(><)

一応、この損失はプラスして取り戻していますけどね。

株価に一喜一憂しないこと

株式投資はストップ高など投信にはない魅力もあります。大きな値上がり益も期待できます。しかし、心臓ハラハラドキドキなんてこともあります。投資をするにはまず、投資信託などから始めるといいと思います。セゾン投信などインデックスファンドで信託報酬の低い投信などがいいように思いますね。

投資は小さな額から経験を。いきなり、ストップ高連発するような株に投資すると後で痛い目合う可能性が高いように思います。小さな額からコツコツ積み立てが一番です。

コメント

  1. 私はストップ高には縁が無いですが、保有株のストップ安は何どか経験しています。
    ただ、そこで買いに行くんですね(*^_^*)

    ちなみに全敗です(;一_一)

    今年の株は、想像以上にマイナスが膨らみました。
    その理由は下落株の損切りを引き延ばしてしまったこと。
    トントンぐらいかと思っていましたが、10万円ほど、赤字で申告です(*^_^*)

    株は一度も利益の申告したことないですね(;一_一)
    センスが無いんでしょう。

    ※去年までは利益は出ましたが、20万円以下です。

    • ジン より:

      しらいゆうき さん
      いつもコメントありがとうございます。
      調子乗った記事を書いたせいか?ストップ高になった株はストップ安になるのではないかというくらい今日は下げていました。真ぁ、気にしていないですけどね。
      ストップ安になると買うっていうのはある意味僕は正解かなっって思っています。安い時に買えるその行動が理にかなっていると思うからです。
      FXでかなり儲けられているので、収支的には黒字?ならいいように思います。株とFXの損益通算ってできないんですかね?できるとよりよかったですね。

      • >FXでかなり儲けられているので、収支的には黒字?ならいいように思います。

        それほど儲かっていないです(;一_一)

        サプライズで現在どんどん黒字が増えていますが、こういう「まぐれ」に期待するのはいかがなものかと思いますね(*^_^*)

        個人的な見解としては、ストップ高・2倍3倍になる銘柄に出会わなくてよかったと思います。
        負け惜しみみたいですが、そういう銘柄に出会うと、投資が博打みたいになって、そればかり追いかけるようになります。
        実際にそういう銘柄を狙って、下がっては損切りを繰り返している人がいましたね。

        • ジン より:

          しらいゆうきさん

          負け惜しみでもなんでもなく、出会わなくてよかったということが一番です。あの記事は過去の自分に書いています。ストップ高になるような銘柄に投資をしてはいけないってことを伝えたかったのです。
          やはり乱高下が激しいです。昨年IPOのことも知らなければ、今までのように良い企業にバリュー投資を続けていれば、年収くらいの含み益プラス配当がある状態でした。

          ホントに失敗だったと思います。
          簡単に稼げるような投資は博打です。そんな投資はダメだよってことを伝えたくて書きました。

          しらいさんのこうしたコメントはある意味僕を支えてくれています。ブレないしらいさんを見習って、スタートラインに戻れたら、もう一度過去の投資法を実践するつもりです。

          • すいません。コメントがしつこいかもしれませんが、

            >年収位の含み益プラス配当がある状態

            これ凄いですね(@_@;)
            私も将来は目指したいですが、なかなか投資はうまくいきません。

            >ブレないしらいさんを見習って

            いえいえブレまくっています。
            特に好調時は好調なりに不調時になるともっと激しく、方針を転換してしまいます(*^_^*)
            利益も含み損も内容な微妙な状態こそが、意外に安心できる場面かもしれません。

          • ジン より:

            しらいさん

            おはようございます。いいえ、全然しつこくありません。年収くらいの・・・は、たらればなので実際にはありません。
            そうなんですね。決めた方針を貫くことは難しいですね。新しい知識が入ると使いたくなってしまいますし。僕は当面何もせずかなと思います。何もできないの言い間違いかな。いつもありがとうございます!