住信SBIネット銀行「スマートプログラム」は私にとって改悪?それでも使い続ける魅力とは?

住信SBIネット銀行を利用している方は、2016年1月から利用内容によっては、改悪になるかもしれませんね。かくいう私もその一人になりそうな気が・・・。

我が家は住信SBIネット銀行を中心にお金を管理していることもあるので、改悪になればちょっと残念です。いや、だいぶと残念です。

今回、住信SBIネット銀行が打ち出したのは、ランク制度です。利用内容によっては、サービスが良くなるし、悪くもなるということです。今までが良すぎただけなので、これはある意味当たり前のことかもしれませんね。

住信SBIネット銀行が今回出した「スマートプログラム(仮称)」ということですが、これから住信SBIネット銀行の口座を開設するかたは参考にしてみてください。

スポンサーリンク

スマートプログラムとは?

使い方によってランクが決まる制度を導入します。似たような例では楽天銀行がすでに取り入れていますね。

住信SBIネット銀行によると、

スマートプログラム(仮称)とは、商品・サービスのご利用状況に応じて、現金に交換可能なポイントが貯まり、ランク制度(後述)により様々な優遇が受けられるプログラム

使い方次第では、今まで以上のサービスを受けることができる制度です。

ランク制度による優遇制度とは?

スマートプログラムはランクを1~4の4段階にランク分けされます。最初に言っておくと、ランク4はかなり条件が厳しいです。ただ、住信SBIネット銀行を上手に利用するにはランク4までは不要かと思います。

住信SBIネット2

住信SBIネット銀行の魅力は何といっても、他行あて振込手数料が月3回まで無料ということです。私もこの制度を使って家賃振込みをしていたので、いくら節約になったかはかり知れません(ちょっと大げさ)。年間3,600円くらいは節約できていました。

それが、ランク1だと月1回になってしまうので、ランク1に該当すると改悪となってしまいますね。

ただ、振込みは3回無料でもほとんど使い切ったことがないので、無難にランク2を目指せばいいと思います。

どのランクになるのか?条件とは?

住信SBIネット3

ランク4の条件

次のいずれかの条件を満たすとランク4の条件となります。

  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
  • 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上 かつ 住宅ローンを利用

うん、外貨預金も仕組預金もしていません。住信SBIネット銀行のネット専用住宅ローンは、8大疾病保障が金利上乗せなしに標準装備なので、住宅ローンを考えている方は住信SBIで借りるのも選択肢ですね。金利も安いですし。

ランク3の条件

ランク3の条件ですが、こちらは細かに分かれています。

  • 総預金の月末残高が300万円以上

に該当するか、

  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 住宅ローンを利用

に該当するか、次のいずれかに該当する必要があります。

  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に3つ以上該当
  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. カードローンの月末借入残高あり
  5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  6. 純金積立の引落しあり
  7. 給与、賞与または年金の振込あり
  8. デビットカードのご利用金額合計が月間1万円以上

えっと、我が家はかすりもしませんでした。ランク3には該当しないです。月末残高1,000円以上は満たすんですけどねw

ランク2の条件

続いて、ランク2の条件です。一番狙いたいランクです。

ランク2の条件ですが、こちらもランク3と同じように細かに分かれています。

  • 総預金の月末残高が100万円以上

に該当するか、次のいずれかに該当する必要があります。

  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に2つ以上該当
  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. カードローンの月末借入残高あり
  5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  6. 純金積立の引落しあり
  7. 給与、賞与または年金の振込あり
  8. デビットカードのご利用金額合計が月間1万円以上

もしくは、次の要件です。

  • 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 30歳未満

うーむ、年齢制限と来ましたか。若い人優遇ですね。いいことだけど、個人的には該当しないので残念。20代の方!!今、住信SBIネット銀行を開設するとお得です!!

貯金100万円が該当するかもって感じです。それ以外の場合は、1~8の2つ以上の条件を満たす必要がありますが、3.ハイブリッド預金があるくらいで、ほかは該当しなさそうです。

うちの会社は給与口座にネット銀行不可ですし。

デビットカードは興味あります。

ランク1の条件

最後に一番利用サービスが低くなるランク1の条件です。

ランク2~4のいずれにも該当しなければランク1となりますね。

今回気になるのはATM手数料

今までセブン銀行だと引き出しは何度でも無料だったんですが、それがなくなってしまいました。ローソンなどのイーネットは月4回まで無料と制限があったんですが、セブン銀行との垣根をなくした感じですね。これは残念です。

ランク2だと月5回の引き出しまで無料なので、ランク2に上がっておくことがいいのかなと思います。ランク1でも月2回の引き出し無料ですが、ある意味ATMからのお金引き出し頻度を落とせるので、無駄なお金を使わなくて済むかもしれません(ポジティブに考えると)。

ランクの判定方法

毎月1日に、前々月の商品・サービスのご利用状況に応じてランクを判定することになります。

利用内容によって現金交換が可能なポイントが付与されるので、住信SBIネット銀行使い倒し作戦もいいかもしれません。SBI証券ではすでに同様のサービスがあって、ちょくちょく現金交換しています。

改悪しても使い続ける住信SBIネットの魅力

さて、ランク1になってしまうと(なりそう)、今よりもサービスは改悪されてしまいます。ただ、銀行側の姿勢は当たり前でよく利用している方や多くお金を預けている方のサービスを優遇することは当然のことです。

今までが良すぎたんですね。

たとえランク1になっても私は住信SBIネット銀行を使い続けます。

住信SBIネット銀行が最強のネット銀行だと考えています。 我が家では複数のネット銀行を使って家計管理をしていますが、その中核となるのが住信SBIネット銀行です。 このネット銀行...

目的別口座が驚くほど便利

住信SBIネット銀行は、普段ATMから引き出しできる「代表口座」とは別に同じ銀行内に口座を設けることができます。

これがかなり便利です。

私の場合は意思が弱いので、すぐに引き出しできる口座にお金を入れておくと使ってしまいます。それを防ぐためにも利用しています。

イメージはこんな感じです。

住信SBIネット

同じ住信SBIネット銀行内で、例えば冠婚葬祭用の口座、医療保険用の口座、頭金用の口座など分けて管理することができます。

家計簿アプリで便利なマネーフォワードfreeeは、この目的別口座もきちんとデータ収集してくれますので、管理もしやすいです。

これはホント便利なので、これがあるだけでも使い続けます。

あわせて読んでみる ⇒ 住信SBIネット銀行を開設すると5つの口座を保有できます!口座別家計管理にはうってつけのサービス!

住信SBIネット銀行同士では振込手数料が無料

我が家はパートナーも住信SBIネット銀行を保有しているので、資金移動は無料でやっています。我が家の場合は、パートナーの貯金口座として使っているので、毎月一定額を振り込んでいるわけです。

私が使っている住信SBIネット銀行はいわばハブ銀行のような存在。

まずはここに集めて、ほかの銀行に振り分けていきます。

お金の管理はどうされていますか?我が家は口座別でお金を管理しているので、銀行間の資金移動がものすごく多いです。 でも、銀行間の資金移動って振込手数料とかかかっちゃってしまうと結構...

使い続けてOK

ランク1になると振込手数料の面で改悪となってしまいます。それでも、使い続けるだけの魅力が住信SBIネット銀行にはありますね。

住信SBI2-min

振込手数料は、楽天銀行じぶん銀行などほかの銀行を使うと便利です。給与口座に指定すれば楽天銀行は他行あて振込手数料が無料ですし、じぶん銀行は三菱UFJ銀行あて振込手数料が無料です。

私のように口座別に用途を決めておくと便利です。住信SBIネット銀行のほかに、Tポイントを現金化できるジャパンネット銀行もおすすめのネット銀行です。老舗ですね。

今回の住信SBIネットのスマートプログラムの発表はびっくりしましたが、即座に使わないという選択肢はなく、これからも使い続けるということです。

これから、住信SBIネット銀行を作ろうと考えている方は、迷わず持っておきたい銀行のひとつであることは変わりありません。

口座開設>>住信SBIネット銀行

では、また。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly