昇進しても給料が上がらない!?給料だけを見て仕事をしないことって意外と大事かなと。

仕事 統計関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク

組織に属していると「昇進」について、考えることがあるかと思います。

先日、会社の同僚や部下と飲みに行く機会があったのですが、「昇進したい」「昇進したくない」で真っ二つに意見が分かれていました。

私自身は、ある程度までは昇進したいけど、管理職にはなりたくないという感じでしたが、あなたはどのように考えていますでしょうか。

昇進すると、責任も上がりますが、給料も上がって、懐も温かくなりますね。

でも、昇進したくないという人は多いようです。

スポンサーリンク

会社の組織の役職とその順位

会社によって多少違うかもしれませんが、会社の役職順位ってこんな感じではないでしょうか。

組織の構造

http://business-textbooks.com/positiontitles/

ここで言えば、ちょうど私は「主査」というところにあたります。

割合で言えば、管理職(課長以上)は1割程度だと思います。役職のついていない平社員が一番多いわけです。

同僚の場合は、大体同じような役職です。ただ、部下の話は聞いていると、「昇進したくない」というのが圧倒的に多かったんです。

昇進しても大して給料が上がらない

昇進したくない理由としては、「昇進したとしても、対して給料が上がらないから」というのが大半の意見だったんです。

私が主査に昇進したときはどのくらい上がったか記憶にないですが、確か5000円~8000円くらいだったと思います。

例え、昇進しなくても月に10時間も残業をすればその昇給額を超える給料をもらうことができます。

ということは、多少残業のある場合は、昇進して変に責任を負うよりも、平のままのほうがいいという心理なんだと推測できます。

公に昇給額が分かるのが公務員ですね。公務員の給料は、法律で決まっているので、誰でも閲覧することができます。

1級、2級・・・というのが役職です。例えば、1級であれば定型的な業務、2級は主任級の業務・・・などと決まっています。

見方がよくわかりませんが、昇進によって、2級→3級とそのまま動くと3,4万円くらい昇給するということでしょうか。

国家公務員 給料

http://www.jinji.go.jp/kankoku/h17/pdf/h18.4houkyuhyou.pdf

残業代が減っていくなか手取り増やす手段

働き方改革で残業時間が減っています。厚生労働省が発表した2017年3月の毎月勤労統計調査によると、現金給与総額は10か月ぶりに下がりました。

統計 厚生労働省「毎月勤労統計調査」

残業代も1.7%減っており、残業時間も2015年→2016年と減っているんですね。

残業時間が減ると、残業代も連動して減るので、モチベーション低下にもつながりかねないですね。

エンジニア情報サイト「fabcross for エンジニア」が実施した「残業に関するアンケート」(会社員・公務員1万145人対象)によると、

『残業する主な要因は、残業費をもらって生活費を増やしたいからだ』が、非常にあてはまる・やや当てはまるの合計で34.6%にものぼります。

残業する理由 統計2017

http://engineer.fabcross.jp/archeive/170302_overtime_work.html

3人に1人が、残業代を生活費の充てにしているということですね。

昇進して給料をあげていく

私自身も残業時間は目に見えて減っています。

5年前と比べても、残業時間は6割以上減っています。

残業単価、仕事の質を上げていくためにも一定の昇進は必要かもしれません。一生、平社員のままであれば、給料も上がらず、生活レベルのアップも難しいですからね。

スポンサーリンク

まずは目の前の仕事に全力を尽くそう

仕事

給料が上がらないから昇進する努力を怠るというその気持ちは、分からないわけではありません。

ただ、昇進する努力を怠る→仕事もセーブするというのだけは、部下や後輩にはやってもらいたいことではありません。

昇進は運と上司の評価が必要なので、自分のチカラだけではどうにもなりませんが、仕事の成果や取組姿勢が悪い人が昇進することはまずありえません。

目の前の仕事に全力を尽くすことで、見えてくることもあります。

かくいう私も20代の頃は、「給料」という一側面だけを見てしまっていたときがあります。

ただ、途中で自分のなかで「なにか違う」という感じたので、目の前の仕事をがんばることに集中したんです。そうすると、社内の信頼度も上がり、上司の評価もついてきました。

昇進したくない気持ちは分かる。

でも、仕事は手を抜かずに全力を尽くしていくべき。

そうしないと振り返った時に自分に嘘をついているような気がしてならないんです。

なんだか変な記事になりましたが、部下や後輩の気持ち。なんだか複雑でした。

ところで、残業が減るのはいいんだけど、そもそも給料安くない?

もっと給料を上げて、残業代を生活費の糧と考えが薄まれば、もっと効率よく働いて全力で残業しないようにすると思うんだけど。

ではでは。

Pickup! 出世に興味はないはうそか。自分の気持ちの奥底は不明だけどやることをやるだけ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
統計関連仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント