ふるさと納税を初めてする際の注意点とは?やってみると意外に簡単!

ふるさと納税を初めてやってみました!!

ふるさと納税の賛否両論はありますけど、現在サラリーマンが気軽にできる節税方法であることは間違いないと思います。

それで、いままでは全然手つかずでしたけど、家族が増えて家計もちっとばかり厳しくなっていますので、ちょっとでも節約・節税できることはないかなって思って調べたことの一つが「ふるさと納税」です。

この記事では、


◎初めてふるさと納税をされる方

◎ふるさと納税をする前に何をしたらいいのか知りたい方


実際に、ふるさと納税をやってみたい経験から、納税方法や納税限度額のこと、注意点などを踏まえてまとめています。

photo credit: 401(K) 2013 via photopin cc

スポンサーリンク

ふるさと納税をする前に大事なこと

wpid-20141102_202305.jpg

ふるさと納税の控除できる限度額を確認

まず、これが一番大事です!

どこに納税する、どんな特産品を選ぶよりも大事なことなんです。

自分の年収に応じて、もっとも負担の低い寄付金の上限額が決められています(最低負担額は2000円です)。

例えば、年収450万円で10万円も寄付(ふるさと納税)をすると、ふるさと納税をするだけ損することになります。

納税することで損というのは変な言い方ですけど、持ち出しが多いという意味です。

ふるさと納税をするにあたって、寄付金額の上限の計算方法は以下の通りです。

①所得税から所得控除 (寄付金-2000円)×所得税率

②住民税から税額控除 (寄付金-2000円)×10%

③特別分控除     (寄付金-2000円)×(100%-10%-所得税率)

①から③の合計から2,000円を除いた額が控除される上限金額です。

例えば、独身または夫婦共働きであなたの年収が700万円(※)であれば、108,000円のふるさと納税に対して、自己負担2,000円を除いた、106,000円の税金が安くなるんです。

※総務省が示している「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」を参照

ふるさと納税700万円上限額

自分の年収に合わせた上限金額の調べ方は下記の記事でまとめていますので、よろしければご覧ください。

今年は、ふるさと納税に初めてチャレンジしようと思っている方向けにまとめた記事です。 前々から気になっていた「ふるさと納税」。 少しでも節税したい! 手元のお金を増やしたい!...

この本がわかりやすかったですよ。

ふるさと納税品の調べ方

141102-1 ふるさと4

出典:ふるさとチョイス

ふるさとチョイスというポータルサイトがあるのでこちらを利用しました。

寄付金額やお礼の品(お肉、フルーツなど)を選択して検索することができるので便利です。

ただし、このサイトで「NEW」(新しい!)ってなっていても、必ず各自治体のポータルサイトで確認しておく必要があります。

実際、マンゴー欲しいなーーって思って検索して自治体のホームページにアクセスすると、今年度はすでに終わっていました。

納税する自治体のホームページは必ず確認!ですね。

ふるさと納税第1段は?

ふるさとチョイスで探していましたがお目当てのフルーツ系がなかなかなかったので、そうなるとやっぱ肉でしょ!ってことになって、めったに買わない牛肉を選択しました。

岐阜県の各務原市に納税!

ふるさと納税第1段は岐阜県にある各務原市(かかみがはらし)にしました。 選んだのは、「特選飛騨牛A5等級すき焼き用 250g」×2です。

141102-1 ふるさと3

出典:各務原市ふるさと納税記念品

このお肉は、各務原市ふるさと納税記念品カタログによると、

和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」において最優秀枝肉賞を連続受賞した、岐阜県が誇る最高級黒毛和牛「飛騨牛」

ということです!いやー金メダルのお肉ってこと???んんんんーーーー楽しみです!!!

各務原市(かかみがはらし)への納税方法

納税方法です。

今回は各務原市(かかみがはらし)の場合ですが、ほかの自治体もほとんど同じです。

①各務原市のふるさと納税のサイトから申し込み

 https://kifu.f-regi.com/contribute/kakamigahara/

②メールアドレスを送信

③返信されたメールのURLをクリック → 名前や住所など個人情報を入力

④ふるさと納税金額を入力(今回は20,000円なり)

⑤支払い方法を選択(クレジットカード、コンビニ支払いなど)

⑥確定で終了!!

141102-1 ふるさと5  

これであとは、確定申告までに寄付を証明する書面(ふるさと納税あざぁーす!!という書類)とお肉を待つだけですね。

私の場合は、上限額からみると残り1万円はできそうですが、この時期はほかにいいものがなさそうなので、使わないかもしれないですね。

ふるさと納税は、寄付金上限額の範囲内で複数の自治体(同じ自治体に年に何回かに分けてするのもOK)にふるさと納税することができるのです。

今回は実質2,000円で500gのお肉が買えたことになりますが、すき焼き肉は百貨店で見ると4,000円(100g800円)くらいするので安く手に入れることができて、税金も安くできた、ということですね。

ふるさと納税はサラリーマンの節税方法のひとつ

サラリーマンの節税方法って調べると結構ありますね。ひとつずつ実践していきたいと思います。

中でもふるさと納税は、手間暇もそれほどかからず手軽にできる節税方法ではないでしょうか。

また、今回はふるさと納税をするにあたって、クレジットカードで支払っているので、クレジットカードの還元率分も節税になりましたね!

クレジットカード選びは、あなたの可処分所得にも影響するくらい大事なことです。現金支払いでは手に入らないクレジットカードの還元を賢く利用すると、おこづかいが増えることにもつながります...

また、コンビニ支払いのできる自治体であればセブンイレブンでnanacoカードでの支払いをすると、クレジットカードでチャージすることができるので、こりゃまた節税方法になりますねっ!

nanacoチャージでポイントの付くクレジットカードは、



nanaco(ナナコ)モバイルを使って税金を支払いを行って節税にすることができるんですねー。実際やってみましたよ。 今回初めて使ってみたわけですが、 36,000円の税金を支払...

来年のふるさと納税はフルーツをゲットするぞーー!!確定申告の際にはまたふるさと納税について、書いてみたいと思います。

参考  ふるさと納税をした場合の確定申告の書き方。サラリーマンの節税方法は確定申告までして初めて完了

ふるさと納税はサラリーマンの節税手段という意味で大事なことだと思います。

おすすめふるさと納税ができるサイト

最後に、ふるさと納税を使うときのサイトについて、です。

さきほどはふるさとチョイスを例に出しましたが、ほかにもたくさんあるんです。

私は還元率の高い特産品である「電化製品」を選ぶことができるふるなびというまとめサイトをお勧めします。特に、年収の高い方はおススメです。

自分が使いやすいサイトを利用して頂ければ一番ですが、ふるなびは見やすいですし、分かりやすいので便利です。

ふるさとチョイスさとふるは、利用できる自治体が多いので、まずはここに登録をしておくといいですね。

今回、各務原市のお肉をゲットできました。

提携自治体が最も多いので、ふるさと納税をするなら、まずはふるさとチョイスへの登録ですね。登録も3分ほどでできますよ。

≫ ふるさとチョイス

では。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly