ラストは貯金10万円!今年最後の給料日にふるさと納税で節税!

ふるさと納税の基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日は、貯金のこと、家計簿のこと、ふるさと納税のことをさらりと振り返りたいと思います。

今年もあとわずかですので、ふるさと納税されていない方はちょっと急井田法が良さそうですね。

最後にちょっと節約したい方はちょっと参考になるかもです。

photo credit: pshegubj via photopin cc

スポンサーリンク

今年最後の給料の貯金

給料をもらうのも今年も最後…。良く働いたわ。いや、ほんと。

今年最後の貯金ではなんとかなーーんとか、2けたの 10万円 をすることができました。

最後にぶっこみましたで。

ということで、今年は年間総額140万円!!貯金でございます。

でも、集計すると200万円超えていました。

きっと、エクセルの計算式にどっか二重カウントが出てるのかもしれませんので、ちょっと確認する必要がありますね。

今月、こんなに貯金することができたのは所得税がゼロだから! ゼロというより還付があったから!でございます。年末調整のおかげですね。

そして、我が家は配偶者特別控除を申請して、私の所得を11万円も減らしていますから、それなりに効果があったようです。 生命保険料控除も満額控除しましたしね。

年末調整!保険料控除を知ってると節税につながるかも?
年末調整の時期ですね。サラリーマンは保険に加入することも多いかと思いますが、年末調整のこと、ちょっと知っておきましょう。保険の入り方で、節税対策にもつながりますからね。年末調整の際にちょっと知っておくべきことをまとめました。photo cr

来年に向けての家計簿ノートを購入

オレンジページ」のシンプル家計ノート 家計簿を購入しました。昨年に引き続いて「オレンジページ」のシンプル家計ノートにしました。

普段は、家計簿アプリである「無料の家計簿マネーフォワード」を利用していますが、クレジットカードの利用金額とその金額をクレジットカード引落口座に入金したかの消し込みをするために、家計簿ノートも利用しています。

ネット上では消し込み作業ができないので、こういうのはアナログのほうが便利でいいですね。

ちなみにこの家計簿は税込300円とすごく安いです。

スポンサーリンク

ふるさと納税2回目を実施

岐阜県各務原市へのふるさと納税に続いて、まだ寄付金上限額に達していなかったのでふるさと納税をすることにしました。

ふるさと納税は、所得税・住民税から控除してくれますのでノーリスクで可処分所得を増やすことができます。 今までやってこなかったですけど、今年ようやく重い腰をあげてやりましたわ。

この年末、ひとつだけ注意点があります!所得税の計算は1月1日から12月31日までで計算しますので、年内にふるさと納税先に着金する必要があります。もう今週だと無理かものレベル。 そこで出てくるのがクレジットカード決済ができる自治体。これであれば即納付できるので心配いりません。

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」でクレジットカード対応の自治体をすぐに調べることができるので、ふるさと納税に興味がある方は是非調べてみてください。

141221-2 ふるさと納税

今回は、牛タンが食べたくなったので大阪府泉佐野市にふるさと納税しました。もちろん、クレジットカード決済対応です。3分で納付できましたわ。

泉佐野市にふるさと納税するとPEACH(ピーチ)ポイントがもらえるようです。

ふるさと納税初心者が確認すべきこと!それは寄付金上限額のこと
今年は、ふるさと納税に初めてチャレンジしようと思っている方向けにまとめた記事です。 前々から気になっていた「ふるさと納税」。 少しでも節税したい! 手元のお金を増やしたい! と思うとサラリーマンでもできる節税方法のひとつ「ふるさと納

クレジットカード決済するメリットがもう一つあります。 それは、クレジットカードのポイントが付くこと、ですね。還元率分お得ですね。 Yahoo! JAPANカードリクルートカード楽天カードなど還元率の高いクレジットカードを保有しているとさらにお得です。

スポンサーリンク

今年も無事終わり

今年の家計簿も最後になりました。無事終わって何より。貯金は予算を超えたのでよかったわい。

絶対貯金額を達成する。

そんな思いで毎月過ごしていればなんとかなるのかもしれませんねぇ。

気合い入れ過ぎると節約疲れやその反動で消費が増えてしますので、いつもゆるゆる家計管理で続けていくことが大事だと自分に言い聞かせています。

続けることも才能よ。

今年してよかったのは、ふるさと納税をしたことですね。節税できて返礼品ももらえるので、活用しない手はないですね。

では。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ふるさと納税の基本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント