【つみたてNISA延長へ】いつ始めても800万円の投資が可能(不公平な点が解消)

つみたてNISA NISA
スポンサーリンク

将来の資産形成をしていくには、継続的に投資をしていく。つまり積立投資をしていくことが最強であると思っています。

売却益が非課税となるつみたてNISAは、年間40万円の投資が20年非課税という長期投資にうってつけの制度です。

最大で40万円×20年の800万円までの投資が非課税となる制度です。

ただ、2037年までという期限があり、毎年40万円ずつ投資可能額が下がるというなんとも不公平な制度でした。

2018年に始めた人は合計800万円投資できますが、2019年に始めた人は合計760万円、2020年に始めた人は合計720万円と合計投資額が40万円ずつ下がる仕組みだったのです。

これが20年度の税制改正により、いつ始めても合計800万円の投資ができる制度に変わる予定です。

これは朗報ですね!

スポンサーリンク

つみたてNISAの制度が改善

20年度の税制改正大綱に盛り込む予定のようですが、実現できれば、つみたてNISAのデメリットが解消されますね。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAは、金融庁が認めた投資信託のみ運用することができ、年間40万円までの積立が可能。

その40万円に対しては、20年間は売却益などにかかる譲渡所得税約20%が非課税になるという素晴らしい制度です。

つみたてNISA 金融庁

出典:金融庁

ただし、最初に言ったように、2037年度までという期限が決まっており、毎年40万円ずつ非課税枠が減っていくというルールです。

つみたてNISA

利用開始期限は2037年末までというのは、変わりません。

ただ、2037年に始めた場合も2056年までつみたてができ、800万円の投資が可能というわけです。

これはぜひとも実現してほしい税制改正ですね。

つみたてNISAのデメリットは毎年40万円ずつ投資額が減り、遅く始める人にとっては不公平な制度だったんですが、それが解消されるわけです。

積立投資は最も手軽にできる資産運用

いきなり大化けするようなことはありませんが、コツコツと積立投資をしていくことができるのがメリットです。

少額からでも投資をすることができるので、いわゆるドルコスト平均法と呼ばれる、

価格が高いときには少なく買って、安い時には多く買うという方法が自動的に取れるわけです。

ドルコスト平均法 つみたてNISA

出典:日本証券業協会

投資に万能な投資手法はありませんが、長く続けやすい方法と言えます。

例えば、毎月3万円の積立を20年間、年利6%で運用することができれば、660万円もの運用益ができ、資産は1,300万円以上にもなります。

楽天証券

楽天証券

投資ですので、毎年6%の運用が20年も続くことはありません。

20年間で慣らしてみれば6%で運用できた場合ですが、老後の資産形成に大きく寄与してくれるものと言えます。

敗者のゲームに学ぶ

created by Rinker
¥1,870(2019/12/15 13:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

私が読んでいる投資本のなかでも、随一ともいえるインデックス投資でも有名なチャールズ・エリスの『敗者のゲーム』という本があります。

これから投資を始める方は、ぜひとも一読しておきたい本と言えますが、

そこでは、マーケットのタイミングに合わせた投資が非常に難しいことを示してくれています。

過去109年間で、ベスト10日間を逃しただけで、この間の利益の3分の2を失うという。

長期的に見て投資家が失敗する原因の一つは、激しい下げ相場に遭難してパニックに陥り、上記のような最大の上げ相場に参加する機会を自ら放棄してしまうことだ。

投資家は、『稲妻が瞬く瞬間』に市場に居合わせなければならない。相場のタイミングに賭ける投資は間違っており、決して考えてはいけない。

こう記しています。

私たちが投資をするにあたって、ベストのタイミングで買いを入れるのは至難の業であり、困難であり、不可能だと考えていいでしょう。

その点、市場に居合わせ続けることができる積立投資は、上昇相場が来たときに、その恩恵を受けることができる方法と言えるのです。

スポンサーリンク

投資を続けることを考える

投資をしていくには、長期の目線が欠かせません。

ほぼほったかしで投資できる積立投資は、会社員にとっても便利な方法です。

また、つみたてNISAは売却益に対して非課税という恩恵が受けられる良い制度です。

今回の税制改正が実現されれば、つみたてNISAの不公平な点は解消されますね。

老後の資産形成にも使える積立投資を実践して、資産形成をすることが大事です。

少額でも早く始めて長く続けることが大切なことですね。

積立投資では、さきの敗者のゲームは少々難しい面もありますが、これから始められる方は、次の2冊を読まれることをおすすめします。

ではでは。

created by Rinker
¥1,681(2019/12/15 13:07:18時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NISA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント