ふるさと納税で「Yahoo!トラベル」の宿泊クーポンや「温泉感謝券」がお得!

ふるさと納税 旅行

ふるさと納税では、さまざまな返礼品が用意されていますが、なかでも利用してよかったのが、「Yahoo!トラベル」の「るるぶトラベル」で利用できる宿泊クーポンです。

今年は、那覇市へのふるさと納税で、Yahoo!トラベルを活用して、沖縄旅行にも行ってきました。

お肉や果物などの食べものや家電もうれしいですが、旅行に利用できちゃうのは、旅行代を節約することができるので、とてもお得でしたね。

沖縄ではちょっと高いホテルに泊まりましたが、実質負担した金額は安く済ませることができました。

ふるさと納税で宿泊できるクーポンや、温泉などに入れる感謝券などを返礼品として扱う自治体をまとめてみました。

スポンサーリンク

Yahoo!トラベルで使える宿泊クーポン

ふるさと納税 るるぶ ポイント20172017-03-25_14h51_482017-03-25_14h52_00

ふるさと納税ポータルサイト最大手の「ふるさとチョイス」では、宿泊クーポンを取り扱う自治体に寄付をすることができます。

一部の自治体は、『ふるぽ』というサイトを利用することになりますが、ふるさとチョイスから申し込むとふるぽのIDとパスワードが送られてきますので、「ふるぽ」をわざわざ登録する必要はありません。

ふるさとチョイスを利用して、宿泊クーポンをもらえる自治体の一覧です(一部)

自治体名宿泊地域寄付金クーポン金額寄付に対するクーポン割合
奈良県曽爾村(そにむら)奈良県50,000円32,500円65%
大阪府
京都府
兵庫県
和歌山県
滋賀県
三重県
高知県芸西村高知県50,000円31,500円63%
和歌山県高野町高野町50,000円22,500円45%
和歌山県
京都府
奈良県
四国
福岡県糸島市福岡県50,000円22,500円45%
長崎市長崎市10,000円4,500円45%
愛知県大府市愛知県50,000円22,500円45%
鹿児島県大崎町鹿児島県10,000円4,000円40%
佐賀県大町町佐賀県10,000円4,000円40%
大島群龍郷町
大島郡大和村
大島郡宇検村
大島郡瀬戸内町
福岡県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
箱根町箱根町10,000円3,000円30%
那覇市那覇市50,000円15,000円30%
高知市高知市50,000円15,000円30%

びっくりしたのが、奈良県曽爾村(そにむら)です。私は知らずに、相方が見つけてきたのですが、その寄付に対するクーポン金額の割合の高さに驚いたのです。

しかも、曽爾村以外の宿泊にでも利用できるので、関西で旅行をする際にはぜひ知っておきたいですね。

寄付額50,000円で32,500円分ものポイントを利用することができます(有効期限は1年間)。

年収や家族構成によって変わりますが、概ね年収450万円から550万円あれば、50,000円の寄付で48,000円の税金控除を受けることができます。

お得過ぎる・・!!

関西で旅行をする際には、要チェックですね。

 温泉感謝券やピーチポイント

続いて、温泉感謝券や宿泊券に利用できる返礼品を用意している自治体です。

自治体名利用券寄付金クーポン金額寄付に対するクーポン割合
静岡県伊豆の国市伊豆の国市ふるさと納税寄附金感謝券10,000円6,000円60%
群馬県草津町くさつ温泉感謝券10,000円5,000円50%
群馬県中之条町四万温泉などで使える「感謝券」10,000円5,000円50%
三重県鳥羽市ふるさと納税感謝優待券10,000円5,000円50%
神奈川県湯河原町湯河原温泉宿泊ギフト券30,000円15,000円50%
大阪府泉佐野市ピーチポイント10,000円5,000円50%

こちらも、寄付に対する感謝券の割合が高いですね!これだけ利用できる券をもらえると、気軽に温泉も行きやすいですね。

群馬県草津町群馬県中之条町は、10月1日からクーポン割合が30%に下がるので、今がチャンスですね!
ピーチポイントも返礼品として用意されているので、飛行機で移動する方にとってありがたいですね。
あなたならどっちを選びますか。
泉佐野市へのふるさと納税で格安航空(LCC)であるPeachで使えるピーチポイントギフトがもらえますね。 ピーチポイントは、Peachの運賃や料金などの支払いに利用することができ...

ふるなびトラベル

ふるなびトラベルは、寄付額20,000円以上2,000円単位ですることができます。

寄付額の30%分のトラベルポイントをもらうことができますね。

ふるなびトラベル2

まずは、ふるなびへの会員登録をした後、ふるなびトラベルで旅行先を選びます。


≫ ふるなびトラベル「旅行プラン」

≫ ふるなびトラベル「提携自治体」


あとは、電話で予約をすると「予約番号・必要ポイント」を教えてくれますので(メモしておきましょう)、専用サイトで申し込みをしましょう。

また、12月限定で寄付額の10%のAmazonギフトがもらえます。

≫ ふるなびトラベルを今すぐしてみる

12月限定!日本旅行のギフト券

ふるさと納税 日本旅行ギフト券 2017年12月限定

12月限定ですが、日本旅行のギフト券が返礼品で用意されています。

寄付額の50%!しかも、無期限なので使いやすいですね。

≫ 岐阜県池田町のふるさと納税を今すぐしてみる

ふるさと納税の流れ

統計 2017ふるさと納税実績 統計

資料:総務省

年々認知度とともに寄付額が増えているふるさと納税。

サラリーマンの手軽な節税方法としても、人気が高いです(でも、調査では利用していない人は多いようですね)。

ふるさと納税は、寄付額のうち2,000円を除いて、残りの税金が控除されます。年間の寄付額に対して、自己負担は2,000円ポッキリということです。

ふるさと納税 限度額、自己負担上限2000円

ただし、年収に応じて、自己負担が2,000円になる寄付額の上限額が決まっています

納税額が多い人は、それだけ上限額が上がっていく仕組みです。上限額以上の寄付をすると、その分は税金控除の対象外なので、自己負担が増えていくことになりますね。

私も自己負担が多くなった年がありました。ちゃんと計算しておかないとだめですね。

上限額を確認しておこう

上限額を確認すれば、ふるさと納税サイト(ふるさとチョイスふるなびなど)から返礼品を選ぶことになります。

今回のような、宿泊クーポンをもらいたい場合は、ふるさとチョイスを利用することになります。

もっとも掲載自治体が多いふるさと納税ポータルサイトなので、ほとんど欲しい返礼品を見つけることができます(ただし、家電製品などはふるなび楽天ふるさと納税だけが取り扱いをしています)。

あとは、「確定申告」または「ワンストップ特例」をすることで、翌年に所得税や住民税で税金が安くなるという流れです。

確定申告も身構える必要はありません。とても簡単にできます。年末や年明けになると、確定申告の手順本が出ますので、それを見ながらすればすぐにできましたよ。

ふるさと納税の流れ(まとめ)
  1. 年収などに応じて変わる寄付限度額を把握する
  2. ふるさと納税サイト(ふるさとチョイスふるなびさとふるなど)から返礼品を選ぶ
  3. 自分名義のクレジットカードで納付する
  4. 返礼品を受け取る(寄付金控除証明書はなくさないように!)
  5. 確定申告またはワンストップ特例をして税金控除を受ける

ふるさと納税では、いろんな返礼品が選べて、税金も安くなるので、サラリーマンの節税対策としてもいいですね。

ちなみに、今日ご紹介した宿泊クーポンが利用できる自治体は、こちらのサイトでも確認することができます。

≫ たびゲーター «

このほか、ふるなびふるなびトラベルでも旅行ポイントがもらえます。しかも、12月31日まで限定でAmazonギフトコードが寄付額の10%(通常の10倍)がもらえます。

ふるなびの会員限定です(3分で簡単に登録できます)。

ではでは。

≫ ふるなびに今すぐ無料登録してみる

≫ ふるさと納税しても住民税は還付されないよ。控除されるのはいつ?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly