三井住友VISAカードのワールドポイントでふるさと納税も。iDにも使えておススメの1枚です

By: frankieleon

クレジットカードをどれにしようって迷ったときに、検討の1枚に入れるといいと思うのが三井住友VISAカードです。価格コムなど比較サイトでも、常に上位に入っているクレジットカードですね。

私もクレジットカードはたくさん持っていますが、持っている中でも一番長く保有しているのが、三井住友VISAカードです。初めて作ったクレジットカードでもあるんですが、ずっと持っています。

日本でVISAを取り入れたクレジットカードということもあって、VISA=三井住友VISAカードのイメージって強いですよね。

クレジットカードをどれにしようって迷っているあなたに、私なりの三井住友VISAカードのよいところをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ポイントでふるさと納税が可能に!

三井住友VISAカードは、「ワールドプレゼント」というポイントが付与されます。これは消費税を含む1,000円ごとに1ポイントが付与されます。

このポイントで「景品との交換」や「ほかのポイントへの移行」「カード利用金額へのキャッシュバック」にも使えて重宝します。

それが、なんと「ふるさと納税」にも利用することができるようになりました!

すべての自治体にできるわけではなく、2014年のふるさと納税寄付金額上位5位の自治体へのワールドポイントによるふるさと納税が可能です。

上位5位はこちら。

  1. 長崎県平戸市
  2. 佐賀県東松浦郡玄海町
  3. 北海道上士幌町
  4. 宮崎県東諸県郡綾町
  5. 島根県浜田市

この5つの自治体に対するふるさと納税が対象です。公式サイトの発表はこちら

いま、ちょうどふるさと納税先を迷っていて、なんだか考えるのも面倒くさくなっている自分もいるので、この人気ベスト5から選ぼうかなと思います。とりあえず、相方に打診中。

参考 ふるさと納税の限度額を計算しよう!確定申告が不要になってさらに便利に。

使うほどお得なポイント制度

1,000円ごとに1ポイントが付与されますが、1ポイントは利用サービスにより異なるんですが、3円~5円です。なので、還元率は0.3%~0.5%と決して高いわけではありません。

還元率でみると、むしろ普通のクレジットカードと同じです。

ただ、三井住友VISAカードは利用すればするほど「ランク」があがるポイントです。携帯料金や電気代、生活費などをクレジットカード払いにしておけば、利用金額は比較的ぐんとあがりますね。

クレジットカードは明細を作ってくれるので、家計簿代わりにもなります。そして、現金払いではつかないクレジットカードのポイント付与があるので、家計にもメリットは大きいです。デメリットは、「支払い」と「現金支出」に時間差があること。この時間差を埋めるために、クレジットカードを利用したら、その分を引き落とし銀行に入金しておくことをおすすめします。

そして、クレジットカード代金引き落とし専用の銀行口座を作っておくとなおよしですね。

話はそれましたが、使えば使うほどお得な三井住友VISAカード。

ポイントはランク制

年間(2月~翌年1月)の合計金額によって、3つのステージに分かれています。

V1、V2、V3の3つですね。V1は利用金額が50万円以上100万円未満、V2は利用金額が100万円以上300万円未満、V3は300万円以上となっています。V3は少々ハードルが高いと感じます。

V1の場合、ゴールドカード・プラチナカード・プライムカード以外の三井住友VISAカードを利用していれば、50万円に対して150ポイントが付与されますね。以降10万円ごとに30ポイントが付与されます。50万円利用の場合は、還元率が0.15%アップすることになりますね。

携帯料金や光熱水費、保険料、NHKなど毎月固定で出ていくお金はクレジットカード払いにしておくと楽ですよ。それだけで、ポイントが貯まっていきます。我が家は毎月の食費もスーパーで支払うときもクレジットカードを利用するようにしています。

キャッシュバック 0.3%~0.5%還元

ワールドポイントを使って、キャッシュバックすることもできます。キャッシュバックは、ポイントの利用方法に頭を悩ますことがないので、便利な制度です。結構、貴重ですね。これには2つの方法があります。

iDとの相性の良い三井住友VISAカードですが、iDバリューを利用することでiDの利用金額に充当することができます。この場合は0.5%還元です。

クレジットカード iD ドコモ

そのほか、文字通り、カード代金から差し引く場合は、0.3%還元となります。

iDは利用できるお店も多いので便利ですね。おサイフケータイが利用できれば、便利に使えます。子どもが生まれてからというものの抱っこしているシーンも多いので、財布を出すのが面倒。そんなときにひょいと買い物ができるので便利です。

iDの利用分にもポイントが付与されるので、毎月の利用額とiDの利用額と合算してワールドプレゼントがもらえることになります。コンビニなどはiDで利用する便利なので、合算してくれるとポイントを貯めやすいですね。

参考 常に3%OFF!ドコモのクレジットカード「DCMX」利用でローソンの買い物がお得!

マイルへの移行も手数料無料でOK

マイルを貯めている方も多いと思いますが、ワールドプレゼントはANAマイルに無料で交換することができます。ANAユーザーにとっては嬉しいですね。マイルに移行するだけで手数料がかかったりする場合もありますが、三井住友VISAカードであれば無料ですることができます。

ちなみに、交換比率ですが、

  • ワールドプレゼント1ポイント >>> ANA3マイル

ですることができます。100ポイント以上貯まっている場合にできますよ。

年会費はほぼ無料

年会費が安いのも魅力のうちですが、実質は年会費が無料になることが多いです。

カード発行すると初年度は無料になりますし、翌年度以降の年会費についても、WEB明細書を利用すると最大1,000円(税別)割引になりますし、リボ払い(リボの1回の上限はあげておきましょう)をすることで、翌年度の年会費は半額または無料になりますよ。

ポイントのランク制度と同じで、100万円以上の利用で年会費は半額、300万円以上の利用で無料になります。300万円はちょっとハードルが高いですね。

参考 三井住友VISAカードで年会費を無料にする裏ワザとは?

カードの不正利用にも強い

クレジットカードは、安心であることは結構大事なとこだと思っています。不正に利用された場合の補償が充実していることは、ひとつ見ておく点ですね。

仮にカードを不正利用された場合は、損害額を補償するサービスが付与されています。特に別途料金がなくて、付与されているサービスなので心強いですね。ただし、「Vpass」といってカード会員専用のインターネットサイトに事前登録(IDとパスワード)をしておく必要があります。

不正利用された場合は、届け出日から60日前にさかのぼって補償されます。この補償金額は、カードの利用可能枠の金額と同じです。

ショッピング補償に強い

三井住友VISAカードの特徴にショッピング補償に強いことがあります。これは、カードで買い物したときに、万が一商品の損害を補償してくれるもの。スマートフォンをクレカで購入したり、電化製品を買うときにはクレカ払いは利用するので、これは安心ですね。

最高100万円まで補償してくれるので補償内容としては十分ですね。

迷った時の1枚に

Republica / Pixabay

クレジットカードは便利です。現金を取り出す手間も省けますし、私も現金支出が面倒くさいので、ほとんどできるものはクレジットカード払いにしています。繰り返しになりますが、お金の支出を記録してくれますので、明細を見れば自分がどんなお金の使い方をしたのか、行動をしたのか、を点検することができます。

まさに、家計簿の代わりですね。

1点注意点は、支払いと代金引き落としに1か月から2か月の時間差があること。使ったことをいちいち覚えてられないので、使うたびに代金引き落とし口座に入金することで、防ぐことができますよ。我が家は1週間単位で入金するようにしています。

利用明細は、マネーフォワードなどクラウド家計簿に登録しておくと、入出金記録も自動収集してくれますので、把握雄しやすいです。大体使った1日後には反映されていますね。

クレジットカードはたくさんの種類がありますので、迷いますが、とりあえず持っておきたい1枚の上位でしょう。なので、どのサイトでも上位に選ばれている理由だと思います。

三井住友VISAカード お申込はこちら

では、また。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly