Z-cash(ジーキャッシュ、ZEC)とはどんな仮想通貨?コインチェック取扱通貨

仮想通貨 ZEC3
公式サイト https://z.cash/

仮想通貨が盛り上がっていますね。

ビットコインが基軸コインと言えますが、ビットコイン以外のアルトコインも注目です。

なかでも気になって、何度か売買しているアルトコインがあります。

それがZ-cash(ジーキャッシュ)です。

coincheck(コインチェック)で購入することができます。

どんな通貨なのか?備忘録的にまとめておきます。

コインチェックは使わないでください。

スポンサーリンク

Z-cash(ZEC)とは

ZECの特徴は、その匿名性の高さです。ゼロ知識証明と呼ばれるものでが武器ですね。

ビットコインは、ブロックチェーン技術を利用したもので、「どのアドレスがどのアドレスに送ったのか」をすべて公開しています。

「誰が」というのは当然分かりませんが、取引をしている際にアドレスが分かってしまえばだれかは分かります。店頭で使ったときなどのアドレスがおぼられていれば・・・・の話ですが。

ZECは、完全匿名。

送る側と受ける側のアドレス、コイン履歴はすべて匿名化されるのです。

monoroやDashも匿名性の高いコインですが、ZECの匿名性のほうが強力なのです。

ZCASHは、自分の持っている命題が「正しいもの」であることを伝えるために、「正しい」という事実以外の情報を伝えることなく証明を可能にする「ゼロ知識証明」という技術が用いられ、Equihashというアルゴリズムを使用しています。

ゼロ知識証明を用いることで、ブロックチェーン上の支払者、受取者、金額の情報を自動的に隠し、正しい閲覧キーを持つ人だけが内容を見ることができ、他者に閲覧キーを送る際は、オプトイン方式で送ります。

ZCASHはパブリック・ブロックチェーンを使用し、分散型ネットワークを保持しつつ、完全な匿名支払が可能です。

ZCASHのプロジェクトはオープンソースで、GitHubにて公開されています。

プロトコルのメンテナンスなどは、Zcash Foundationという非営利団体で運営されます。

引用-コインチェック

JPモルガンと提携したことで一気に注目が集まっています。

その高い完全匿名性の技術を称賛しており、「ゼロ知識証明」の技術力の高さに注目しています。JPモルガンのプラットフォームにその技術を取り入れる予定です。

時価総額24位の通貨(’18/1/13時点)

仮想通貨 ZEC2

ZECは時価総額18位の通貨です。まだまだ順位は低いですが、その分伸びしろがあると考えられます。

発行可能上限

約2,100万ZECが上限となっており、上限に達した場合は、それ以上発行されることはありません。

上場直後に急落

仮想通貨 ZEC2

売出直後に暴落しています。53万円から急落しており、当初購入した人は大きな損を受けていることになります。

2018年に入り再び上昇傾向で、2017年3月から比べると約10倍になっています。

ZECの購入方法

仮想通貨 ZEC4

ZECが購入できるのは、2018年1月12日現在、コインチェックのみとなっています。

コインチェックは、セキュリティも高く、スマホアプリも使いやすい取引所です。

ZECの購入方法は、販売形式です。

コインチェックは、ZEC、XRP(リップル)、XEM(ネム)、ETH(イーサリアム)などアルトコインを豊富に扱っています。

ではでは。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly