お金のことを知りたきゃ読むべきサイトを発見!今「ZUU online」が注目です。

マネトク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、読み始めたお金のことが満載のサイトがあるんです。

ここだけの話、こっそり教えますね。

って、この前テレビで知ったのでもう有名かもですが(笑)

お金のことって学ばないと!って思いながら、何から学んだらいいの?って思いませんか。

また、不安になったりしませんか。ちょっと得したい、損したくない。そんな当たり前にあるお金に対する感情。それは自分でいろいろ学んで実践して、不安に打ち勝っていくしかないんだと思います。

そんなときに、多方面にまとめられたサイトがあると便利ですよね。

今回はそんなサイトのご紹介です。

たまに読むだけでもしっかり勉強できるので、お金の知識をつけたい場合は是非読んで見てくださいね。

スポンサーリンク

金融サイト「ZUU online」とは?

zoo online

お金のこと、色々と学びたい!ってときに読むべきなのが、このサイト・・・

ZUU online!!

です。お金の知識、資産運用の知識を学びたいって思っても何から始めたらいいのか、全くわかりませんよね。方向性すらわからない。なぜなら学校では教わらないから。お金のことって社会人として生きていくうえで、絶対必要不可欠な知識です。

それは、家計だけでなく、企業活動を行っていくうえでもお金の知識は必要です。

「物事を理解するにはその基礎〜応用、また資産管理が必要な全ての金融領域に至るまで、体系だてて学習することが重要ですが、現状日本においてそのように金融知識を気軽に学習できるメディアはありません」

こうした疑問に応えるべく、Zoo Onlineは立ち上がっています。富裕層にしか提供されていないトータルコンサルティングの視点にたった、情報提供が随時されているサイトなんです。

金融」と言うとどこか固い言葉で距離を感じますが、実は身近にあること。とてもとても身近にあることなんです。

誰もが金融の世界を身近に感じてもらうためのフィナンシャルプラットフォームを目指す―

こんな思いで立ち上がったサイトだそうです。富裕層向けのサイトとはいえ、誰でも読むことができます。そして、金融を身近にというコンセプトのもと運営されているZoo Onlineは、わたしたちにとってとても重要な意味と知識を提供してくれます。

 ZUU onlineは金融資産3,000万円以上のエグゼクティブ層に対し、元野村證券のプライベートバンク部門(正式名称:本店 ウェルス・マネジメント部)にて個人資産10億以上の超富裕層の資産コンサルティングに従事した経験を持つ代表の冨田を中心に、本来プライベートバンカーが資産コンサルティングをする以下の金融領域をカバーした情報発信を行っています。

どんなことが書いているの?

zoo online

カテゴリーを見ると、こんな構成。なんだか私がめざしたいブログのゴールを見ているかのようです。

  • ニュース
  • マーケット情報
  • 投資
  • マネー(貯める、保険、貯金、資産運用など)
  • 不動産
  • 政治・経済
  • ビジネス
  • ライフ

各カテゴリーに書かれている記事のクオリティも高いです。金融というとちょっと分かりづらい印象を持ってしまうのですが、それをかみ砕いて、分かりやすい記事が多いという印象を持っています。

最近、株安の影響もあって私自身もETFに興味を持っているのですが、こんな記事がありました。「なぜ、個人投資家は「ETF」に注目するのか?」。ETFは売買できる投資信託として人気を集めている商品。でも、そもそもETFって?って思われている方も多いとは思いますが、こういう記事も丁寧に書かれているのがZoo Onlineです。

基礎から応用まで。

そんな意識をもったサイト運営がされています。

情報のスピードが速い

そして、時事ネタも多いので重宝しています。情報のスピードが速いんですよね。先日、NTTのシステム障害によりクレジットカードが一時的に使えないことがありました。

「クレジットカードが全国で一時利用不能に、システム障害か」

こうしたこともサラッと書いてくれているので、情報収集には欠かせません。

時事ネタでも、金融に関することってなかなか見つけにくいこともあります。でも、そんなときにはZoo Onlineで取り上げてくれることも多いので、勉強にもなります。

ブログネタ的にも、関連した記事が思いつく場合もあるので、時事ネタの情報収集は欠かせないものです。

興味のあるカテゴリーを覗いておこう

私は、お金のこと全般、株式投資や資産運用、貯めること、不動産のことなども興味を持っています。

それは、複数の収入源を作るという目標を持っているからです。給料以外の安定した収入源を作っていくためにも、お金のことを学ぶ必要があります。

例えば、「資産価値の高い都道府県はどこだ! 都道府県ランキング」なんかを読むと、自分が住んでいる地域の不動産価格が高いのかどうかってのも分かったりします。今では超夢物語とも思っていますが、不動産収入は憧れの一つ。

資産価値が高いというのは、多くの人にとって住みたいと思えるまちということ。人気がないまちの不動産価格が高くなったりしませんので、こうした横の比較がまとめられた記事があるのも重宝しています。具体的に何か使えていないけど・・・。

分かりやすいところでいえば、株主優待の記事。私はカブドットコム証券を使って株主優待の情報を見たりしていますが、多すぎてよくわからんというときもあるんですよね。優待だけを見て投資をするわけではないので。「9月株主優待「高配当利回り」10銘柄を紹介」や「2015年9月の優待利回りベスト20 優待利回り100%超えも!」などのように、分かりやすくまとめられている記事を読むと、すごく参考になったりします。

スポンサーリンク

お金に働いてもらうために

お金の知識は必要です。でも、なかなか勉強する機会がなかったりします。

こうしたサイトは、勉強になるのでとても助かります。このブログも、自分自身で勉強したことや経験したことを通じて、「サラリーマンのお金」のことをもっと書いて行きたいと思います(たまに脱線しますが、ブログなのでご容赦を)。

お金に働いてもらう仕組みづくり。

これに頭を悩ましながらも実践に移していきます。少額からちょっとずつ。

焦らず、急がず、徐々に肥やす。もう焦った行動はとらない。

本日は、私がよく読んでいるサイトのご紹介でした。

でわ、また!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
マネトク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)寄付額の10%分Amazonギフト券の特典あり

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

おさいふプラス

コメント