運営者情報

当ブログにご訪問いただきありがとうございます。

このブログは、30代のサラリーマンである私が日々思い悩んでいる「サラリーマンのお金」について、もっと身近でわかるものはないかなぁと思ったときに自分で書こうと思ったのがキッカケで誕生したブログです。

「これって役に立つかも!?」

「知っておいた方がいいかも!?」

と感じたことやその瞬間の思いを、書き留めています。

スポンサーリンク

おさいふプラスを書いている人

ジンといいます。30代サラリーマン、2014年に親になったばかりの新米親です。

2馬力から1馬力になってこれまで以上にお金の管理が大事になっています。 お金を増やすこと、そして、減らさないことを考え、実践していくためにWordPressでブログを書くことにしました。

サラリーマンが悩むであろうお金のことについて、自分自身の体験や手に入れた情報などをもとに収入を増やすこと、お金を減らさないこと、節約すること、節税することなどいろいろと発信していきます。

例えば、


  • マイホームは買ったほうがいいの?
  • 住宅ローンはどう決めたらいい?
  • クレジットカードって使うべき?
  • 株式投資ってどうするの?
  • ふるさと納税ってホントに節税になるの?
  • 普段の家計管理ってどうすればいいの?
  • 子どもの教育費ってどうやって貯めていけばいいの?

このような感じのことをガシガシ書いて行きたいです。

お金って知っていると得することもたくさんある一方、知らないと損することも多いですよね。

そうしたことを知って、自分自身でも損をしないように、少しでも得するように、それを分かち合えればいいなぁと思ったのがブログを始めたきっかけです。

また、読書好きでもあるので、読み漁ったおすすめ本(最近は子育て本多い)やおすすめアイテムなども記事にしていければと思っています。

それと、お金のこと以外についてもいろいろと書いていきたい。親バカな記事もあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

私はFP資格や不動産の資格を有しているので、お金にとっても興味があります。また、知識を増やしたりするため勉強をしたりもしています。

  • FP技能士2級
  • 宅建取引士(旧 宅地建物取引主任者)
  • 行政書士

家族構成・世帯年収など

私とパートナー、そして、子ども一人の3人家族です。

共働き夫婦(いずれもフルタイム)で、世帯年収(税込)は700万円+@です。

@は、その年によって残業代などの手当により変動しています。共働き夫婦ではごくごく一般的な家庭ではないでしょうか。そんな私たちだからこそ、身近な話題やお金のことを悩んで出した答え、あるいは、その失敗についても書いていきたいと思っています。

賃貸からマンション購入へ

住まいは、マンションを購入(2015)をしたことで、賃貸住まいからマイホームに変わりました。3LDK・70平米ほどの小さなマンションを新築で購入しています。

賃貸派、購入派、わたしはそれぞれどちらの考えも正しいと思っています。購入した今では購入派に傾いてはいますが、それまでは絶対賃貸派でした。住居費に対してお金をどう使うか、どう振り分けるかは人次第です。迷ったときに私たちがどう判断していったのか、あるいは、周りの人がどう思っていたのか、なども書いていきます。

マンション購入に当たり、住宅ローン(35年)を借りました。10年以内の早期返済に向けてお金を貯めていこうと実践しています。特に住宅ローンは、低金利で商品も多いので、どれにするか迷います。私は、仮審査を5つ以上受け、ネット以外の情報でも情報収集して決めました。

どうやって住宅ローンを選んでいけばいいのか、実際に借りた経験をもとにまとめていきます。

資産運用もしています

お金は減らさないことも大事ですが、増やすことも大事です。株式投資、セゾン投信ひふみ投信など投資を実践中。 投資はお金を生む・作る手段です。これは継続的に実践していきます。

30代は子育て、老後資金、あらゆるお金を考えるスタートの時期でもあります。このスタートから何をはじめるか、によって10年後、20年後大きく違ってくることでしょう。

コツコツ積立、そして、株式投資にもチャレンジして資産を増やすことを実践していきます。

ふるさと納税

ふるさと納税を実践しています。ふるさと納税はサラリーマンができる節税対策として手軽な方法です。自己負担はわずか2,000円。それで、美味しい物を食べれたりしますので、とても良い制度です。

ふるさと納税の疑問に思ったことも調べ、実践したことを踏まえまとめていきます。

今まで実践したふるさと納税はこちら。

ふるさと納税の履歴

2014年


2015年


2016年


2017年

確定申告

毎年のように確定申告をしていますので、その経験もお伝えしていきます。

  • 医療費控除
  • 住宅ローン控除
  • ふるさと納税
  • 寄附金
  • 株式損失

などサラリーマンが関係するであろう確定申告について、経験をもとにまとめています。確定申告って面倒くさいという印象がありますが、実際は簡単にできることも多いんです。

クレジットカードは家計の味方

クレジットカードの使い方ひとつで、家計を節約することができます。

どう使うか。

これが大事なことです。現金払いよりも有効な支払手段があるのに使わない手はありません。お得なクレジットカード情報も記事にしていきます。

リクルートカード還元率1.2%!年会費無料・家族会員も無料

取材履歴

取材をしていただきました。お問い合わせフォームから連絡を頂けますと幸いです。

参考  ビッグトゥモロー2016年10月号に掲載されました。取材から掲載まではこんな感じ

参考  大手メーカーからの取材を受けて思ったブログ運営に必要なこと

当ブログの運営履歴

ブログは継続が大事です。できるだけ毎日更新をすることをモットーに運営しています。月30~40万PVをうろうろしていましたが、現在は70万PVを超えるようになっています。

これも、日々の積み重ねの結果と運もあると思います。

大事なことは、「読者が何を求めているか」を意識したコンテンツ作りが大切だと感じています。

  • 2014年(3か月)   160記事(1か月平均53記事)
  • 2015年(12か月) 322記事(1か月平均27記事)
  • 2016年(12か月) 349記事(1か月平均29記事)

2016年末で831記事をポストしました。

当ブログで使用しているレンタルサーバー

当ブログはレンタルサーバー「エックスサーバー」を借りて運営しています。12か月契約で月額1,000円(税抜)です。※

※24ヶ月プラン(月額950円)、36ヶ月プラン(月額900円)が新登場しました!

最初はサーバーを借りるなんて!と思っていましたが、いざ借りてみるとブログを書くのが快適そのものです。

サイト エックスサーバーの詳細はこちら

Amazonアソシエイトについて

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Google Adsenseについて

当サイトでは広告としてGoogle AdSenseを使用しています。 Google Adsenseはデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用して広告配信をしています。 Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。 情報提供を望まない場合は、Googleのポリシーと原則のページより、Cookieオプションを使用しないように設定することができます。

使用しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

免責・注意事項

当ブログは管理人の私見・個人的な考えのもと作成されています。オススメな情報など情報について正確に取得し、記事にすることを心掛け、できるだけ間違いがないように努めていますが、間違い等がございましたらご指摘・ご助言頂けると幸いです。

また、当ブログの情報により被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 投資等は自己責任でお願いします。ご理解のほどどうぞよろしくお願いします。

おさいふプラスの著作権について

「おさいふプラス」においては、文章、および、撮り下ろしの写真については、筆者であるジンが著作権を保有しています。

転載について

転載については、著作権を保有するジンが特別の許可をした場合に限り、行うことができます。

それ以外の場合は、文章、画像、その他のコンテンツを含む一切の転載をお断りいたします。

引用について

文章の引用について

文章の引用については、事前の連絡なしに引用していただいて構いません。

ただし、下記の条件を満たすことといたします。

  • 引用部分をblockquoteタグで囲み、本文と引用部分の主従関係を明確にすること。
  • 上記の主従関係は、HTMLのソースだけではなく、ブラウザで閲覧したときにも明白になっていること。
  • 引用元の記事のタイトルを「引用元」として明記すること。
  • 引用元の記事のURLを記載し、該当記事へリンクすること。または、記事のタイトルをaタグで囲み、引用元記事のURLにリンクすること。
  • 引用部分は、引用を行う記事全体の3割以下になっていること。

画像の引用について

画像の引用については、いわゆる「直リンク」、画像の複製、など、あらゆる手段を用いての引用はお断りいたします。

ただし、次の場合を除きます。

  • 著作権を保有するジンが事前に許可をした場合。
  • 著作権を保有するジンが画像を提供した場合。
  • 学術的に引用をする必然性、あるいは、必要性が認められる場合。ただし、この場合も、著作権を保有するジンの許可が必要です。

条件を満たさない文章の引用、または、画像の引用が発覚した場合

  • 条件を満たさない文章の引用が発覚した場合、該当箇所の即時削除を求めます。
    求めに応じていただけない場合は、「原稿料」として、引用1か所あたり5万円を申し受けます。
  • 画像の無断引用が発覚した場合、「使用料」として、画像1枚あたり3万円を申し受けます。
  • 前項の画像の無断引用につきましては、引用を中止されてもお支払いいただきます。

専属的合意管轄裁判所について

このページの内容について裁判上の紛争が生じたときは、ジンが指定する裁判所を専属的合意管轄裁判所といたします。

ご不明な点がある場合

ご不明な点がある場合は、お問い合わせよりご連絡ください。

内容の改定について

このページの内容は、事前通告なしに改定される場合があります。

スポンサーリンク

フォローする