確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金(iDeCo)

【年金財政検証】所得代替率は50%に低下?!老後に向けiDeCoが有利

老後に向けて2000万円は必要と話題になり、投資を始めた方も多いかもしれません。 お金はあるには越したことがないので、時間を使ってうまく運用していきたいですね。 老後2000万円というのは、あくまで家計調査の結果から試算されている数字な
2019.08.29
確定拠出年金(iDeCo)

【20代でiDeCo(年金)に加入するリスク】60歳まで引き出せない資金拘束リスクとは?

「年金2000万円」の話題で、投資に興味を持った若い人が多いみたいですね(日経情報)。 将来の資産形成に向けて、少額でもいいので、できるだけ早く積立投資を始め、長く続けることが大切です。 将来の老後を考えて、早くから積立をすることは大事なこ
2019.08.27
確定拠出年金(iDeCo)

【じぶん年金】老後資金の不足は積立投資+配当金投資で解決

生涯の平均年収が600万円の人でも、もらえる年金は年250万円ほど。 年金はあくまで保険ですので、ゆとりある生活を送ろうと思うと、自助努力は欠かせません。 じぶん年金作りは、時間がかかるので、「できるだけ早く」「長期にわたって積立投資」
2019.07.14
確定拠出年金(iDeCo)

月5万円の不足×20年にどう立ち向かうか。人生100年時代「高齢社会における資産形成・管理」

「人生100年時代」という言葉は、聞いたことがあるのではないでしょうか。 新聞でもたまに報道されていますね。 まだ30代なので、100年という言葉を聞いてもやや遠い感じもあり、実感が湧きにくいです。 厚生労働省が「人生100年時代構想
2019.07.01
確定拠出年金(iDeCo)

確定拠出年金iDeCoを40歳代から始めるのは遅いのか。掛け金積立が60歳から65歳に延長検討

確定拠出年金(iDeCo)は、自分で掛け金を積立をして、運用できる商品です。 将来の年金資産を増やすことが可能ですね。 現在の制度(2019年4月末現在)では、掛け金の積立は60歳までとなっています。 長生きする高齢者が増えることが予
2019.04.21
確定拠出年金(iDeCo)

将来の年金資産を作れるiDeCoは「楽天証券」か「マネックス証券」がおすすめする3つの理由。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、現役時代の節税と運用益の非課税、受取時の税優遇があり、人生100年時代を踏まえ、利用しておきたい制度です。 色んな金融機関がiDeCoを取り扱っていますが、銀行や生命保険のiDeCoはすべて無視して構い
2019.04.16
確定拠出年金(iDeCo)

年金額を3分で把握する方法。自分の年金額を知ってライフプランに活かそう

人生100年時代と言われるなか、お金の不安を減らし、より良く生きていくために「年金の知識」が欠かせません。 年金がもらえなくなるなど誤解を招くような報道を鵜呑みにせず、知識武装が大切ですね。 私も年金の知識をもう一度勉強しようと思い、日
2019.06.07
確定拠出年金(iDeCo)

年金を運用するGPIFが過去最大の15兆円の損失!でも、年金は大丈夫な理由&真似すべきポートフォリオ

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、四半期に一度、運用成績を発表しています。 2018年度第3四半期(10月-12月)は、株安の影響もあり、 ▲約14兆円(▲9.06%) と過去最大の損失となっています。 損失が出たときだ
2019.02.04
確定拠出年金(iDeCo)

iDeCoの節税額は「源泉徴収票」のどこで確認すればいいのか?

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、節税効果が非常に高い金融商品です。 ざっくりいうと、自分年金を作るための制度です。 人口減少、長寿化に伴って、将来の国の年金財政がひっ迫することが予想されますので、国も自分年金を作ってもらおうと
2019.01.17
子どものお金

【子育て世帯必見】産休・育休・時短勤務で年金が減るのを防ぐ方法とは?

産休や育休を取ると、仕事が免除されますので収入が減りますね。 収入が減ることで影響を受けるのが、将来もらえる年金です。 私たちは、標準報酬月額に保険料率をかけて算出されています。この算出された金額を毎月毎月、、将来受け取るための年金のた