【国内大型株】減配しない累進配当銘柄おすすめ10選。長期保有の配当金狙いで家計の収入源に。

国内配当 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資の醍醐味は、値上がり益を得ることです。

私も小型株には一部投資をしていますが、配当金を得ることを主たる投資として、毎年投資をしていく予定です。

2017年からの投資ですので、まだ日は浅いので、日々勉強中です。

2019年4月時点で約40万円の配当金を受け取っており、自動的に利益確定される「配当金」には魅力を感じています。

国内・大型株において、配当金を目的に投資をするのであれば、どこに投資するかを改めて考えてみました。

スポンサーリンク

配当金投資でおすすめ銘柄10選

配当金目的に投資をする場合、避けたいのは、「減配」です。

減配は業績悪化から来るものですので、業績が安定している銘柄を選ぶのがいいですね。

  • 過去に大きな減配がない
  • 配当政策が明確である
  • 営業利益率15%以上
  • 営業キャッシュフローマージン10%以上
  • 証券株・自動車株は避ける

などは、最低限のチェック項目として見ています。

特に配当の原資となる現金を稼ぐ力を見る営業キャッシュフローマージンは、重要視しています。

営業キャッシュフローマージン・・・営業キャッシュフロー÷売上高
我が家としては、配当金目的の投資は、基本的に永久保有し、配当再投資で複利効果を狙います。
次の10銘柄は、長期で保有し、再投資していけば、報われる可能性が高いと考えています。
指標は上記のみ見ているわけではありません。念のため。

NTT(日本電信電話 9432)

国内通信のガリバー企業。固定通信電話では、圧倒的シェアですね。

参加にNTTドコモを持っています。

主要株主は国であり、その国は毎年度、NTTの配当金を予算に組み入れていますので、減配リスクが低いと考えられます。

NTT2019年3月期決算説明資料 株主還元 2

NTT2019年3月期決算説明資料 株主還元 2

配当性向も低く(41.7%、2019年度(予))、過去に大きな減配をしていないため、累進配当銘柄(配当を維持または増配する銘柄)です。

  • 株価 4,745円
  • PER 10.28倍
  • 配当利回り 3.79%
  • 営業利益率 14.3%(2019年3月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 20.3%(2019年3月期)

NTTドコモ(9437)

NTTドコモは、国内通信株で、シェアトップの企業ですね。

さきほどのNTTの子会社でもあります。

株主還元にも積極的で、6期連続の増配予定です。

1998年の上場以来、一度も減配していません。

NTTドコモ 配当金 配当性向 2020.3

「継続的な増配」を謳っており、累進配当銘柄でもあります。

配当性向がやや高くなっていますが、安定した通信事業は金の生る木であり、手厚い株主還元は魅力的です。

  • 株価 2,412.5円
  • PER 13.99倍
  • 配当利回り 4.97%
  • 営業利益率 20.9%(2019年3月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 25.1%(2019年3月期)

KDDI(9433)

国内通信シェア2位のKDDIです。

NTTドコモのライバル会社ですが、株主還元にも手厚く、18期連続増配を予定しています。

2019年3月期決算発表では、20年3月期の増配も発表されました。

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

KDDI 2019年3月期決算説明資料6 株主還元 配当金

KDDIは、継続的な増配を掲げており、配当性向の目安は35%でしたが、40%に引き上げました。

NTTドコモ、NTTと同様に機動的な自己株式の取得も実施していますので、株主還元に手厚い銘柄です。

カブドットコム証券の買収、カカクコムへの出資など、通信事業以外の多角化も図っています。

配当性向が低い点では、NTTドコモよりも魅力です。

株主優待もありますので、100株持っておくとおすすめの銘柄。

auの新プランが発表されましたが、非常に好感の持てるプランでした。格安SIMを利用している我が家もauに乗り換えようかなと思いましたね。

株価もこの発表以降、上昇しましたので市場も好感を持ったプランだったと言えます。

  • 株価 2,745.5円
  • PER 10.4倍
  • 配当利回り 4.01%
  • 営業利益率 19.6%(2020年3月期予想)
  • 営業キャッシュフローマージン 20.3%(2019年3月期)

日本たばこ産業(JT)2914

国内たばこのトップシェアのJTです。

我が家は大量に保有していますが、安定した配当金が魅力的です。

日本たばこ産業 JT 配当金

株価の下落は著しいですが、業績は安定しており、配当利回りが6%を超えているのはかなり魅力度は高いですね。

15期連続で増配をしています。

配当政策としては、グローバル企業を目安としていますので、フィリップモリス・インターナショナル(PM)やブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)などの増配銘柄と同様、増配を続けてくれるであろう銘柄です。

配当性向は70%を超えており、配当余力は乏しくなっていますが、それでも配当金は維持してくれると思っています。

株主優待もあり、100株からでももらえますが、優待利回りがアップする200株以上を保有するのがおすすめ。

  • 株価 2,470円
  • PER 11.84倍
  • 配当利回り 6.23%
  • 営業利益率 25.5%(2018年12月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 20.8%(2018年12月期)

オリックス(8591)

オリックスは、リーマンショックのときには70%以上の大幅減配はしています。

配当性向は30%が目安。

リーマンショックのときより強固な事業モデルになっていると思われ、株主還元の手厚さにも表れていますね。

2020年3月期も増配すれば、10期連続の増配銘柄となります。

オリックス 2019年3月期決算説明資料 配当

オリックス 2019年3月期決算説明資料 配当

株主優待も魅力的なので、持っておくと良い銘柄。

我が家も、夫婦+子どもでオリックス株を保有しています。

  • 株価 1,585円
  • PER 6.23倍
  • 配当利回り 4.98%
  • 営業利益率 13.5%(2019年3月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 24.1%(2019年3月期)

東京海上ホールディングス(8766)

東京海上ホールディングスは、メガ損保首位級。

我が家は保有していませんが、ぜひとも欲しい銘柄。

配当性向は35%が目安。

2018年度は特別配当もあり、通期で1株250円を予定しています。

2019年度は特別配当70円を落として、普通配当は10円増配の190円(増配率+5.5%)を発表しています。

東京海上HD 株主還元 中期経営

東京海上HD 株主還元 中期経営

リーマンショックのときにも減配しておらず、手厚い株主還元を実施している銘柄ですね。

海外の保険事業も買収により拡大していますので、今後の業績にも期待。

株価の上昇も期待できる銘柄と考えています。

  • 株価 5,460円
  • PER 12.06倍
  • 配当利回り 3.47%
  • 経常利益率 7.6%(2019年3月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 17.3%(2019年3月期)

ブリヂストン(5108)

世界首位のタイヤメーカー。

2019年12月期予想では、増配を発表されなかったため、9期連続で増配でストップしてしまいましたが、安定配当銘柄でもあります。

8年で配当金は8倍にもなっています。

ブリヂストン 配当金 (ブリヂストンHPより)

ブリヂストン 配当金 (ブリヂストンHPより)

我が家は保有していませんが、ずっと狙っています。

完成車メーカーは、新車販売の影響を色濃く受けますが、ブリヂストンのようなタイヤメーカーは更新タイヤ(取り換え用のタイヤ)が重要な収益源となっています。

更新タイヤは新車タイヤより利益率が高く、世界の自動車保有台数が拡大していく中で、安定的な需要拡大が今後も想定されるため、長期保有にうってつけの銘柄と考えられますね。

  • 株価 4,198円
  • PER 10.2倍
  • 配当利回り 3.81%
  • 営業利益率 11.0%(2018年12月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 9.9%(2018年12月期)

三菱商事(8058)

総合商社首位の三菱商事。

同銘柄は、対外的に「累進配当」を宣言しています。

累進配当は、配当維持または増配しかしないという政策です。

2020年3月期は、配当維持を発表しましたが、例年、期中に増配を発表していますので、今期も増配の可能性はまだありますね。

三菱商事 2018年度決算資料 株主還元

三菱商事 2018年度決算資料 株主還元

中期経営計画では、2021年度に配当性向35%維持で、1株200円を謳っていますので、業績が乗れば配当利回りも格段に上がります(株価がそのままであれば)。

現在の配当性向30%を2021年度には35%に引き上げる方針です。

  • 株価 2,844円
  • PER 7.05倍
  • 配当利回り 4.4%

花王(4452)

国内トップの増配銘柄で30期連続増配を予定しています。

安定的・継続的配当(配当性向40%を目安)を掲げています。

出典)花王 2018年決算説明資料

出典)花王 2018年決算説明資料

国内トイレタリートップ、知らない人はいないでしょう。

花王は株価が高いので、利回りも低いですが、配当金を増やし続けていますので、長期保有にもってこいの銘柄です。

  • 株価 8,430円
  • PER 25.3倍
  • 配当利回り 1.54%
  • 営業利益率 13.7%(2018年12月期)
  • 営業キャッシュフローマージン 12.9%(2018年12月期)

芙蓉総合リース(8424)

リース会社は、業績も好調で増配銘柄が多いんですが、そのなかでも芙蓉総合リースは15期連続増配を予定しており、株主還元に手厚い銘柄です。

株主優待もあるので、保有したい銘柄のひとつ。

芙蓉総合リース 株主還元 2018年度決算説明資料

芙蓉総合リース 株主還元 2018年度決算説明資料

みずほ銀行系のリース会社ですが、事務機器や不動産・航空機に強みを持っています。

これだけ高い増配を誇りながらも、配当性向は20%台という低さ。増配余地はたっぷりあります。

  • 株価 5,500円
  • PER 7.12倍
  • 配当利回り 2.84%
  • 経常利益率 5.7%(2019年3月期)
スポンサーリンク

安定配当株を長期保有して複利運用する

株価は変動が激しいですが、配当金は大きく変動しません。

そして、長期保有することで配当金というキャッシュフローを作ることができます。

また、保有する銘柄が増配すれば、自動的に収入が増えることを意味します。

  • 日本電信電話(NTT、9432)★
  • NTTドコモ(9437)★
  • KDDI(9433)★
  • 日本たばこ産業(JT、2914)★
  • オリックス(8591)★
  • 東京海上ホールディングス(8766)
  • ブリヂストン(5108)
  • 三菱商事(8058)
  • 花王(4452)
  • 芙蓉総合リース(8424)

★は管理人保有銘柄

いずれも長期保有+配当金再投資で報われる可能性が高いと考えられます。

上記10銘柄のうち、5銘柄を保有していますが、残りの5銘柄の保有に向けて株価下落を待ちたい。

残り5銘柄のなかで、優先順位が高い順は東京海上ホールディングス(8766)、三菱商事(8058)、ブリヂストン(5108)、芙蓉総合リース(8424)、花王(4452)を考えています。

累進配当銘柄を保有し、配当金再投資で複利運用をしていくことで、将来のキャッシュフローを作っていくことができます。

100株単位なので、すべて保有しようとすると、約400万円必要です。

通信株であれば、ドコモかKDDIなどどちらかを買うなどをしていくと、投資額を抑えて、配当金ポートフォリオを作れますね。

1株から購入できるSBIネオモバイル証券を利用すれば、投資額を抑えて、株式投資を経験することもできます。

無料の株管理アプリ『マイトレード』というサービスを利用すると、証券口座をまとめることもできるので、かなり便利。無料だと3口座までできます。

ポートフォリオの視覚化(グラフ化)も自動でしてくれるので、とても便利なツールです。

売買記録も自動で記録してくれます。

3年年前は、米国株を保有していませんでしたが、徐々に増やして、3割程度にまで上げることができています。

当分、この比率(日本株7割:米国株3割)を保ちつつ、株式投資を続けていきたい。

使いやすいツールがあると管理がしやすくて、便利ですね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント