ジン

受取配当金 記録

【2019年12月配当金】10万円超え!30銘柄以上から不労所得が入金

2019年12月も配当金を受け取ることができました。 配当金は、真の不労所得として、将来に渡って受け取り続けたいと考えている収入源です。 配当再投資を繰り返すだけで、毎年、増えていく点も良いことです。 増配株を増やしていきたいのです。 日
dカード

【毎年3000dポイント】子どものいるドコモユーザーだけの特典

我が家は、パートナーがドコモを利用しています。 NTTドコモを利用していて、子どもが12歳までであれば、 毎年dポイントが3000ポイント もらえる『ドコモ子育て応援プログラム』というのがあります。 12歳まで毎年なので、最大で36,00
12月優待

【成長株】健康管理サービスバリューHR(6078)の配当・株主優待

将来の高配当株候補への投資を中心としています。 12月配当銘柄のなかでピカっと光る銘柄と考えているのがバリューHR(6078)です。 どんな会社かというと健康管理サービス会社。 健康保険組合の設立支援、運営支援、健診機関・企業・個人を対象
2019.12.15
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税】年収500万円で狙える人気の家電製品ランキング

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は家電・電化製品がもらえるので、実質2000円の負担で手に入れることができますね。 私もいくつか家電はもらったことはありますが、自分ではなかなか買えなかった
NISA

【税制改正大綱】新NISAは年122万円非課税!ジュニアNISAは令和6年以降払い出し可能に

与党の2020年税制改正要綱が発表されました。 この記事では、要綱をもとに、新NISAの概要やその活用方針について、まとめています。 また、ジュニアNISAは廃止されることになりますが、ジュニアNISAの活用方針についてもまとめます。
2019.12.15
12月優待

【12月株主優待】おすすめ5銘柄をピックアップ!クオカードやカタログがもらえる

株式投資の楽しみのひとつが株主優待です。 私も当初は株主優待をほとんど重視していなかったのですが、オリックスやKDDIの株主優待をきっかけに、株主優待も魅力と感じるようになり投資をしています。 優待がきっかけで銘柄を発掘できるときもありま
2019.12.14
配当金投資

子育て世代に進める配当金投資【18年後に100万円の配当収入をめざそう】

将来の不安のひとつに、「お金」のことがあります。 私もそうですが、子育て世代にとって悩ましいのが「教育費」です。 人口減少で高騰する可能性もあり、教育費負担は重くのしかかってきます。 子ども一人当たり2000万円とも3000万円とも言われ
12月配当

【12月高配当株のおすすめ?】下方修正銘柄が多く注意も

安定した副収入源を作っていくために、株式投資による配当金は最適です。 基本的に管理の手間はなく、管理のコストもありません。 また、企業が増配を発表すれば、保有しているだけで配当収入は毎年増えていきます。 その逆で、企業の業績が悪化すれ
2019.12.12
インテリア・家具

ふるさと納税で《カリモク家具》が登場【年収900万円以上はチャンス】

ふるさと納税は、年内にすると来年の税控除を受けることができるので、チャンス月ですね。 ふるさと納税は12月31日まで です。 なんと、ふるさと納税で、大好きな家具ブランド カリモク が、登場しています。 長年ふるさと納税を見てき
9月優待

【1株で5000円分の株主優待】上新電機(8173)の9月優待が魅力的

通常100株保有からの優待が多いものですが、 わずか1株保有でも優待がもらえる銘柄があります。 そのなかでも、関西地盤の家電量販店の上新電機(8173)の株主優待がお得ですね。 1株からでも買えるを利用して、上新電機を保有しています。 結
2019.12.09