ふるさと納税 家電

ふるさと納税 家電

【ふるさと納税でカメラ】オリンパスPENやキヤノンEOS Kissなどミラーレスももらえる

ふるさと納税は12月31日までが期限です。残りわずかですね。 年内に寄付をすれば、翌年に税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 所得税は還付、住民税は毎月減額されます。 ふるさと納税ポータル
2019.12.31
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税】年収500万円で狙える人気の家電製品ランキング

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は家電・電化製品がもらえるので、実質2000円の負担で手に入れることができますね。 私もいくつか家電はもらったことはありますが、自分ではなかなか買えなかった
2020.02.07
ふるさと納税 家電

【実質2000円】ふるさと納税でドラム式洗濯機・4K対応テレビが登場

ふるさと納税は、12月31日までにすることで、来年の税控除を受けることができます。 ふるさと納税の申し込みも増えてくる時期ですね。 同時に、自治体側も返礼品が充実してくる時期でもあるので、掘り出し物の返礼品が出るときでもありますね。 なん
2019.12.31
スポンサーリンク
ふるさと納税 家電

【はじめてのふるさと納税】ふるさと納税で家電・電化製品をもらう方法

ふるさと納税をし続けてはや年ほどになりますが、ふるさと納税の魅力は少ない自己負担でいろんな返礼品をもらうことができること。 返礼品は規制が入り、寄付額の30%以内という制限はありますが、それでも魅力的な制度です。 過去にコーヒーメーカー
2019.10.16
ふるさと納税 家電

【3万円以下】ハンディアイロンなどの家電が手に入るふるさと納税返礼品

ふるさと納税は、実質的な自己負担は年間わずか2000円で、いろんな返礼品がもらえる自治体への寄付制度です。 所得環境によって、実質2000円の負担で済む上限額は各々変わりますが、所得があれば誰でもできるので、利用することのメリットは大きい制
2019.04.28
ふるさと納税 家電

2,000円でiPad Proを手に入れるのはいつまで?ふるさと納税最後のチャンスを活かそう

ふるさと納税は、6月から法改正で変わる部分があります。 2月8日の閣議決定でされました。 ほとんどの自治体は今まで通りですが、一部、「返礼割合が3割を超える」、あるいは、「地場産品以外」の返礼品を用意している自治体はなくなるはずです。
2019.03.07
ふるさと納税 家電

年収500万円以上でお得!寄付額5万円以下でもらえる家電おすすめ5選(ふるさと納税)

2018年のふるさと納税の寄付は12月31日までとなっています。 多くの自治体がクレカ決済であれば23時59分までOK。 以前、試しに23時台に決済してみましたが、きちんと税控除されました。 ギリギリまで悩んでも大丈夫ですね。 年収
2019.01.07
ふるさと納税 家電

加湿器は手入れが楽な象印がおすすめ!年収450万円以上ならふるさと納税でお得に

11月に入り、気温が下がってきましたね。 気温が下がるとインフルエンザになりやすいらしいです。11月下旬から2月にかけてインフルエンザは流行るらしいので、早めに予防接種を受けておきましょう。 さて、湿度を50~60%に保っておくとインフ
2018.12.15
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でドライヤーがもらえる自治体まとめ【年収300万円以上】

ふるさと納税は、寄付した金額のうち2,000円(年間)を除いて、残りの金額が『税金控除』という形で戻ってきます。 つまり、実質2,000円でいろんな返礼品がもらえるので、人気が高まっていますね。 この記事では、ふるさと納税でもらえる「ド
2018.09.18
ふるさと納税 家電

ふるさと納税でもらえるテレビ&ブルーレイレコーダーまとめ【年収700万円以上】

ふるさと納税の魅力は、何と言っても『返礼品』です。 返礼品に要する金額は、総務省が寄付額の3割程度までというお達しを各自治体に出していますので、概ね寄付額の3割程度が返礼品がもらえます。※ 一部の自治体では、5割程度と還元率が高い自治体
2019.03.11
スポンサーリンク