株式投資

9月配当

【8期連続増配】不動産販売のオープンハウスの驚異の増配力!業績推移

配当成長力のある銘柄を長期保有することで、配当金というキャッシュフローの増加とキャピタルゲインも期待できますね。 特に、毎年のように配当金を増やしている「連続増配株」は投資先として有力候補と考えています。 連続増配株として、住宅メーカーで
9月優待

【株主優待・長期で利回りUP】システム情報は上場以来6期増配の成長株!

システム開発会社のシステム情報(3677)は、コロナショック後から株価は3倍になるなど好調ですね。 独立系SIとして、システム開発受託やコンサルティング、クラウド、RPAなどを展開しています。 2020年テレワークサービス「Telekum
2020.07.08
3月優待

【長期保有で優待利回りUP!】ギガプライズの株主優待・業績・配当金まとめ

マンション向けインターネットサービスのHomeIT事業、主に集合住宅向けISPを展開している名古屋証券取引所に上場しているギガプライズ(3830)から株主優待が届きました。 ニッチな銘柄ですが、東証一部上場しているフリービット(3843)
2020.07.04
スポンサーリンク
配当金投資

【不労所得】税金面で不利な配当金投資を続けている理由

前に投資に興味を持ってから、配当金を得ながら投資を続けています。 配当金は、NISAを使わなければ、譲渡所得税が約20%かかってしまうので、複利運用の面では不利です。 インデックス投資のように、課税を繰り延べできるほうが複利運用のメリット
受取配当金 記録

【2020年6月受取配当金】税引き後30万円超え!配当金受領銘柄&優待銘柄

2020年6月は配当金を受け取ることができました。 今年は4月が無配だったので、こうして配当金が入ってくると嬉しいものです。 3月のコロナショックで大きな痛手を受けましたが、株価は堅調ですね。 コロナショックで株価はどうなるかと思っていた
2020.07.08
成長株

【Saas銘柄】名刺オンライン交換最大手のSansanで見る事業の強み

コロナショックで株価は大きく下がり、そのあとは爆上げをしています。 コロナショックという大暴落を初めて経験したことで、株価の下落に怯えることなく、投資をしていくために、定期的な収入のあるサブスク事業を持つ企業への投資を増やしました。 Sa
2020.06.30
12月配当

【高配当ランキングトップ!】配当利回り7%のJTは魅力か?減配リスクで注意か?

東証一部上場企業のなかで、トップの配当利回り(※)を誇る日本たばこ産業(JT、2914)。 ※令和2年6月19日現在 配当利回りはなんと7%もあります。 12月決算銘柄ですので、6月の権利日時点で保有していると、9月に配当金を受け取ること
2020.06.29
厳選銘柄

【データで見る】コロナショックで売上を伸ばしている業界・打撃を受けている業界《5月・月次チェック》

今月も月次データをまとめてみました。 緊急事態宣言は解除され、移動制限も緩和され、元に戻ってきたように思います。 5月は緊急事態宣言真っただ中ですので、ここでの数字は恐らく今後出てこないような数字もありますね。 訪日外国人は1700人と前
2020.07.02
3月配当

【過去10年で配当6倍】インフォコム(4348)の株主優待ありの高収益・成長株

高い成長力と配当成長力(増配力)があり、株主優待も実施しているような銘柄であれば、長期保有しやすい銘柄と言えますね。 ITソリューション会社、帝人の子会社であるインフォコム(4348)に着目してみました。昨年保有していて、いったん売却して
2020.06.26
3月優待

【年2回株主優待がもらえる】営業利益率35%超のエイトレッド(3969)の業績・株主還元まとめ

ワークフローシステムメーカーのエイトレッド(3969)に着目しました。 連続増配株 株主優待(年2回) 長期保有向きの銘柄と考えています。 一度保有していたのですが、コロナショック前に手放しており、そのあとはすっかり忘れていたのですが
2020.06.23
スポンサーリンク