Googleスプレッドシートを使った株式投資の資産管理&作成したグラフをブログで公開する方法

株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資をしていると銘柄数が増えると資産管理が手間になったりしますね。

特に、複数の証券会社を利用している場合はなおさらです。

私も、SBI証券 マネックス証券楽天証券DMM株など複数の証券会社を利用しています。

また、日本株と米国株にも投資をしているので、それぞれのアプリなり、サイトで確認するのは非常に手間です。

そこで、Googleスプレッドシートを活用した資産管理方法です。

といっても、私は作る能力がありませんので、

C55さんてくさんが公開してくれていますので、そちらを使わせて頂いています。

上記のリンク先にアクセス頂ければ、Googleスプレッドシートのサンプルをダウンロードすることができます。

スポンサーリンク

Googleスプレッドシートで株式投資の資産管理をしてみよう

日本株・米国株を管理

C55さんのスプレッドシートで、日本株・米国株を管理しています。

使い方はとても簡単で、証券コードを入れていくだけで自動で株価を取得してくれます。

保有株数は自分で手入力が必要です。

シートごとに銘柄のデータを取得します。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株

銘柄一覧のところで、証券コードを入れると自動で銘柄名や株価も反映してくれるようになります。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その2

米国株も同様にティッカーシンボルを入力すると、自動で銘柄名や株価も反映してくれるようになります。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その3

これで複数の証券会社を利用していても、スプレッドシート1枚で管理できるので、保有株の管理に最適ですね。

とてつもなく便利です。

てくさんのGoogleスプレッドシートは、米国株を重点的に管理されたい方には詳細に管理できます。

株価や売却益、為替管理もでき、下記のように配当金の受取も管理することができます。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その8

あなたのポートフォリオの管理に合わせて使ってみるといいのではないでしょうか。

ブログで公開する方法

Googleスプレッドシートで作ったグラフをブログに載せることもできます。

画面キャプチャをした場合であれば、データの中身が更新されても反映されません。

Googleスプレッドシートのグラフデータであれば、Googleスプレッドシートのデータを更新すれば、ブログのグラフも自動で更新してくれます。

便利ですね。

Googleスプレッドシートのグラフの右肩のハンバーガーマークをクリック。

「グラフを公開」をクリックします。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その4

「画像」→「リンクをコピー」。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その5

ここからはWordpressの場合ですが、

「挿入」→「画像」をクリックします。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その6

ソースの欄にさきほどコピーしたリンクを貼り付けします。

Googleスプレッドシート 日本株 米国株その7

すると下記のように、グラフが挿入されます。

あとは、Googleスプレッドシートのデータを更新すれば、同じ作業をすることなく、ブログのグラフも自動で更新してくれます。

便利ですね。

ちょっと重たいかもしれませんが。

スポンサーリンク

スマホで簡単管理「マイトレード」

Googleスプレッドシートの管理ですら手間だという場合は、スマホアプリの無料の株管理アプリ『マイトレード』が便利です。

無料プランでも、3つの証券口座のデータまで管理してくれます。

かなり重宝します。

例えば、資産別のポートフォリオ管理ができます。

マイトレード保有割合

また、資産推移も確認できます。無料プランは最長1年間なので、長く見たい場合は月500円の有料プランを利用しましょう。

マイトレード 資産推移

取引履歴も自動で取得してくれます。

マイトレード 取引履歴

年間あたりの成績も見ることができますね。

2019年は株式資産は上昇していますね。

毎年こんなんだったらいいのに(ぼやき)。

マイトレード年間成績

プランは、

  • free(無料)
  • Basic(月500円)
  • Pro(月2500~3400円)

と分かれています。

マイトレード プラン

出典:マイトレード

まずは、無料で試してみて、良ければプランのバージョンを上げるのがいいですので、まずは登録しておきましょう。

無料の株管理アプリ『マイトレード』というサービスを利用すると、証券口座をまとめることもできるので、かなり便利。無料だと3口座までできます。

ポートフォリオの視覚化(グラフ化)も自動でしてくれます。

3年年前は、米国株を保有していませんでしたが、徐々に増やして、3割程度にまで上げることができています。

当分、この比率(日本株7割:米国株3割)を保ちつつ、株式投資を続けていきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。30代会社員、子ども2人。FP2級、宅建保有。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。ぜひフォローしてください。
配当金、不動産、副業で収入源の多角化も進めています。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス

コメント