税金・保険

マネープラン

手取り年収1000万円は小金持ちとして悠々自適。複収入化で実現は十分可能

日本の税制は、所得が増えるほどに税金の負担が重くなります。 稼いだ半分以上が税金で持っていかれると考えると、なんだか切ないですね。 ついこの間、この手取り1000万円で小金持ちになろうという本を読みました。 10年ほど前の本ですが
保険

家計の節約に直結!保険の優先順位はライフステージで大きく変わる

「保険」は人生において必須のものですが、「万が一のためだから」と思わず加入してしまうことが多いのが保険です。 保険は、マイホームの次に高い買い物とも言われます。 毎月1万円、年間12万円にもなります。 これを30年払い続けると360万
税金ネタ

損益通算の2つのメリットを活かした投資戦略とは?損益通算も解説

株式投資をしていると、損をすることもあります。 自分も値上がり期待から保有していた銘柄は、欲を出したこともあり、含み損となっている銘柄が4銘柄ほどあります。 そうした経験から、値上がり益を狙いにいくのではなく、将来のキャッシュフローを重
スポンサーリンク
クラウド会計

副業、個人事業主におすすめ!会計ソフトはfreeeが便利な5つの理由

副業で収入が増えた場合に大事なのは税金の計算です。収入が増えても、税金が多くて手残りが少ない、あるいは、税金が支払えないというのは避けたいところ。 収入の見込みから税金見込みも計算してくれるクラウド会計freeeが便利です。私も使っていますが、毎月の記録はわずか10分ほどで終わります。簡単すぎて便利すぎて手放せない。
保険

生命保険は本当に必要か。保障額試算で無駄な保険に入っていることが判明

生命保険は、毎月保険料がかかってくるので、チリも積もればで高額な出費となります。 住居費の次に負担が大きいとも言われます。 このため、適切な保障額を踏まえた保険加入が大事ですね。 と、言葉にすると簡単ですが、「適切な保障額」ってなんや
2018.08.24
住宅ローンの基本

ほとんどのサラリーマンは住宅ローン減税をフル活用できない現実

住宅ローン金利が史上最低金利で推移していますので、借りるにあたっては良い時期です。 特に、日銀のマイナス金利後は、みるみる金利が下がっています。金利負担を減らせるので、メリットが大きくなっていますね。 住宅ローンのうち、元金部分は実質強
2018.08.06
保険

個人賠償責任保険は入っている?月額150円程度で加入できるコスパ最強の保険

自転車事故でも数千万円の損害賠償になることもあります。わずか月150円程度でそうした賠償に備える保険が個人賠償責任保険です。この保険ひとつで家族の起こした事故も対象になります。家族を守るために、必須の保険です。その内容についてまとめました。
2018.08.30
税金ネタ

2020年から変わる税金。増税ラッシュに備えて年収が高い人ほど対策必須

増税ラッシュが続くので、家計の可処分所得は減ってしまいます。 大企業を除けば、給料の伸びはそれほど期待できないですし、リーマンショックから10年が経ち、いつ不景気が来てもおかしくありません。 どんな増税が待ち受けているのかを、自分でも整
保険

地震保険の加入の必要性。保険加入も大事だけどそれより大事な2つのこと

大阪府北部を中心とする震度6弱の地震が起きました。 被災された方のご無事をお祈りしています。 こうした有事の際には、水や食料など備蓄の重要性を感じます。 我が家は、常に水などは備蓄して、災害用のトイレも常備しています。 地震時には空
税金ネタ

サラリーマンの節税対策。これだけはしておきたい手軽にできるたった2つの方法

個人の税金は累進課税なので、収入が増えれば増えるほど、税金負担が重くなります。 2020年からは年収850万円以上の高所得者の増税が決まっており、サラリーマン狙い撃ち増税ですね。 高所得者から税金を取るという流れは今後も一層強化されると
2018.09.18
保険

あなたが加入している保険はちゃんと支払われるか確認していますか。

あなたの保険の支払い要件を確認していますか。 保険はリスクヘッジの観点から加入すべきものですが、日本人は保険大好きなので、加入しすぎのきらいがありますね。 職場でも、新入社員や社会人2年目に、せっせと保険外交員が営業をかけています。
税金ネタ

ちょっとお得!クレジットカードで税金を払うと節約できる2つのこと

個人でも税金を支払う機会がありますね。 所得税や住民税は、会社員や公務員であれば、毎月の給料から天引きされているので、支払っている感覚は希薄です(会社員だけ狙い撃ちした増税などがあるので、天引きやめて税金支払いへの意識を高める制度にしてほ
確定申告

住宅ローン控除で確定申告後の還付金はいつ振り込まれるの?

マイホーム購入する際に、住宅ローンを利用する方が多いと思います。我が家も住宅ローンを利用して、マンションを購入しました。 住宅ローンを利用すると、住宅ローン控除を受けることで、所得税の還付を受けることができますね。 住宅ローンを組んだ1
確定申告

確定申告は郵送でもいいの?郵送で提出する方法と注意点まとめ

確定申告の期限が迫ってきていますね。 この時期は税務署に長蛇の列ができるときです。 我が家は夫婦揃って毎年のように確定申告をしていますが、一度も税務署に行くことなく、確定申告を済ませています。 税務署も役所なので、平日には開いていませ
税金ネタ

40代からの賃金が増えていない!?お金を使ってほしい世帯にしわ寄せっておかしくない?

厚生労働省がまとめている「賃金構造基本統計調査」によると、平成29年は平成28年と比べて、30代~50代の賃金が減ったようです。 子どもがいる家庭では、ドンピシャで教育費やらマイホームやら、レジャー費やらで何かとお金がかかってくるところで
クラウド会計

クラウド会計おすすめは?簿記知識がなくても使える「freee」が良い

副業解禁の流れを受けて、副業をする人も増えています。 収入から経費を差し引いた所得が年間20万円を超えると確定申告が必要です。 個人事業主の方はもちろん、確定申告が必要ですね。 までが申告期限となっていますが、色々と収入やら経費やらを
2018.07.22
クラウド会計

経理は楽しよう!クラウド会計ソフト「freee」はスマホでも使えて便利。収入と入金の登録方法

不動産収入やアフィリエイト収入などがある場合、その収支帳簿をつけたりするのは面倒くさいですよね。 確定申告の時期ですが、そうした場合に活躍してくれるのがクラウド会計というソフトです。 MFクラウドやなどが有名ですが、一度登録をすると、銀
2018.07.22
確定申告

確定申告・還付申告をするとふるさと納税「ワンストップ特例」は無効なので注意

会社員の場合、基本的に税金は払い過ぎの状態です。ただ、「年末調整」があるので、払い過ぎた税金が戻ってきますね。 年末調整のほかに、確定申告をすることによって払い過ぎた税金が戻ってくる場合があります。「還付申告」と言います。 確定申
2018.08.15
教育費積み立て

未成年者証券口座は特定口座(源泉徴収なし)がよい?ジュニアNISAをよりも使い勝手が良いかも。

ジュニアNISAの検討をしていたのですが、未成年者の証券口座開設には、税制がややこしいです。←ジュニアNISAの口座は開設申し込みはしました。 ジュニアNISAは投資元本80万円に対する譲渡益や配当に対して非課税というメリットがあります(
2018.07.18
税金ネタ

年収850万円以上は2020年から増税。高年収者は節税策をしていこう

年収850万円を超える方は、増税になります。 給与所得控除の上限額に達する年収は平成27年(1,500万円)→平成28年(1,200万円)→平成29年(1,000万円)と年々下げてきていたわけですが、850万円まで下げることになりました。
2018.07.14
保険

少額保険(モバイル保険、痴漢冤罪、チケット)など広がっているけどホントに必要?

auからマイネオに移行して、Appleケアもなくなり、スマホの保障が必要なのか?というのを考えてみました。 モバイル保険というものがあるようです。 こうした少額短期保険(ミニ保険)は広がっているようですね。テレビでも取り上げられていた記
2017.12.02
保険

保険は入るほどに損をする?!保険貧乏で家計を傷めないようにしよう

社会人になると保険の加入について、考える機会があると思います。社会人なりたては保険は不要ですが、子どもが生まれると保険加入は検討する人がグッと増えますね。 世帯の保険加入率がいくらかご存知ですか。なんと9割という驚異の加入率です(出典:生
2018.08.08
税金ネタ

年収850万円超の会社員は増税対策必須。税制優遇のiDeCoやNISAのフル活用を

給与所得控除の引き下げが検討されています。 高所得の会社員は増税になりそうです。 【2018年度税制改正で財務省が与党に提案する内容】→法改正されました(H30.3月) 2020年1月~ ◎給与所得控除 最大220万円 ⇒ 最大19
2018.10.12
教育費積み立て

学資保険に加入しないほうがいい3つの理由。解約返戻金は必ず知っておこう。

学資保険はリスキーだなってつぶやいたら、「そうだね」って意見もいただいた。 我が家は第1子が生まれるときに、ソニー生命の学資保険に加入しました。 第2子が生まれましたが、学資保険には加入しないと決めています。 子どもが生まれると、教育
2018.10.14
税金ネタ

サラリーマン大増税時代か?給与所得控除の大幅圧縮が実現すると家計に大打撃

会社員の場合、税金に関心を持つ機会に乏しいですね。 給料から天引きされているのが大きな要因だと思います。 私も確定申告をするようになってから、税金に興味を持ち出しました。 「サラリーマンの所得税ってどうやって決まるの?基本的なことは知
2018.05.21