REIT

REIT

【4月/10月権利(REIT)】スターツプロシード、トーセイ・リート、投資法人みらい【3銘柄】決算ざっくりレビュー

配当金を目的とした投資をし始めてから、REITにも興味を持ち始めています。 4月/10月権利確定日の銘柄のREITでウォッチしている3銘柄の決算が出ていましたので、ざっくり見ておきたいと思います。 3銘柄は、以下のとおり。 スター
2019.09.04
REIT

【利回り6%!】インフラファンドで配当収入が狙える(タカラレーベンインフラファンドへの投資)

経済産業省が太陽光や風力で発電した電気を国が決めた固定価格で買い取る仕組みを終了し、競争入札制度を導入することの報道を受け、インフラファンドが下落していますね。 インフラファンドは、文字通り、インフラに投資している商品です。 太陽光発電
2019.06.16
REIT

【4月決算】利回り5%以上の投資候補REIT。安定した分配金が魅力

毎月、安定した不労所得を得るため、配当金狙いの投資をしています。 不動産投資にもチャレンジしてみたいですが、なかなか参入できていない現状があるため、不動産投資法人であるREITへの投資を目標にしています。 決算月が分散されていることや分配金
2019.09.04
REIT

分配金の利回り5%以上のREIT購入で不労所得を増やす。スターツプロシード(8979)を購入

インカムゲイン(配当金、分配金)を重視した投資に切り替えているので、コツコツと不労所得を増やしています。 日本株の場合は、3月決算銘柄が多く、配当金も年2回が基本なので、6月と12月しか入金がありません。 このため、できるだけ毎月、配当
2019.06.07
配当金投資

日本株・米国株・REITでつくる毎月配当金を得るためのポートフォリオを考える

配当金は不労所得として最適ですので、それが毎月のように入ってくると、家計にも余裕が出てきますね。 配当金を再投資していけば複利効果でどんどん配当金が増えていきます。 この複利効果をあげるためにも、毎月配当金が入金されれば、投資資金が増え
2019.09.04
REIT

不動産投資信託「東証REIT」は分散投資にも有効。キャッシュフローを増やすための投資先候補

2018年の株価は年末に来て、かなりの荒れ模様です。 かつてないほどの含み損を被っていますが、もらえる配当金は積み増しできており、今後も配当金再投資を進めようと思います。 できれば含み益のほうがいいのは当たり前ですが、キャッシュフローを
2019.06.07