ふるさと納税

ふるさと納税の基本

【ふるさと納税キャンペーンまとめ】生活コストを抑える必須の制度

ふるさと納税の魅力は、寄付した額のほとんどが寄附金控除で、実質的な負担がなく、自治体から返礼品をもらえることです。 返礼品は、お米やお肉、生活用品、旅行券、家電など様々あります。 返礼品をもらって、生活費の削減にも利用できますね。 年
2019.11.13
ふるさと納税 税金

【初めてふるさと納税する方へ】税金が安くなる仕組みとその確認方法を解説

家計の可処分所得を増やすために、ふるさと納税を活用することがおすすめです。 ノーリスクで生活用品を手に入れることができます。 一番のメリットは、ふるさと納税(=自治体への寄付)をすることにより、 税金が控除 されることです。 私も
2019.11.09
ふるさと納税 家電

【はじめてのふるさと納税】ふるさと納税で家電・電化製品をもらう方法

ふるさと納税をし続けてはや年ほどになりますが、ふるさと納税の魅力は少ない自己負担でいろんな返礼品をもらうことができること。 返礼品は規制が入り、寄付額の30%以内という制限はありますが、それでも魅力的な制度です。 過去にコーヒーメーカー
2019.10.16
ポイント制・商品券

【期間限定】Amazonギフト券が寄付額の20%+お米がもらえるふるさと納税キャンペーン

株式会社ユニメディアが運営するふるさと納税ポータルサイトは、家電などの返礼品も取り揃えている点で魅力。 法改正により、換金性の高い返礼品は少なくなりましたが、現在でも地場産品として用意する返礼品には、家電などが取り揃っています。 寄付額
2019.09.29
ふるさと納税 食べる

【ふるさと納税で食費を下げる】ハンバーグやお肉のおすすめ品

いよいよ消費税が10%に増税が近付いてきましたね。 給料が伸び悩むなかで、痛い増税です。 食品は軽減税率で8%ですが、それ以外は10%なので、家計におけるコストアップになっていきます。みりんも10%ですってよ そこで活用したいのが『ふ
2019.09.05
ふるさと納税 食べる

【ふるさと納税で生活コストを下げる】リスクゼロで調味料を手に入れよう

なかなか給料が伸び悩むなかで、消費税が8%から10%に増税すると更に懐は厳しくなってきます。 食品は軽減税率で8%ですが、それ以外は10%なので、家計におけるコストアップになっていきます。 そこで活用したいのが『ふるさと納税』です。
2019.08.26
ポイント制・商品券

【還元率30%超え?!】ふるさと納税 洲本市の温泉利用券は満足度の高い返礼品

ふるさと納税は、2018年度は過去最高の寄付額だったそうです。 大阪府泉佐野市などAmazonギフト券が人気で、寄付額を押しあげたようですね。ご存知のとおり、ふるさと納税は制度改正があり、寄付額の30%までなどの条件が付きました。 条件
2019.08.05
ふるさと納税実施

【生活コストが下がる】ふるさと納税を使って日用品を実質タダで手に入れよう

普段の支出のなかで、ちょっと支払先を変えたりすることで、お財布からお金が減ることを防ぐことができます。 ふるさと納税や株主優待などを上手に使えば、普段の生活費を抑えることに役立ちますね。 手軽なのは、ふるさと納税です。 収入があればだ
2019.09.07
ふるさと納税 限度額

【ふるさと納税】給料+副収入を含めて寄付が可能。限度額が上がれば、返礼品も多数もらえる

可処分所得が思うように増えないなかで、支出を減らすことは大切ですね。 キャッシュレス支払いなどが最近では本丸ですが、もうひとつは、ふるさと納税を活用することです。 ふるさと納税は、年収によって上限はありますが、寄付額のうち2000円以外
2019.07.08
ふるさと納税の基本

ふるさと納税は損しない。やらないほうが損なくらい。家計の節約になる活用法

ふるさと納税は、6月から新制度が始まります。 今までのように、過度にお得な返礼品はなくなりますが、新制度下でも非常にお得な制度であることは変わりありません。 ふるさと納税は、損せず、返礼品をもらうことができます。株価の変動のある株主優待
2019.05.29