ふるさと納税

ふるさと納税

【3月31日まで】ふるさと納税キャンペーンまとめ!Amazonギフトが寄付額10%も

ふるさと納税は、税控除があるので、実質自己負担が2000円で、いろんな返礼品をもらうことができる魅力的な制度です。 我が家も毎年のように活用して、おいしいフルーツやお肉などをもらったりしています。ちょっと生活に潤いを与えてくれますね。 年
2020.04.01
ふるさと納税

【3月31日までのキャンペーン】ふるさと納税でAmazonギフトが6倍UPの寄付額の6%もらえる!

ふるさと納税は、実質自己負担が2000円でいろんな返礼品をもらうことができる魅力的な制度です。 は寄付額の1%分のAmazonギフトコードがもらえるのが特徴です。 3月31日までは、このAmazonギフトコードが、 寄付額の6%分(6倍
2020.04.01
ふるさと納税

【2月キャンペーン】ふるなびで寄付額のAmazonギフトが5倍の5%もらえる!

ふるさと納税は、実質自己負担が2000円でいろんな返礼品をもらうことができる魅力的な制度です。 私は、をよく利用していますが、ふるなびは寄付額の1%分のAmazonギフトコードがもらえるのが特徴です。 2月29日までは、キャンペーンエント
2020.03.07
ふるさと納税

【ふるさと納税】お得!イオンカード×さとふるキャンペーン《ポイント20倍》

ふるさと納税が人気なのは12月ですが、1月以降もふるさと納税では魅力的なキャンペーンをしているときは、すぐに実施しておきたいですね。 今年は年始にオムニセブンで最大50%還元(キャンペーンはすでに終了)していましたので、即実行しました。
2020.02.05
ふるさと納税

【1/5まで】オムニセブンで最大50%還元!目玉はふるさと納税「さとふる」の理由

セブン&アイグループのネットショッピングが利用できる「オムニセブン」で、新春初売りの第還元を実施しています。 なんと、 最大50%還元 となっているので、非常にお得です。 普段オムニセブンを利用していない方でも、非常にお得ですね。 私もほ
2020.02.09
ふるさと納税の基本

【ふるさと納税は本日まで】絶対に知っておきたい失敗しないための注意点は3つ

年内のふるさと納税は、本日が最終日です。 今日中にクレカ決済で手続きを済ませていれば、来年、税控除を受けることができますね。 ふるさと納税は、 自治体に寄付をする 寄付した金額のうち2000円以外は税控除が受けられる 寄付額の約30%
2020.02.07
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税でカメラ】オリンパスPENやキヤノンEOS Kissなどミラーレスももらえる

ふるさと納税は12月31日までが期限です。残りわずかですね。 年内に寄付をすれば、翌年に税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 所得税は還付、住民税は毎月減額されます。 ふるさと納税ポータル
2019.12.31
ふるさと納税 旅行

【タダで旅行も】ふるさと納税でもらえる宿泊券・星野リゾートも登場

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 年内に寄付をすれば、来年税控除を受けることができるので、自己負担2000円で返礼品がもらえるのは魅力的ですね。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は旅行券の返礼品も選ぶことができるので、実
2019.12.31
ポイント制・商品券

【ポイントで返礼品】年内寄付だけで得するふるさと納税

ふるさと納税は、寄付時に返礼品を選ぶのが一般的です。 ふるさと納税は年内に申し込みをすることで、翌年の税控除を受けられることから、年内にすることが必須です。 ただ、返礼品をすぐに選べない、欲しい返礼品が見つからないというときには、寄付時
2019.12.31
ふるさと納税 家電

【ふるさと納税】年収500万円で狙える人気の家電製品ランキング

ふるさと納税は12月31日までが期限です。 ふるさと納税ポータルサイトのなかでも、は家電・電化製品がもらえるので、実質2000円の負担で手に入れることができますね。 私もいくつか家電はもらったことはありますが、自分ではなかなか買えなかった
2020.02.07