ふるさと納税

ふるさと納税 食べる

ふるさと納税はノーリスクで返礼品が手に入ります。寄付額10,000円から始めてみよう

ふるさと納税は、自治体に寄付をすることで返礼品がもらえる制度です。 そして、寄付した金額のほとんどは税控除で所得税や住民税が安くなりますので、ノーリスクで返礼品を手に入れることができます。 寄付の50%程度は12月に集中しますが、ふるさ
2019.01.22
ふるさと納税

返礼割合6割の三条市がふるさと納税見直しへ!お得な返礼品はなくなる前に今すぐするべし!

ふるさと納税見直しが始まります。 お得な返礼品は、残っているうちに、できる方は今すぐしたほうがいいですね。 税控除を受けられるので、実質ほぼタダで返礼品を受け取ることができます(自己負担2,000円の負担は必ずあります)。 新基準は、
2019.03.31
ふるさと納税

ふるさと納税の見直しは6月1日から。「ルール違反自治体でまだお得な返礼品」と「遵守自治体の狙い目返礼品」

ふるさと納税は、実質2000円の負担で自治体から返礼品をもらえるのでお得な制度です。 昨年は、Amazonギフト券などの返礼品もあり、とてもお得でしたが、今年はふるさと納税制度が変わります。 返礼品は地場産品に限られますので、Amazo
2019.06.03
ふるさと納税の基本

ふるさと納税の規制はいつから?5月31日までに申し込むのが正解!

ふるさと納税の返礼品で、過度なものが多いと問題になっていることから、ふるさと納税の見直しが始まります。 ふるさと納税を利用する側としては、残念な部分もありますが、地方の特産品を知るきっかけにもなったので、このまま制度は続いてほしいものです
2019.05.27
ふるさと納税の基本

ふるさと納税のデメリット・注意点とは?節約につながる制度を上手に利用しよう

ふるさと納税は実質的には節約手段ともなりますが、デメリットもあります。 私はふるさと納税は、家計にとってプラスの面が大きいため、毎年のようにしていますが、デメリットも理解しています。 特によく使うのは、やですね。 返礼品も豊富に取り扱
2018.12.27
ふるさと納税 旅行

ふるぽのふるさと納税でJTB・JAL・るるぶ・ゴルフのクーポンが使いやすい

ふるさと納税の返礼品は、お肉やお米が有名ですが、旅行クーポンも手に入ります。 JTBが運営するふるさと納税サイト『』では、JTBやJAL、るるぶトラベルの旅行クーポンをもらうことができますね。 また、ゴルフ場予約クーポンや民泊に使えるク
2019.01.16
ふるさと納税 家電

年収500万円以上でお得!寄付額5万円以下でもらえる家電おすすめ5選(ふるさと納税)

2018年のふるさと納税の寄付は12月31日までとなっています。 多くの自治体がクレカ決済であれば23時59分までOK。 以前、試しに23時台に決済してみましたが、きちんと税控除されました。 ギリギリまで悩んでも大丈夫ですね。 年収
2019.01.07
ふるさと納税「お肉」

やっぱり牛肉が最高!ふるさと納税でもらえる高級牛肉5つを厳選

ふるさと納税は実質2,000円で地方の特産品を手に入れることができるので、とってもお得! 年収がある方であれば、しておかないと損なくらいですね。 人気が高いのはやっぱりお肉!牛肉! ということで、ふるさと納税の雑誌をいくつか購入して、
2019.04.30
ふるさと納税の基本

さとふるのAmazonギフト券キャンペーンがすごい!必ずもらえるようになってお得に

ふるさと納税の申し込みの約5割は12月に申し込み(※)に集中するそうです。 ※ の2017年申込実績 年収が決まりこの時期であれば、自分の上限額を把握しやすいので、ふるさと納税をできるからですね。 そして、昨年はここまでヒートアップし
2018.12.17
ふるさと納税 限度額

ふるさと納税限度額のシミュレーション比較!大手5社で検証してみた

ふるさと納税は年内にしておくことで、翌年に税控除を受けられます。 ふるさと納税をする際に最も確認しなければならないことは、寄付限度額(上限額)です。 税控除を受けられる上限額が、年収等に応じて決まっています。 この上限額の範囲内であれ
2019.03.18