節税方法

節税方法

2020年から変わる税金。増税ラッシュに備えて年収が高い人ほど対策必須

増税ラッシュが続くので、家計の可処分所得は減ってしまいます。 大企業を除けば、給料の伸びはそれほど期待できないですし、リーマンショックから10年が経ち、いつ不景気が来てもおかしくありません。 どんな増税が待ち受けているのかを、自分でも整
節税方法

サラリーマンの節税対策。これだけはしておきたい手軽にできるたった2つの方法

個人の税金は累進課税なので、収入が増えれば増えるほど、税金負担が重くなります。 2020年からは年収850万円以上の高所得者の増税が決まっており、サラリーマン狙い撃ち増税ですね。 高所得者から税金を取るという流れは今後も一層強化されると
2018.09.18
節税方法

ちょっとお得!クレジットカードで税金を払うと節約できる2つのこと

個人でも税金を支払う機会がありますね。 所得税や住民税は、会社員や公務員であれば、毎月の給料から天引きされているので、支払っている感覚は希薄です(会社員だけ狙い撃ちした増税などがあるので、天引きやめて税金支払いへの意識を高める制度にしてほ
節税方法

年収850万円以上は2020年から増税。高年収者は節税策をしていこう

年収850万円を超える方は、増税になります。 給与所得控除の上限額に達する年収は平成27年(1,500万円)→平成28年(1,200万円)→平成29年(1,000万円)と年々下げてきていたわけですが、850万円まで下げることになりました。
2018.07.14
節税方法

年収850万円超の会社員は増税対策必須。税制優遇のiDeCoやNISAのフル活用を

給与所得控除の引き下げが検討されています。 高所得の会社員は増税になりそうです。 【2018年度税制改正で財務省が与党に提案する内容】→法改正されました(H30.3月) 2020年1月~ ◎給与所得控除 最大220万円 ⇒ 最大19
2018.10.12
節税方法

副業の税金。ブログ収入がある場合の経費は領収書の保管方法など。

専業や副業にかかわらず、ブロガーの方はどのくらい経費計上されているんでしょうね。経費にするものない・・・ってのが悩みです。 副収入の場合、年間20万円を超えた場合は、確定申告が必要ですね。 経費がないからといって、経費のための支出ってど
2018.12.24
節税方法

配偶者控除が2018年から変更。子育て世帯の経済的支援が増えればいいと切に願う。

世帯主の税金を減らすことができる「配偶者控除」が2018年より変わります。 これまで、「103万円の壁」と呼ばれるものがありましたが、これは妻(夫)の年収(給与収入)が103万円以下の場合に適用され、夫(妻)の所得が38万円を控除できる制
節税方法

住宅ローン控除があってもiDeCo(イデコ)で節税メリットがあるの?年収600万円でシミュ―レーションしてみた

老後資金の積み立てに最適な手段でもあるのが、2017年から誰でも加入できるようになった、個人型DCですね。 愛称はiDeCo(イデコ)。 この制度のポイントは、60歳まで引き出すことができないというデメリットがある一方、毎月の掛け金は所
2018.08.16
節税方法

副業で知っておくべき税金。いまや6人に1人の会社員に副収入あり。

働き方改革や残業の規制で、収入が減っている人もいるのではないでしょうか。私も残業代が例年より半分以下となっていて、収入減は避けられない状態です。 早く帰ることができる分、それまで残業していた時間が自由になりましたね。私は一部を睡眠にあてて
2018.12.24
節税方法

税金が10万円超なのでクレジットカードで払ってみることに。ちょっぴり節約、ちょっぴり節税。

「マイホーム返済は住宅ローンだけではない。固定資産税はボディブローのように来るぞ。」でも書いたのですが、固定資産税が来たので、クレジットカードを使って納税をしようと思います。 今までのように今年もnanacoを利用して節税をしようと考えて
2018.06.10