ポートフォリオ

投資 積立NISA
現在、作成中です

将来のお金の不安をなくし、また、資産形成をしていくため、株式投資にお金を振り向けています。

値上がり益狙いの積立投資、インカムゲインを増やすための配当金狙いの投資をしています。

スポンサーリンク

積立投資先

積立投資はもっとも手軽に投資できる方法です。

また、管理も簡単であるにもかかわらず、年5%~7%のリターンを得ることができます(年によってはマイナスになることもありますが、20年積立をすれば概ね得られるリターンというのが過去の実績です)。

主にアクティブファンドによって積立投資をしています。

国内に限れば、アクティブファンドの半分はインデックスファンドに勝っているというデータもあります。

インデックスファンドvsアクティブファンド

出典:SPIVA
2012~2017年の5年間

5年間で見ると、実に55.69%のアクティブファンドがインデックスであるTOPIXを上回っています。

SBI証券 iDeCo ひふみ投信 セゾン投信

モーニングスターより作成

積み立て投信先

ひふみ投信とひふみプラスの違いについて

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、自分で運用できる制度です。

掛け金は所得控除となり、確実に節税することができます。また、運用益は非課税であるため、使わない手はありません。

iDeCo運用先

◆夫 楽天証券(iDeCo)

運用先:セゾン資産形成の達人ファンド、楽天全米株式インデックス(VTI)

◆妻 SBI証券(iDeCo)

運用先:SBI 中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ(愛称:jrevive)、DCニッセイ外国株式インデックスファンド

iDeCoは40代付近になれば、必ず入っておきたい。

配当金投資

将来の不労所得を増やすため、配当金狙いの投資をするため、増配銘柄を保有しています。

配当金を得るには、時間もかかりますが、減配しない投資先を選び、将来のキャッシュフローを作っています。

保有銘柄(配当目的)保有シェア1株配当金(円)
税引前
保有株の配当利回り
9437 NTTドコモ5.5%1104.23%
2914 JT40.5%1504.25%
9433 KDDI7.1%903.25%
7198 アルヒ1.5%221.66%
6178 日本郵政2.0%503.86%
7182 ゆうちょ銀行0.8%503.45%
8136 サンリオ7.1%551.15%
3092 スタートトゥデイ4.5%291.04%
2193 COOKPAD5.0%80.77%
1413 桧絵ホールディングス購入検討
7148 FPG購入検討
8885 ラ・アトレ購入検討
7172 JIA購入検討
4661 オリエンタルランド購入検討
MO アルトリアグループ6.4%2.80$4.51%
T AT&T4.5%2.00$5.52%
BTI ブリティッシュアメリカンタバコ9.4%2.72$4.61%
AAPL アップル4.1%2.52$2.02%
XOM エクソン・モービル購入検討
AMZN アマゾン購入検討
GOOGL アルファベット1.9%
合計3.58%
2018.5月末現在

配当シミュレーション2 配当金(税込・税引き)2

<試算条件>

  試算増配率 毎年の追加株数 2017年増配実績
JT 7.0% 200 7.1%
ドコモ 5.0% 100 25.0%
KDDI 5.0% 100 5.9%
MO 8.0% 60 8.1%
BTI 3.0% 0 12.0%
T 2.0% 0 2.1%

<利回り>

配当シミュレーション 配当金

保有株関連記事

NTTドコモ 配当利回り 3.7%程度

KDDI 配当利回り 3.5%程度

JT 配当利回り 5.0%程度

日本郵政 配当利回り 3.9%程度

スタートトゥデイ(ゾゾ)

MO(アルトリアグループ) 配当利回り 5.0%程度

BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)配当利回り 4.6%程度

投資候補関連記事

オリックス 配当利回り 3.0%程度

米国株の調べ方

The DRiP Investing Resource Center」を利用すると、Excelでデータをダウンロードできるので、自分でソートしやすいですね。

増配年数や配当利回りも見ることができます。

アメリカ株 配当201711130

過去1年、3年、5年、10年の一株当たりの配当の年平均増加率も調べることができます。

アメリカ株 配当201711130

このあたりが伸びるものがいいですね。

相場が下落する局面で、配当はとくに次の2つの役割で投資家に貢献する。

まず再投資を通じて保有株を余分に積み増せるので、これがポートフォリオの価値下落を受け止めるクッションとなる。

下落局面に再投資を通じて保有株を積みます配当の働きを、わたしは「下落相場の安全装置プロテクター」と呼んでいる。

しかも、買い増した株式は、相場がいったん回復すれば、下落に対するクッションどころではない役割を果たす。保有株数が増すほど、将来のリターンが加速するからだ。

つまり、配当再投資は、下落局面でプロテクターとなり、株価がいったん上昇に転じれば「リターンの加速装置(アクセル)」となる。

-引用-株式投資の未来 ジェレミー・シーゲル

不動産投資

インカムゲインを増やしていくため、不動産投資の勉強を始めました。

この4年間(2018-2022)の間で、不動産投資にチャレンジし、インカムゲインの拡大を狙います。

今後は、不動産投資に集中すべく、資源を投入していきます。

安定したキャッシュフローとキャピタルゲインも狙えることなど、資産を安定的に増やしていくために、不動産投資が最適ではないかと判断しています。

仮想通貨

仮想通貨も少ししています。ビットコインなどメジャーなコインです。

コインチェックの流出事件を受け、相場は冷え込んでいますが、これからも一定伸びていくと思い、保有し続けています。

しかし、不動産投資に集中するため買い増しは予定していません。

スポンサーリンク

フォローする