東京海上HDの配当利回り・配当金推移。保険事業は最強のビジネスモデル

スポンサーリンク
東京海上HD 保険事業 投資

配当金収入を増やしていくために、「高配当」「増配」をキーワードに投資をしています。

日本たばこ産業(JT)NTTドコモなど生活必需品銘柄への投資が主となっていますが、やや偏ったポートフォリオなので、それ以外の銘柄への投資を検討しています。

オリックスブリヂストンなどへの投資を検討していますが、株価の関係もあるので、まだ実行できていません。

今回、紹介するのは、東京海上ホールディングス(証券コード 8766)です。

保険事業は、最強のビジネスともいわれますので、ポートフォリオに組み込みたいと考えています。

株式投資では知らない人はいないウォーレンバフェットが運営するバークシャーのメイン事業は保険事業です。投資会社の印象が強いですが、実は世界最大の損害保険会社です。

スポンサーリンク

保険事業が魅力なワケ

ビジネスにおいてもっとも悩ましいのが、「お金の回収」です。

売り上げが上がっても、「資金回収」がなければ、企業は回っていきませんよね。

保険会社は、加入者からさきに保険料を受け取って、それを運用し、保険事由が発生した場合に保険金を支払うという「後払いのビジネスモデル」です。

あまりこういうビジネスモデルはないのではないでしょうか。

「キャッシュインとキャッシュアウトの時間差」が優位性を生んでいるわけです。

保険会社は、常に運用資金を手元に置いています。手元のお金を減らすことなく、他人のお金で運用をし続けることができるのも強みですね。

また、保険に加入していても、全員が保険金を受け取るわけではありませんよね。我が家も何年も保険料を払い続けていますが、唯の一度も保険金を受け取ったことはありません。

保険は還元率100%を切る商品とも言えます。販売しても、商品(保険金)を支払わなくてもいいこともある事業モデルなのです。

これがコンビニなどに行って、お金は払っても商品を受け取れないとクレームものですが、保険ではそれがあり得るのです。

東京海上HDの配当金推移【7年連続増配】

東京海上HDは、7年連続で増配しています。

1株180円(2018年度)となっており、配当利回りは3.44%(株価5,240円)と高配当株です。

リーマンショックのときにも減配することなく、配当金を安定して出しています。

2018年度の配当性向は40%程度となっていますね。

東京海上HD 配当金

増配率の推移

増配期間中、10%以上の増配を続けています。

東京海上HD 配当金 増配率

増配率が10%を超える銘柄は、投資する後押しとなります。

配当利回りの推移

配当利回りの推移です。

興味を持ったのが、2012年あたりだったのですが、そのときは、2%程度の利回りと高配当とは言えませんでした。

東京海上HD 配当金 配当利回り

増配のことを加味して、投資をしておけばよかったと思いますが、後の祭りですね。

正味保険料・経常利益

メガ損保で首位級の東京海上HDですが、正味保険料は順調に増えています。

経常利益率は10%前後で推移していますね。同じメガ損保のMS&AD(証券コード 8725)の経常利益率は5.5%程度ですので、東京海上HDの利益率の高さが伺えます。

東京海上HD 利益

2018年夏号の四季報によると、支払い余力比率は827%と抜群です。(MS&ADは701%)

営業キャッシュフローもプラスで推移しています。フリーキャッシュフローは、海外企業の買収などもあり、マイナスとプラスが交互になっています。

東京海上HD キャッシュフロー

東京海上HDは、海外事業にも力を入れています。

東京海上日動の変革によると、イギリスや米国などの保険会社を手中に入れていますね。

2007年 (平成19年) 6月 シンガポール・マレーシアで生損保事業を展開しているアジアジェネラルホールディングスリミテッドの買収
2008年 (平成20年) 3月

英国ロイズ キルン社の買収

12月

米国損害保険グループ フィラデルフィア・コンソリデイティッド社の買収

2012年 (平成24年) 5月 米国の生損保兼営保険グループ デルファイ・ファイナンシャル・グループ社の買収
2015年 (平成27年) 10月 米国スペシャルティ保険グループHCCインシュアランス・ホールディングス社の買収
2017年 (平成29年) 7月 Tokio Marine Asia Pte. Ltd. の完全子会社化

グループ総資産は23兆円となっています。

海外事業にも積極的

東京海上HDに投資を検討しているのは、海外保険事業の拡大です。

国内だけでは成長余力は限られますので、グローバルな展開をしている企業です。

2002年度は、事業別利益のうち国内は96%となっていましたが、2018年度は44%まで下がっています。

海外事業は45%にまで拡大しています。

配当金再投資後のキャピタルリターンは、TOPIXを上回って推移していますね。

購入検討しときは、20万円台だった株価は、50万円を超えています。

安定して利益が出る事業モデルから生み出される増配・配当金は期待したいですね。

株価指標 2018年7月10日時点

東京海上ホールディングス 株式

PER 12.0倍

PBR 1.01倍

配当利回り 3.39%

→ 最新の株価

指標的には割安ですね。

PERは12.0倍と、益利回りは8.3%あります。

PERは割安かどうかを見る指標ですので重視しています。高すぎるPERは高値掴みになりかねません。

私にとって、PER11倍程度というのは、投資を後押ししてくれる指標となっています。

配当金収入で家計力のアップ

配当金を出し続けられる企業は、事業モデルがしっかりとしています。

配当金(現金)を見せてくれることは、経営が順調であることを確認できます。

営業キャッシュフローもプラスで推移しており、保険事業というビジネスモデルも含めて、保有したい銘柄です。

我が家の投資候補の銘柄です。

オリックス 配当利回り 3.0%程度

ブリヂストン 配当利回り 4.0%程度

ゴールドウィン 配当利回り 1.0%程度

まずは、年間90万円の配当金収入に向けて、淡々と積み上げていきます。

増配銘柄は、減配リスクが低いため、将来の家計収入を強固にしてくれます。

高配当株・連続増配への投資目的

○配当で将来の安定収入を作る

○増配銘柄に投資して、勝手に配当が作る仕組みづくり

10年後を見据えて、株価下落も気にせず保有し続ける

年間90万円の住居費相当を配当金で賄うのを第一目標

ではでは。

日本株の増配銘柄一覧です。

コード銘柄名連続増配年数配当利回り
4452花王291.44%
7466SPK212.55%
4732ユー・エス・エス212.36%
4967小林製薬200.92%
4668明光ネットワークジャパン203.86%
8593三菱UFJリース192.90%
8566リコーリース192.33%
8227しまむら182.40%
9058トランコム181.14%
2391プラネット172.03%
8113ユニ・チャーム170.82%
9433KDDI163.18%
9436沖縄セルラー電話162.86%
5947リンナイ160.96%
9989サンドラッグ161.46%
6869シスメックス160.63%
8439東京センチュリ-161.78%
8424芙蓉総合リース162.21%
4521科研製薬162.69%
7532ドンキホーテHD150.50%
2659サンエー150.89%
8425興銀リース152.75%
8876リログループ150.71%
2914日本たばこ産業(JT)155.02%
2449ブラップジャパン142.49%
7504高速142.22%
6370栗田工業141.77%
4527ロート製薬140.78%
9843ニトリHD140.58%
4544みらかHD134.28%
9787イオンディライト131.66%
7611ハイディ日高131.14%
3844コムチュア131.23%
8028ファミリーマート131.15%
2371カカクコム121.42%
9037ハマキョウレックス121.69%
7613シークス121.10%
3769GMOペイメントゲートウェイ120.36%
1973NECネッツエスアイ113.20%
2502アサヒグループHD111.71%
3097物語コーポレーション110.79%
2157コシダカHD110.60%
2461ファンコミュニケーションズ102.77%
1414ショーボンドHD101.57%
3038神戸物産101.40%
3092スタートトゥディ10(11年予定)1.03%
3349コスモス薬品100.46%
8591オリックス93.61%
7148FPG93.60%
5108ブリヂストン93.50%
4765モーニングスター92.66%
配当利回りは2018年7月13日現在(一部未更新)
(増配銘柄は、2018年四季報春夏号より)

増配銘柄への投資は、ネット証券が便利です。

≫ SBI証券に資料請求してみる

≫ 楽天証券に今すぐ資料請求してみる

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
feedlyに登録すると更新情報が分かります
follow us in feedly