東京海上HDの配当利回り・配当金推移。保険事業は最強のビジネスモデル

東京海上HD 保険事業 投資 3月配当
スポンサーリンク

配当金収入を増やしていくために、「高配当」「増配」をキーワードに投資をしています。

日本たばこ産業(JT)NTTドコモなど生活必需品銘柄への投資が主となっていますが、やや偏ったポートフォリオなので、それ以外の銘柄への投資を検討しています。

オリックスブリヂストンなどへの投資を検討していますが、株価の関係もあるので、まだ実行できていません。

今回、紹介するのは、東京海上ホールディングス(証券コード 8766)です。

保険事業は、最強のビジネスともいわれますので、ポートフォリオに組み込みたいと考えています。

株式投資では知らない人はいないウォーレンバフェットが運営するバークシャーのメイン事業は保険事業です。投資会社の印象が強いですが、実は世界最大の損害保険会社です。

スポンサーリンク

保険事業が魅力なワケ

ビジネスにおいてもっとも悩ましいのが、「お金の回収」です。

売り上げが上がっても、「資金回収」がなければ、企業は回っていきませんよね。

保険会社は、加入者からさきに保険料を受け取って、それを運用し、保険事由が発生した場合に保険金を支払うという「後払いのビジネスモデル」です。

あまりこういうビジネスモデルはないのではないでしょうか。

「キャッシュインとキャッシュアウトの時間差」が優位性を生んでいるわけです。

保険会社は、常に運用資金を手元に置いています。手元のお金を減らすことなく、他人のお金で運用をし続けることができるのも強みですね。

また、保険に加入していても、全員が保険金を受け取るわけではありませんよね。我が家も何年も保険料を払い続けていますが、唯の一度も保険金を受け取ったことはありません。

保険は還元率100%を切る商品とも言えます。

販売しても、商品(保険金)を支払わなくてもいいこともある事業モデルなのです。

これがコンビニなどに行って、お金は払っても商品を受け取れないとクレームものですが、保険ではそれがあり得るのです。

東京海上HDの配当金推移【8年連続増配】

東京海上HDは、8年連続で増配しています。18期連続で減配なしです。

1株180円(2018年度)となっており、配当利回りは3.44%(株価5,550円)と高配当株です。

リーマンショックのときにも減配することなく、配当金を安定して出しています。

2018年度の配当性向は40%程度となっていますね。

2018年度は特別配当もあるので、大幅に配当金が増えています。

グラフは更新していませんが、

2019年度は+10円増配(2018年度の特別配当は落として)の1株190円となりました!

しかし、上半期の決算は好調!連結経常利益は前年同期比96.4%増の1474億円に拡大しています。

決算期売上高経常益最終益修正1株益
 17.04-092,732,332119,82876,778102.7
 18.04-092,767,53875,10053,88574.7
 19.04-092,743,021147,485116,611165.5
前年同期比-0.996.42.2倍2.2倍

通期の同利益を従来予想の4550億円→4450億円(前期は4163億円)に2.2%下方修正したものの、

通期配当金予想を

190円⇒225円に大幅増額

しています。

東京海上HD 配当金2019

2002年の上場以来、一度も減配をしていません。

あのリーマンショックのときでさえ、減配していないのはとても心強い株主への姿勢です。

増配率の推移

増配期間中、10%以上の増配を続けています。

東京海上HD 配当金 増配率 2019

増配率が10%を超える銘柄は、投資する後押しとなります。

2018年度(180円)→2019年度(225円)の増配により、25%の大幅増配です。

2018年11月19日開催の取締役会において、普通配当に加えて、機動的な資本政策を遂
行することを目的として1,000億円を目処とする株主還元が実施が決まりました。

資本水準調整のための一時的な配当(剰余金の配当)として、1株70円が決まりました。

このため、2018年度の配当金は、1株250円となり、利回りが急上昇しています。2018年12月26日終値5,006円で利回り4.99%。

ただし、これは、一時的な配当が加味されていることに留意が必要です。

配当利回りの推移

配当利回りの推移です。

興味を持ったのが、2012年あたりだったのですが、そのときは、2%程度の利回りと高配当とは言えませんでした。

東京海上HD 配当利回り 2018年3月期

東京海上HD 配当利回り 2018年3月期

増配のことを加味して、投資をしておけばよかったと思いますが、後の祭りですね。

東京海上HDは、株主還元も積極的ですし、なによりリーマンショックのときに減配しなかったのは強みです。

正味保険料・経常利益

メガ損保で首位級の東京海上HDですが、正味保険料は順調に増えています。

経常利益率は10%前後で推移していますね。

同じメガ損保のMS&AD(証券コード 8725)の経常利益率は5.5%程度ですので、東京海上HDの利益率の高さが伺えます。

東京海上HD 利益

2018年夏号の四季報によると、支払い余力比率は827%と抜群です。(MS&ADは701%)

営業キャッシュフローもプラスで推移しています。フリーキャッシュフローは、海外企業の買収などもあり、マイナスとプラスが交互になっています。

東京海上HD キャッシュフロー

東京海上HDは、海外事業にも力を入れています。

東京海上日動の変革によると、イギリスや米国などの保険会社を手中に入れていますね。

2007年 (平成19年)6月シンガポール・マレーシアで生損保事業を展開しているアジアジェネラルホールディングスリミテッドの買収
2008年 (平成20年)3月

英国ロイズ キルン社の買収

12月

米国損害保険グループ フィラデルフィア・コンソリデイティッド社の買収

2012年 (平成24年)5月米国の生損保兼営保険グループ デルファイ・ファイナンシャル・グループ社の買収
2015年 (平成27年)10月米国スペシャルティ保険グループHCCインシュアランス・ホールディングス社の買収
2017年 (平成29年)7月Tokio Marine Asia Pte. Ltd. の完全子会社化

グループ総資産は23兆円となっています。

海外事業にも積極的

東京海上HDに投資を検討しているのは、海外保険事業の拡大です。

国内だけでは成長余力は限られますので、グローバルな展開をしている企業です。

2002年度は、事業別利益のうち国内は96%となっていましたが、2018年度は44%まで下がっています。

海外事業は45%にまで拡大しています。

配当金再投資後のキャピタルリターンは、TOPIXを上回って推移していますね。

購入検討しときは、20万円台だった株価は、50万円を超えています。

安定して利益が出る事業モデルから生み出される増配・配当金は期待したいですね。

株価指標 株価チャート

東京海上HD かぶたん

東京海上HD かぶたん

2019.11.19時点

PER 12.7倍

PBR 1.13倍

配当利回り 3.83%

→ 最新の株価

指標的には割安ですね。

PERは12.0倍と、益利回りは8.3%あります。

PERは割安かどうかを見る指標ですので重視しています。高すぎるPERは高値掴みになりかねません。

私にとって、PER12倍程度というのは、投資を後押ししてくれる指標となっています。

スポンサーリンク

配当金収入で家計力のアップ

配当金を出し続けられる企業は、事業モデルがしっかりとしています。

配当金(現金)を見せてくれることは、経営が順調であることを確認できます。

営業キャッシュフローもプラスで推移しており、保険事業というビジネスモデルも含めて、保有したい銘柄です。

我が家の投資候補の銘柄です。

企業名(リンクは分析記事)配当利回り連続増配年
ブリヂストン3.9%程度9年
ストップ(2019年)
ゴールドウィン1.0%程度9年
東京海上ホールディングス3.3%程度7年
JR各社の比較1.0%~
【9434】ソフトバンク6.0%程度0年
沖縄セルラー3.0%程度18年
キヤノン5.0%程度0年
日産自動車5.7%程度9年
投資予定なし
SUBARU5.0%程度0年
投資予定なし
【8058】三菱商事3.9%程度
累進配当政策採用銘柄
3年
【8053】住友商事5.2%程度3年
【8002】丸紅4.5%程度4年連続増配
期初公表の配当を下限
三井住友フィナンシャルグループ4.0%程度
累進配当政策採用銘柄
0年
【1928】積水ハウス4.7%程度
1月決算
6年
【1925】大和ハウス3.0%程度10年 優待あり
【8934】サンフロンティア不動産3.0%程度9年
ホテル優待
花王1.5%程度
12月決算
29年(国内トップ)
【8267】イオン1.8%程度イオンのビジネスモデル
【3382】セブン&アイHD2.5%程度セブン&アイHDのビジネスモデル
【2782】セリア1.9%程度9年連続増配
減配なし
ニトリHD0.7%程度15年
【3087】ドトール・日レスホールディングス1.5%程度2月優待株
アイカ工業3.0%程度10年連続増配
リーマンショックのときも減配せず
【8566】リコーリース2.0%程度23年連続増配
上場以来増配
【8793】NECキャピタルソリューション2.5%程度3年連続増配
優待あり(カタログ)
大手リース7社
【6304】小松製作所4.0%程度2年連続増配
配当性向40%以上
60%を超えない限り減配しない方針
【2124】JACリクルートメント3.0%程度9年連続増配
日本郵政3.5%程度-
【2371】カカクコム1.8%程度14期連続増配
【8252】丸井グループ2.5%程度
優待1.0%程度
7期連続増配
【7272】ヤマハ発動機4.5%程度6期連続増配
【3086】J.フロントリテイリング3.0%程度9期連続増配
【2502】アサヒグループホールディング2.0%程度12期連続増配
【4182】三菱ガス化学5.8%程度10年減配なし
【8570】イオンフィナンシャルサービス4.0%程度25年減配なし
【8697】JPX日本取引所グループ2.5%程度たびたび減配
【AAPL】Apple2.0%程度6年連続増配
配当性向25%
【XOM】エクソンモービル4.0%程度36年連続増配

まずは、年間90万円の配当金収入に向けて、淡々と積み上げていきます。

増配銘柄は、減配リスクが低いため、将来の家計収入を強固にしてくれます。

高配当株・連続増配への投資目的

○配当で将来の安定収入を作る

○増配銘柄に投資して、勝手に配当が作る仕組みづくり

10年後を見据えて、株価下落も気にせず保有し続ける

年間90万円の住居費相当を配当金で賄うのを第一目標

ではでは。

日本株の増配銘柄一覧です。

コード銘柄名連続増配年数配当性向
4452花王3039%
8566リコーリース2523%
7466SPK2224%
4967小林製薬2128%
8593三菱UFJリース2132%
4732ユー・エス・エス2050.1%
9058トランコム1920%
9436沖縄セルラー電話1940%
2391プラネット1864%
8113ユニ・チャーム1826%
9433KDDI1841.7%
8439東京センチュリー1826%
8424芙蓉総合リース1823%
5947リンナイ1823%
9989サンドラッグ1832%
6869シスメックス1736%
8425興銀リース1823%
2914日本たばこ産業(JT)1675%
8876リログループ1730%
7504高速1626%
2019.11.1現在

増配銘柄への投資は、ネット証券が便利です。

≫ SBI証券に資料請求してみる

≫ 楽天証券に今すぐ資料請求してみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3月配当9月配当国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント