【6月・12月株主優待】日本商業開発の優待はジェフグルメカードと魅力!

3252 日本商業開発6月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク

個別銘柄による投資を基本としているので、株主優待をもらうことがあります。

投資をはじめた頃は株主優待はどこか投資の本質からズレるのかなと思い、あまり興味を持っていませんでした。

ただ実際にもらってみると、優待がある銘柄を探す楽しさも覚え、その中でも成長力のあるような銘柄はより投資先としても重視するようになっています。

外食をする際には、自炊するよりも高くつくので家計を圧迫しがち。

かといって、自炊ばかりだと息も詰まりますので外食も気軽にしたいのですが、

株主優待で外食に利用できるジェフグルメカード

がもらえる銘柄があることを知りました。

今回は、その中でも日本商業開発3252、2022年1月10日以降は地主株式会社に商号変更)に着目しました。

スポンサーリンク

ジェフグルメカードがもらえる日本商業開発の株主優待

ジェフグルメカードは、全国35,000店で利用できるギフトカードで、おつりも出るのが特徴ですね。

例えば、ファーストフードでは、

  • ケンタッキーフライドチキン
  • モスバーガー
  • サーティーワンアイスクリーム
  • リンガーハット
  • 吉野家
  • 日高屋
  • 天丼てんや

などが利用できます。モスバーガーで使えるのは良いですね。

大手ファミリーレストランでも使えるので、重宝しそうです。

不動産デベロッパー

その日本商業開発ですが、建物を建てず土地のみに投資して貸すビジネスを展開しています。

指標面を見ておくと、

グレアムのミックス係数(PER×PBR)は基準の22.5を大きく下回る13.8と割安ですね。

3252日本商業開発 指標 2 (1)

令和3年3月29日現在

また、配当利回りは約3%近くとなかなかよいですね。

株主優待

日本商業開発は、ジェフグルメカードが株主優待をもらうことができます。

300株以上からですが、300株の場合、

年2回 3,000円×2回(合計6,000円)

をもらうことができます。

700株以上だと2倍の年間12,000円分

をもらうことができますね。大きな金額です。

3252日本商業開発 株主優待

3252日本商業開発 株主優待

年2回優待がもらえるのは助かりますね。

優待利回りは1%程度ですが、なかなか魅力的です。

このほかにもジェフグルメカードがもらえる株主優待です。

ジェフグルメカードがもらえる株主優待

  • 6086 シンメンテ 優待利回り0.58%
  • 7959 オリバー 0.71%
  • 3484 テンポイノベーション 1.8%

テンポイノベーションと比較すると落ちますが、日本商業開発の優待利回りは同じジェフグルメカードがもらえる銘柄よりも高い部類ですね。

配当金推移

配当金は、年1回の期末配当としています。

19年度までは3月決算、20年12月期は9か月決算の変則、21年12月期からは12月決算です。

毎年増配をしているわけではありませんが、減配せずに来ていましたが、21年12月期は減配を実施しています。

配当性向は概ね30%程度で推移していますね。

3252日本商業開発 配当金

業績面

地主ビジネスは、安定した賃貸収入が得られるため、業績も安定して伸ばしていますね。

利益面でも10%台に乗せてきています。

3252日本商業開発 業績

※グラフ上の2022は21年12月期、2021は20年12月期、2020年は20年3月期、20年3月期以前はすべて3月期

JINUSHIビジネスのテナントは、生活必需品を扱うテナントが約8割であり、業績も好調なため、安定していますね。

3252日本商業開発 20年12月期決算説明資料より

3252日本商業開発 20年12月期決算説明資料より

土地の賃貸収入、あるいは土地を賃貸しながらそのまま地主リートに売却することで順調に地主リートの資産規模は伸びています。

3252日本商業開発 地主リート 20年12月期決算説明資料より

3252日本商業開発 地主リート 20年12月期決算説明資料より

21年1月で1,000億円を超えており、中期経営計画では3,000億円以上をめざしていますね。

財政状況

自己資本比率は30%を超えており、ネットD/Eレシオは1倍以下と健全な状態ですね。

負債資本倍率(Debt Equity Ratio)。企業財務の健全性を見る指標のひとつ。企業の借金である有利子負債が返済義務のない自己資本(株主資本)の何倍かを示す指標。数値が低いほど財務内容が安定していることを意味します。
D/Eレシオ=有利子負債÷自己資本(株主資本)
ネットD/Eレシオ=(有利子負債-現預金)/自己資本
3252日本商業開発 財務 20年12月期決算説明資料より

3252日本商業開発 財務 20年12月期決算説明資料より

自己資本は右肩上がりで増えており、財務状態は良好と言えそうです。

スポンサーリンク

株価と指標面

株価の推移です。

週足チャートを見てみると、コロナ禍で大きく落ちた時がねらい目でしたが、概ね横ばいで推移していますね。

3252日本商業開発 株探より (1)

3252日本商業開発 株探より

最新のチャートはこちら

月足チャートで見ると、やや右肩下がりとチャート的には良くないですね。

指標面の推移

繰り返しになりますが、グレアムのミックス係数22.5以下と割安な水準。

配当利回り2.9%とまずまずの水準ですね。

3252日本商業開発 指標 (1)

令和3年3月29日現在
スポンサーリンク

ジェフグルメカードの株主優待が魅力

日本商業開発は、土地の賃貸を主力とする地主ビジネスを手掛ける不動産デベロッパーです。

  • 年2回のジェフグルメカード(6月、12月)
  • 優待最低単元は300株~
  • 配当利回り2.9%

ジェフグルメカードは使い勝手の良い優待ですので、保有しておくと配当と優待でのんびり保有できそうな銘柄ですね。

業績面、財務面もそれほど心配ないですが、長期では株価が横ばい圏という点だけが懸念でしょうか。

コロナショック以降の株価は右肩上がりになっていますので、今後の業績動向を踏まえながら、保有を検討したい銘柄として考えています。

使い勝手の良い優待、年2回と魅力的な銘柄ですね。

将来のお金の不安を小さくしていくためには、資産運用は欠かせません。

資産運用の代表的なツールが「株式投資」

株式投資では、ある程度の資金が必要ですが、何事も「小さく始めること」が大事です。

少額でも投資する良い方法があります。

SBI証券の新しい証券「SBIネオモバイル証券を使うこと」です。

SBIネオモバイル証券では、単元未満株である1株から購入できるため、低予算で投資をすることができるのです。

3000円など金額単位でも買うことができます。

たとえ1株でも配当金はもらえますので、株主デビューに最適の証券会社と言えますね。

また、Tポイントでも投資ができる点も魅力的。

【SBIネオモバイル証券のメリット】

  • 1株から購入できる(KDDIやNTTなど超優良企業を3000円くらいから買える)
  • 3000円など金額単位で購入できる
  • 月50万円までの投資なら、取引手数料が220円(税込)で固定(Tポイントが毎月200円もらえるので実質コストは0.004%とほぼ無料)※税抜
  • Tポイントを利用して株を買える(SBIネオモバだけ!)
  • スマホアプリを利用して個別株の積立投資ができる(便利!)
  • 1株からでもIPO(新規公開株)に申し込みができる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。少額から始められ、良い株を少数でコツコツと買うことができます。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

特に、個別株の積立投資は、魅力的ではないでしょうか。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

口座開設をされたら、手数料(取引50万円までなら月220円定額・税込)はクレジットカード払いですので、忘れずに登録しておいてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6月優待 12月優待
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント