国内株(配当)

国内株の連続増配企業を中心にまとめています。
国内株は、近年、株主還元策も手厚くなってきています。
また、税金面で米国株より有利であること、日本円で配当金を受け取ることができるメリットがあります。

バブルチャート

【増配株シリーズ】大和ハウスは12期増配!株主優待ありの優良株

連続増配銘柄は、配当金が毎年増えていくと、取得ベースでの利回りも上がっていくのが魅力的ですね。 3月決算企業の連続増配銘柄100銘柄をまとめたのですが、その中から大和ハウス工業(1925)に着目してみました。 最近はテレビCMも見なくなっ
2021.06.05
成長株

増配率20%以上の連続増配・高成長銘柄【3銘柄をピックアップ】

3月決算企業の決算ラッシュが終わりましたね。 あまりにも膨大な数(2000社以上)でしたので、全てをチェックするのはもちろん難しいのですが、決算を見て、「おっ!これは!」という銘柄を3銘柄ピックアップしてみます。 いずれも、今期増配率が2
2021.06.11
連続増配銘柄

【4期増配・利回り3%】不動産サービスのロードスターキャピタル(3482)へ投資

増配銘柄への投資を基本としていますが、20%増配が続く銘柄でもまとめましたが、ロードスターキャピタル(3482)に投資をしました。 ロードスターキャピタルは、21年12月期で4期連続の増配を予定している銘柄です。 ロードスターキャピタルは
2021.03.04
スポンサーリンク
3月配当

【高配当株】セブン銀行の株価・配当利回りは?買い銘柄か?

ATMを使う際にはセブン銀行(8410)を使うことが多いですが、セブン銀行の株価が軟調ですね。 配当利回りは4.5%程度(最新の配当利回りはこちら)と高配当株です。 高配当銘柄は投資が難しいと感じ、増配銘柄を中心に保有をしていますが、一部
2021.02.27
12月配当

【JT上場初の減配へ】15%減配!今後の減配もある株主還元方針に変更!

高配当株の代表格である日本たばこ産業(JT)が、 上場来初の減配 となりました。 以前は減配リスクは低い銘柄と考えていましたが、最近は、配当性向が高まっていることや業績が悪化していること、増配ストップなど減配リスクがあると取り上げていまし
2021.02.17
9月優待

【将来の高配当候補】M&A仲介大手のストライクは5期連続増配&優待あり

中小企業や地銀の再編は、菅総理の肝入りの一つです。 また、事業経営者の高齢化によって、事業承継に伴うM&Aなどが盛んですね。 企業買収における上場会社はいくつかありますが、国内最大級の独立系M&Aコンサルティング会社である
2020.12.11
3月配当

【9期連続増配株】塩野義製薬は営業利益率40%超と製薬トップクラスの高収益

製薬会社は高収益企業も多いわけですが、そのなかでもずば抜けた収益力を誇る塩野義製薬(4507)に着目してみました。 配当利回りはそれほど高くないんですが、安定した増配を続けており、30年以上減配もしておらず、株主還元にも積極的な会社です。
2020.11.28
3月配当

【高配当株】三菱商事(8058)の配当性向が99%に急上昇!総合商社で比較

高配当株の代表銘柄のひとつといってもいい三菱商事(8058)の21年3月期1Qの決算が発表されましたね。 配当を減配しない累進配当宣言銘柄(21年度まで)として注目をしていましたが、配当金については減配を発表しておりません。 コロナ禍の影
2020.08.20
12月優待

【上場以来減配なし】キリンHDの配当金+株主優待は?業績チェック

「一番搾り」などを展開し、国内最大級のビール会社であるキリンHD(2503)。 ビール大手4社の2020年1~6月(上半期)の販売量は前年同期に比べて1割減少したが、推定シェアはキリンビールがアサヒビールを11年ぶりに抜いて首位 ヤ
2020.08.06
成長株

【福利厚生最大手】ベネフィット・ワンはストックビジネスで利益率20%の高収益・成長株

ストックビジネス銘柄として、業界最大手の福利厚生サービスを展開するベネフィット・ワン(2412)を取り上げます。 パソナグループの子会社ではありますが、規模で言えば親(パソナ)よりも大きいですね。 企業の福利代行サービス「ベネフィットステ
2021.03.13
スポンサーリンク