国内株(配当)

3月配当

【配当利回り5%以上】ソフトバンクは減配リスクが低い理由

通信会社は、安定した収入源を持っており、潤沢なキャッシュフローがあります。 このため、安定配当株としても魅力的な投資先です。 NTTドコモとKDDIに投資をしているので、ソフトバンクにはIPOで当選したときを除いては、投資をせず、保有して
2019.12.08
3月配当

【10年減配なし・配当金は22倍増】100円ショップ大手のセリア(2782)は増配株として魅力

身近なお店が上場していると、投資対象としてどうなのかな?と思ってみてしまいます。 そういえば、近くに100円ショップのセリア(2782)があります。 あまり気にしていなかったのですが、セリアってお店もきれいで使いやすいんですよね。 100
2019.11.27
3月配当

【減配しない累進配当銘柄】最強商社・三菱商事(8058)が減益でも増配できる理由

商社のなかでも最強とも思える三菱商事(8058)。 20年3月期は海外子会社の清算などもあり、純利益を800億円も下方修正しています。 一方、配当金は年125円の期初予想を132円に引き上げ、増配としていますね。 業績を下げているのに、増
2019.11.30
3月優待

【ホテル株主優待】サンフロンティア不動産(8934)は連続増配株と株主還元が魅力

不動産再生を展開しているサンフロンティア不動産(8934)は、ホテル割引券が株主優待でもらえる会社です。 都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷区)を中心に、不動産再生事業(リプランニング・ホテル開発・賃貸ビル・不動産証券化)を主力に事業
2019.11.18
国内株(配当)

【減配】日産自動車(7201)の大幅減配に学ぶ配当金投資の注意点

高配当株の代表格であった日産自動車ですが、業績ボロボロで配当を出せなくなっています。 20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比73.5%減の653億円に大きく落ち込んでいます。 また、通期の同利益を従来予想の170
2019.11.15
3月優待

【カタログギフトがもらえる株主優待】NECキャピタルソリューション(8793)は安定配当も魅力

NECグループのリース会社であり、三井住友フィナンシャルグループ<8316>の持分法適用会社であるNECキャピタルソリューション(8793)。 2019年7-9月期が前年同期比で、 売上高55,777百万円(+20.4%
2019.11.13
3月配当

【高配当・通信株の指標比較】NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク(19年度2Q)

安定配当株として魅力的なのが通信会社です。 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社はいずれも安定業績と高配当株です。 今後は5G普及期に入ってきますので、成長分野での中心プレーヤーでもありますね。 それぞれ、2019年度2Q決
2019.11.10
国内株(配当)

【決算資料の読み方】NTTドコモ(9437)で見るべきポイント(20年3月期2Q)

NTTドコモが20年3月期の中間決算を発表していました。 連続増配株として、NTTドコモ株への投資をしていますので、決算状況は気になるところ。 連続増配株への投資をしていると、基本的には購入後は放置しているんですが、四半期ごとの決算はチ
2019.11.03
12月優待

【9期連続増配・12月優待】ヒューリック(3003)の株主還元・業績推移まとめ

平均給与1636万円(19年3月期有価証券報告書より)と、国内でも有数の高給サラリーを出しているヒューリック(3003)。みずほ系。 あまり聞いたことがないかもしれません。私も株式投資をしていなかったら知ることはなかったと思います。 し
2019.11.02
3月優待

【ホテル優待株】ドーミーイン・共立メンテナンス(9616)の株主優待・配当・増配・業績推移

ホテル宿泊優待券のある共立メンテナンス(9616)。 施設管理の運営をメイン事業として、寮(学生寮・社員寮)ビジネスから始まり、社員の一言をきっかけにドーミーインというホテル事業を展開しています。 このほか、サポート(デベロップメント、
2019.11.25