オリックスの配当利回り・増配率・株主優待。9年連続増配株・驚異の増配率→投資候補

オリックス 配当性向2 配当金投資
スポンサーリンク

毎年配当金を増やしてくれる連続増配株への投資を基本としています。

2018年3月期で9年連続増配をしているオリックスに関心を持っています。

リース会社を保有したいと思い、JIA(ジャパンインベストメントアドバイザー)に投資しようと伺っていたのですが、株価爆上げで手がでません。

一方、オリックスは株価の変動はあまりありませんが、『配当金』『株主優待』も魅力です。

株主優待ももらえるとやっぱりうれしいので、そうした銘柄も少し持っておきたい。

スポンサーリンク

9年連続増配のオリックス

オリックスの業績は好調です。

リーマンショックのときは大幅な減配になりましたが(▲73.1%)、それ以降は業績の回復とともに増配を繰り返し、高配当株になっています。

総合リースで国内トップの会社です。

海外の航空機や太陽光発電などが好調ですね。

オリックスの増配率

オリックスの増配率推移です。

直近(2017年度→2018年度)では26%もの増配を実施しています。

オリックスの増配率

増配率も高いですが、配当性向は30%未満と配当余力は十二分にあります。

この9年間で、配当は実に9.4倍も増えています。

オリックスすごいですね。

2019年度の配当性向の予定は、2018年度と同じ27%を予定していますね。

オリックス 配当性向

出典:オリックス 2018年3月期 決算説明資料

9年連続増配中ですが、10年連続増配への期待できると思います。

保有したいもう一つの理由「株主優待」

オリックスは株主優待も実施しています。

100株以上からもらえます。

3年以上継続保有と3年未満保有とで優待の内容が変わってきます。

当然ながら、3年以上継続保有のほうが良い商品がもらえます。

大型株ですし、安心して3年以上継続できる銘柄だと考えています。

オリックス 株主優待2

出典:オリックス

また、加えて、オリックスの株主カードがあります。

オリックス 株主優待2

出典:オリックス

宿泊、ゴルフ、水族館、野球観戦などを割引価格で利用できるんです。

これは地味に嬉しいかも。

スポンサーリンク

オリックスの業績

オリックスは、9年連続増益を達成しています。

年間3000億円以上の純利益を出しています。

オリックス 業績 2018.3

出典:オリックス 2018年3月期 決算説明資料

世界38カ国でビジネスを展開するオリックスは、リースを始め、金融、不動産、事業投資、リテールなど多岐にわたる事業展開をしています。

オリックス 事業3

出典:オリックス 2018年3月期 決算説明資料

セグメント利益を見ると、海外でのリースや航空機ビジネスなどが最も大きいんですね。

次いで、環境エネルギーやサービサーなどの事業が大きくなっています。

オリックス 事業3

出典:オリックス 2018年3月期 決算説明資料

就職活動のときに、オリックスやオリックス生命などの面接を受けた記憶がありますが、仕事を心底楽しんでいる印象を受けたのを記憶しています(残念ながら落ちてしまったけど)。

リーマンショックのときには、えげつない業績悪化となっていますが、何とか持ちこたえましたね。

なんと53年連続で黒字計上しています。

オリックス 事業3

出典:オリックス 2018年3月期 決算説明資料

航空機リースや太陽光発電など、収益源も多様化しています。

ただ、金融危機が起きたときには逆回転するので、リーマンショックのときのように減益・減配するかもしれませんね。

スポンサーリンク

オリックスの株価

2,000円前後で推移していますが、過去5年は1100円から2200円の狭いレンジで行き来しています。

業績の割には、株価は上昇していません。

オリックス 株価

出典:オリックス

日経平均やTOPIXと比較すると、オリックスの株価は軟調です。

オリックス 株価2

出典:オリックス

値上がり益を期待できない株価とも言えます。

スポンサーリンク

連続増配と株主優待が魅力的

100株20万円ほどと投資しやすい水準と言えます。

配当利回りは3%強なので、年間6,000円~7,000円ほどの配当金がもらえます。

おまけに増配率も高く、株主優待もあるので、定期預金感覚で投資してもいいかなと思っています。

連続増配株は、持っているだけで、毎年配当金が増えていきます。

我が家は、給料以外のキャッシュフロー作りを重要視しているので、高配当株・連続増配株への投資を重視しています。

日本株では、NTTドコモKDDI日本たばこ産業(JT)など大型株が中心ですが、その分、安心して保有し続けることができます。

株価上昇(キャピタルゲイン)がもっとも資産を増やしてくれますが、安定した配当金収入(インカムゲイン)を手に入れたいので、これからも連続増配株をキーワードに投資をしていきたい。

オリックスは魅力的。1,500円くらいまで株価が下がらないかなぁ。

【追記】1,700円台で200株購入しました。

もう少しじっと待つ。

待つのも大事。休むも相場。

オリックスのように増配率の高い企業は注目です。

毎年15%増配を続ける銘柄に投資できれば、配当は5年後に2倍、10年後に4倍にもなります。

オリックスはこの9年間で9.4倍にもなっています。長期保有するのは、高配当・増配銘柄だとじっくりお金を増やしていくことができますね。

余談ですが、オリックスの投資家情報はかなり見やすいです。

ではでは。

≫ 私のメイン証券です。証券口座を持っていない方は、まずはここを持っておきましょう。→ 資料請求:SBI証券に資料請求してみる

住信SBIネット銀行を持っていると、ますますSBI証券が便利になります。

配当金投資株主優待
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるお金情報を発信。30代、アラフォー、子ども2人。FP2級、宅建保有。
主に高配当株への投資。2019年は年90万円配当予定。
ブログは約4年間ほぼ毎日更新しています。大体21~22時頃アップ。

ジンさんをフォローする
おすすめ『ふるさと納税』ランキング
茨城県境町(旅行券、商品券)

茨城県境町の返礼品でもう一つ魅力的なのが『旅行券・商品券』です。
寄付額に対して50%分もらえるので、私もすぐに実行しました。
特に注目したいのが、H.I.S(エイチ・アイ・エス)の旅行券です。
有効期限がないため、貯めることもできます。
こうした高還元率の返礼品は、総務省の指導もあるため、あるうちにしておくのが鉄則です。

カメラ(一眼レフ、ミラーレス一眼、コンパクトカメラ、水中カメラなど)

人気の高いカメラ製品もふるさと納税で手に入ります。ふるさと納税サイトのふるなびに掲載されている自治体のうち、
・宮城県多賀城市
・神奈川県海老名市
・神奈川県綾瀬市
・大分県国東市
・長崎県波佐見町
・神奈川県開成町
の自治体がカメラを用意していますね。
メーカーは、ソニー、キヤノン、ペンタックス、富士フイルムなどがあります。こちらも人気が高いので、高年収の方は必見です。

長野県小谷村(モンベルポイント)(2018年12月31日まで)

長野県小谷村は人口3,000人ほどの小さな村です。
返礼品は魅力的なものが多く、もらって良かったのが「モンベルポイントバウチャー」です。
モンベルの店舗やネットショッピングで使えるので、夏のレジャーアイテムなどにも使えます。
いい商品が多いので、ふるさと納税返礼品でお得に手に入れてみてください。
このほか、「コールマン」「ヒマラヤ」オンラインクーポンもあります。

福岡県行橋市(iPadなど家電)

福岡県行橋市は魅力的な返礼品を用意しています。
おすすめは、『iPad』(iPad、iPad Pro、iPad mini4)です。
年収800万円以上の方であれば、自己負担2,000円で手に入る可能性が高いので、今のうちに見ておきましょう。

おさいふプラス

コメント