【減配しない配当政策】三井住友フィナンシャルグループの配当金・配当利回り・配当性向

三井住友フィナンシャルグループ 配当金 国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

国内メガバンクの一角である三井住友フィナンシャルグループ。

参加に三井住友銀行、 SMBC日興証券 、プロミスなどを抱えます。

高配当株としても魅力で、以前保有していましたが、株価が2倍になったのでいったん利確。

配当利回りが4%を超えてきましたので、ポートフォリオに再び組み入れてみたいと思っています。

三井住友フィナンシャルグループの配当金、配当利回り、増配率についてまとめています。

スポンサーリンク

三井住友フィナンシャルグループの配当金・配当性向

三井住友FCは、毎年のように増配している銘柄ではありませんが、安定して配当金を出してくれる銘柄です。

配当利回りは4%前後ありますので、高配当です。

3大メガバンクの一角であり、つぶれる心配はないでしょう。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

配当性向は30%を超えてきています。まだまだ増配余地があります。

2019年度上半期の決算では、配当性向を40%まで引き上げることを目標に掲げています。

配当につきましては、持続的な利益成長を勘案し、累進的に行うものとし、
配当性向は、2020年4月に始まる次期中期経営計画期間中を目処に40%を目指します。

1株当たり純利益(EPS(予))539.73円で配当性向40%で考えると、

配当金は215円程度が予想されます。

株価4,194円(’18.11.28終値)で計算すると、配当利回りは5.12%ですね。

安定配当株として魅力です。

三井住友FCの増配率

残念ながら、毎年増配する銘柄ではありません。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

ただ、増配する際には10%前後の増配をしており、長期的には配当金を増やしていけます。

個人的には、毎年増配してくれる銘柄のほうが好みですが。

三井住友FCの配当利回り推移

配当利回りは3%超えが多く、万年割安株とも言える銘柄です。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

私が保有していたときは、2,000円台だったので今振り返るとかなり底値で拾えていましたね。

減配しない配当政策!累進的配当政策が魅力

配当金狙いで投資する場合、三井住友FCの魅力はなんといっても「累進的配当政策」を採用していることです。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

累進配当というのは、初、

累進配当とは、減配せず、配当を維持もしくは増配を実施すること。
いいですね。
いいですね!

減配せず

減配せず

金融株は減配の心配があったのですが、配当政策として掲げており、減配せず、配当維持してくれます。

ちなみに、リーマンショックのときには、減配していましたが。。。

この珍しい累進的配当政策を打ち出しているのは、三菱商事の株主還元の方針として出しています。

三菱商事もかなり魅力的な銘柄で、投資したい銘柄です。

調べた限りでは、三井住友FCと三菱商事がこの『累進的配当政策』を採用していますね。

将来の高配当株候補!三菱商事の配当利回り・配当性向・配当金推移。減配しない方針
三菱グループの中核企業であり、総合商社の雄・三菱商事。過去に保有していましたが、減配などをきらって手放してしまった経験があります。ポートフォリオの一部にエネルギーを入れたいと思っていますが、三菱商事もいいなと思い、調べてみました。

配当金の支払いはいつ?

期末配当金は6月25日頃、中間配当金は12月1日頃です。

3月の権利確定日は、

【2020年3月の権利確定日】

  • 3月末日が権利確定日の権利付き最終日は3月27日(金)(この日までに株保有が必要)
    権利落ち日は、3月30日(月)(この日以降に株を売っても優待がもらえる日)
なので、それまでに買いたいですね。

年2回の配当金を出してくれます。

効率性はトップ

三井住友FCは、他社と比較しても効率の良い経営をしていることで評価が高いです。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

ROE、国内預金金利回差もメガバンク3行のなかで、もっとも良いですね。

低金利の日本では利ザヤは難しい

国内の金利は低金利なので、銀行の本業である貸し出しによる利ザヤが稼ぎにくいですね。

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

三井住友フィナンシャルグループ 2019年(平成31年)3月期第2四半期決算説明資料より

少し話はそれますが、そうしたことでS銀行などは利息を取れる個人向け不動産融資に舵を切り過ぎたのかなと思います。

三井住友FCは、海外ビジネスも展開し、約2割を稼いでいます。

銀行も生保もそうですが、海外に活路を見出そうとしていますね。

海外については、三菱UFJフィナンシャルグループが一歩リードといったところでしょうか。

三井住友FCの株価

日足で見てみると、株価は4,000円前後が抵抗線としてでてきますね。

三井住友フィナンシャルグループ 株価2

かぶたんより

上昇しても10%程度なので、株価の値上がり益は得にくい状況です。

週足で見てみると、このところは横ばいといってもいいところですが、やや下げ基調に入っています。

三井住友フィナンシャルグループ 株価2

かぶたんより

下げ基調に入ってきたので、気になり始めたんですけどね。

3,000円割れくらいまでは我慢かな。

メガバンク3行のPER、配当利回り

データは楽天証券です。

 831683068411
 三井住友三菱UFJみずほ
PER8.06倍8.38倍8.47倍
配当利回り4.16%3.04%3.99%
EPS(予)539.7374.3122.19
売上高経常利益率20.20%24.10%21.97%
2018.11.28時点

経常利益率では、三井住友FCが一番低いです。

配当利回りは、最も高いですね。

メガバンクは貯金株としては魅力ですが、万年割安に放置されているように思いますね。

日銀の動向などは気になるところ。

スポンサーリンク

三井住友FCは減配しない高配当株

累進的配当政策という減配せずに、配当維持か増配するという株主還元策を打ち出している三井住友フィナンシャルグループ。

金融株は、景気の影響を大きく受けますが、安定した効率運営、高配当が魅力的です。

倒産リスクも極めて低いでしょうし、三井住友銀行に預金するくらいなら、三井住友FCの株を100株でも持っておくほうが何倍もいいですね。

株価は4,000円前後で推移しているので、一段下げがあったら保有してみたい。

証券口座を初めて開くなら、まずはSBI証券 を持っておくと間違いないでしょう。

\今すぐチェック/

また、SBI証券と同じ手数料で、米国株に投資でき、SBI証券よりも安い手数料で国内株に投資できるDMM株もおすすめです。

わずか4日程度で口座開設でき、私はメイン証券にしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内株(配当)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ジンさんをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント