高配当ランキング

高配当利回りのランキングをまとめています。

高配当ランキング

【高配当ランキング】2020年の高配当ランキングトップになった銘柄とは?

配当利回りが高い銘柄は、投資額に対して配当金を多くもらえる点が魅力的ですね。 ただし、配当利回りが高くても、業績が悪かったり、配当性向が高い銘柄は減配リスクもあるため、魅力度は下がります。むしろ、投資すべき対象ではないとさえ感じます。 配
2021.01.04
高配当ランキング

【高配当ランキング】12月権利日の高配当銘柄は?《20年12月》

配当利回りが高い銘柄は、投資額に対して配当金を多くもらえる点が魅力的ですね。 ただし、配当利回りが高くても、業績が悪かったり、配当性向が高い銘柄は、それほど魅力的ではありません。 また、配当性向が高いということは、事業に資金を振り向けるよ
2020.12.11
高配当ランキング

【高配当ランキング】配当利回り5%以上は34銘柄!《20年11月》

配当利回りが高い銘柄は、投資額に対して配当金を多くもらえる点が魅力的ですね。 ただし、配当利回りが高くても、業績が悪かったり、配当性向が高い銘柄は、それほど魅力的ではありません。 なぜなら、減配リスクが高まっているからです。 一方、もし配
2020.11.14
スポンサーリンク
高配当ランキング

【高配当ランキング】配当性向が高い&業績悪化銘柄は要注意

高配当は投資額に対して多くの配当金をもらえるので、不労所得を増やすには良い投資先です。 一方で、高配当株は事業の成長力がない銘柄であったり、利益以上の配当金を出している銘柄も少なくありません。 配当性向が高い銘柄は避ける 業績が下がっ
2020.10.18
高配当ランキング

【高配当ランキング】配当利回り5%以上は42銘柄に増加!《20年10月》

配当利回りが高い銘柄は、投資額に対して配当金を多くもらえる点が魅力的ですね。 配当利回りが高くても、業績が悪かったり、配当性向が高い銘柄は、それほど魅力的ではありません。 なぜなら、減配リスクが高まっているからです。 一方、もし配当を出し
2020.10.17
高配当ランキング

【暴落・通信株】ドコモやKDDIを買うならいつがいいのか?RSIを見てみる

菅総理誕生により、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信株暴落の記事は多くの方に読んでいただきました。 いずれも安定配当銘柄ではありますが、どんな政府の圧力があるのか、それにどこまで通信会社が応じるのかを見るまでは投資しづらい状況です
2020.09.26
高配当ランキング

【高配当ランキング】不労所得の配当金!配当利回り5%以上は36銘柄!

9月は3月期決算の中間期にあたりますので、12月に受け取れる配当金にも影響をしてきますね。 株価は堅調に推移していますが、やや高値圏で推移しています。 米国ではナスダック市場が暴落するなど異変もありますが、日本株市場はまだまだ強いですね。
2020.10.06
高配当ランキング

【配当利回り3%~6%】少額投資!株主優待のある高配当銘柄5選

高配当といっても○%などの基準はないように思いますが、日経平均の配当利回りが2%程度で推移していますので、4%以上あれば高配当株と十分言えるでしょう。 高配当株はそれだけ投資額に対して配当金を多くもらうことができるので、メリットもあります
2020.08.25
高配当ランキング

【大型・高配当株6選】配当利回り4%以上!業績・配当金まとめ

大型株の高配当化していますね。 2年程前は、配当利回り4%でも高配当という印象でしたが、6%を超えるような銘柄もあります。株価の下落、増配などもあって、高配当になっていますね。 コロナ禍の影響により、減益決算、減配銘柄が相次いでいます。
2020.08.26
高配当ランキング

【減配5銘柄】高配当から転落した減配銘柄の配当性向の推移

高配当株投資に興味を持って、前から投資をはじめ、高配当にも多く投資をしてきました。 ただ、色々と経験値を上げていくなかで、高配当株投資は難しいという思いになり、最近は高配当よりも、毎年増配のできる「増配銘柄」、配当の成長力の高い銘柄への投
2020.08.16
スポンサーリンク