【ふるさと納税】ふるなびで寄付するとAmazonやPayPayで使えるコインがもらえる!

少額投資で始める高配当株投資!始めるメリットは金額以上に大きい

少額投資 (株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

優良企業への投資を続けることは、資産形成にとって大事なことですね。

投資するお金がない・・・ということを思うかもしれませんが、以前のようにまとまった投資資金がないと投資できない時代は終わりました。

今では、1,000円からでも投資できる環境が揃っています。

少額投資では意味ないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、投資する経験は本で勉強するよりも何倍も有益です。

また、少額投資だからこそ、最初はリスクを抑えながら始めることができます。

そして、少額投資を続けていくことで、投資のメリットは徐々に出てくるものです。

例えば、PayPay証券であれば、投資できる個別銘柄数は限られていますが、主要な大企業に投資ができ、1,000円から始めることもできますね。

スポンサーリンク

まずは少額でも投資をまずは始めてみる

いきなり大きな金額を投資するよりも、小さく始めるのが投資の基本です。

まだ投資できる環境が・・・と言いながら、始めないというのは機会損失を生んでいるかもしれません。

機会損失は得られるであろう利益を得られないことですが、私は投資を始めてからこのことを強く意識するようになっています。

あの時、もっと早く投資をしておけばよかった・・・

投資を始め、続けている人は誰もが思うことではないでしょうか。

もっと早く投資をしていれば、今頃、資産は・・・・とか思っちゃいます。

そして、投資を途中でやめて、再開した人にとっては、

あの時、投資をやめなきゃよかった。続ければよかった。
と思うものです。はい、私です。
投資を続けていくためには、リスクを抑えながら投資を続けることが大事ですね。

投資は余裕資金で始めてみる

そのお金を使うことで、生活に支障が出てしまうようなお金で投資をすべきではありません。

現金と投資資金の比率を考えながら、守ることで、ある程度、心穏やかに投資を続けることでしょう。

現金と投資の比率は、年齢で考えてみるのは一つの考え方です。

現金と投資の比率の目安はどのくらい?30代後半のポートフォリオを考える
現金と投資の比率をどうすべきか?悩みどころですね。ふと、我が家の現金と投資比率はどうなっているんだろう?他と比べて、合っているのかなというのを気になったので調べてみました。多くの現金保有をすることがいいのか、どれだけ投資資金に振り向

もしくは、生活防衛資金として月給の6か月程度~が貯まったら、残りは投資に振り向けていくというのでもいいでしょう。

我が家の場合は、生活防衛資金以外は、投資に振り向け、配当金を得て、その配当をさらに投資に回すという形を取っています。

少額投資でも高配当優良企業に投資できる

PayPay証券であれば、投資できる銘柄数は少ないですが、大企業(一部中小企業もあり)に投資でき、1,000円で株主になることができるのが良いですね。

日本株の高配当銘柄の一例
  • ENEOS 配当利回り4.7%
  • オリックス 配当利回り4.2%
  • 日本電信電話 配当利回り3.8%
  • 三菱商事 配当利回り4.37%
  • 三井住友フィナンシャルグループ 配当利回り5.38%

私も保有している銘柄でもありますが、高配当株のメリットは投資資金に対して、多く配当を得られることですね。

上記5銘柄を全部100株ずつ買うと、120万円くらい必要になりますが、5,000円から始めることもできるのが少額投資のメリットですね。

成長企業にも投資できる

値嵩株と呼ばれる単元の単価が高い銘柄があります。

投資したいけど、投資資金がない・・・という悩みがダイレクトに出てします値嵩株があります。

私も欲しいけど、100株高すぎ・・・

  • SONY 約110万円
  • ソフトバンクグループ 約73万円
  • キーエンス 約560万円
  • ディスコ 約320万円
  • 東京エレクトロン 約460万円
  • 任天堂 約630万円

そのほかの銘柄は公式サイトで確認できます⇒PayPay証券

株価は7月9日時点

こうした銘柄にも、自分の予算の範囲内で投資をできるのも魅力的ですね。

日本株だけではない

今では、米国株への投資は身近なものとなりましたが、少額から米国株投資ができるのはPayPay証券の魅力と言えます。

  • Apple
  • Amazon
  • alphabet
  • Facebook
  • マイクロソフト
  • バークシャー・ハサウェイ
  • コストコ
  • 3M
  • マクドナルド
  • スターバックス

そのほかの銘柄は公式サイトで確認できます⇒PayPay証券

AppleやAmazonなどの成長銘柄に加えて、あのバフェットのバークシャー・ハサウェイにも投資できちゃうんですよね。

米ドルは必要なく、日本円で投資をすることができます。

  • VIG バンガード米国増配株ETF
  • VYM バンガード米国高配当株ETF
  • インベスコQQQ

などの人気の上場投資信託ETFに投資も可能。なかなかすごいですね!

スポンサーリンク

まずは投資を始めてみるのが大事

繰り返しになりますが、まとまった投資資金があるから投資をするという時代は終わっています。

投資はお金持ちだけができるものではなく、むしろ、私たちのような会社員にとって必要なものだと考えています。

1,000円からでも株主になることができる投資環境がある。

10年前はこんなことなかったのですが、今ではそうした投資環境があるので、小さく早く始めることができるのは正直うらやましい環境です。

自分に合わないな・・・と思ったら、少額であればすぐに引き返すこともできます。

でも、できれば続けること。

それが資産形成につながる大切なことですね。

PayPay証券では、日米の主要銘柄が単元未満株である1株から購入できる優れもの。

1,000円から少額で投資が可能!

つまり、低予算で投資をすることができるので、さっさと始めるのが大事ですね。

これまで単元未満株では、手数料が割高でしたが、気にせず買えるようになります。

【PayPay証券のメリット】

  • 1株から購入できる
  • 1,000円から購入できる(1,000円以上1,000円単位)
  • 米国株も購入できる(しかも、24時間取引可能!)
  • 取引できる銘柄は、日米ともに限定されているが、主要銘柄を網羅。
  • 1株からIPO(新規上場)に申し込みができる
  • 手数料:日本株が0.5~1.0%、米国株が0.5%~0.7%
  • 利用者の約7割が未経験者。
  • 累計170万ダウンロ―ド!

公式 PayPay証券の口座を今すぐ開設してみる

私も使っていますが、かなり使いやすいです。

デメリットは、日米ともに購入できる銘柄が限定されていることですね。

デメリットもありますが、投資資金が少なくても、1,000円から購入できるので、ソフトバンクグループやトヨタ自動車など日本の大企業はもちろん、AppleやAmazonなどの米国株も購入できる魅力があります。

少額投資でも分散投資していくことができることも魅力的。

将来の資産形成に向け、まずは、一歩を踏み出すこと。

今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

口座開設は無料です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
株式投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
39歳以下限定!Amazonで最大10000円キャッシュバック!12/7まで。
kindleおすすめ投資本!
村上世彰、高校生に投資を教える。

これから投資を学ぶ方にもおすすめ!高校生にも分かるように、解説してくれています。

お金は寝かせて増やしなさい

インデックス投資を始められる方にとって、絶対に読んでおきたい本!

白いネコは何をくれた?

マーケティング、ライティングにも役立つおすすめ本!

“普通の人”でも株で1億円! エナフン流VE(バリューエンジニアリング)投資法

資産数億円を築かれているエナフンさんの投資本。
中長期投資を実践したい方におすすめの投資手法が具体的に記されています。
繰り返し読みたい投資本です。

「会社四季報」最強のウラ読み術

四季報を読む際のヒント満載です。

ジンさんをフォローする
この記事を書いた人

ふるさと納税、貯金ネタ、節約、株式投資、住宅ローンなど会社員の気になるマネー情報を発信。ぜひフォローしてください。

ジンさんをフォローする

※ 当ブログでは、具体的な銘柄や投資信託について言及することがありますが、売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします。

おさいふプラス~配当金再投資~

コメント